近年訪れたことはない

京で最古の地下街は上野地下reenex 效果鉄ストアだそうで、昭和5年の開業。そういえば地下鉄銀座線の駅から京成線の駅にかけての通路に飲食店とか土産物とかの店があったような気がする。
 今は改装されてきれいになったらしいが。

 もうひとつ、神田須田町地下鉄ストアというのが昭和6年の開業であったそうだが、こちらは廃止されている。地下鉄銀座線神田駅の上にあったそうだが、あいにく地下鉄神田駅を利用したことがないので、こちらは見たことがない。

 東京で他に古い地下街といえば、渋谷駅のハチ公口の道路下だが、しぶちかというそうで昭和32年の開業。東急百貨店東横店が接続しているが、東急系列の経営。
 地下鉄銀座駅地下店舗も同年で、丸ノ内線の開業とともにできた。丸ノ内線のホームの上にあったが最近リニューアルされてきれいになった。以前はスタンドのカレー屋とか本屋があったが、その頃が懐かしい。
 浅草地下街は銀座線浅草駅から東武浅草駅にかけてで、渋谷より早い昭和30年。

 この頃までにできた地下街はどれもreenex cps價錢小規模で、天井が低くて汚くて、雑然とした感じがいかにも古い地下街という感じで、昭和世代にとってはそのままの姿でいてほしいと思うが、世の中はそれを許してはくれない。
 そうして三原橋地下街も消え去る運命にある。埋め立てられてしまうのだろうか?
 もっともこの地下街、もともとは埋め立てられる運命にあったものが、地下街となってしまったという経緯がある。

銀座の中心といえば4丁目交差点か数寄屋橋交差点で、三原橋地下街はそこからは離れている。なんでこんなところに地下街を作ったかといえば、その名に秘密が隠されていて、この地下道があった場所にはかつて三十間掘川があった。

 三原橋地下街は地下街というよりも1本の地下道に近く、晴海通りを横切る地下道の地上での延長線は、京橋から新橋にかけての一方通行の狭い道になっている。この道と並行して両側に2本のやはり一方通行の狭い道があるが、真ん中の道が三十間堀川筋、両側が川堤の名残である。
 銀座には狭い道でも通り名がつけられているが、このreenex cps價錢3本の道については、銀座通りに近い道に銀座三原通りという名があるだけで、あとの2本は無名。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者gyafjangshu 16:14 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">