物事は単体では存在しないのですよね

この日の為に買い替えたって言うのにか~・゜・。

そしてバッグもダメなんですよ。

その事を事前に知らされてなかった私Dream beauty pro 黑店たちは、カメラとお財布、パスポートをポケットにねじこんでバスを降りました。

この事は一度ガイドさんが言ったみたいなんですが、いつ言ったのかと後でツアーの皆さんに確認したら、

私たちがいない時に言ったみたいで聞いていなかった人が他にもいました。

いなかったのは、私たちが他の所でちゃらちゃらしていたからではなくて、お部屋でいろいろとあったからなんです。

この件はこの旅の唯一の不愉快な出来事だったのですが、またこれが不思議な事に良いように絡みあっていくのですよ。

それはまた別に書くつもりですが。

だけどこの重要事項は、そんDream beauty pro 黑店な直前に言わないで(たとえ1時間前でも同じ事です。)、予定表の注意事項に書き込むような内容だと思いました。

日本人ほどカメラ好きな国民っていないんじゃないかしら。

日本人にとって(みなさんを巻き込んだ言い方でスミマセン。)「この目で見る」と「カメラに収める」はほぼ同義語じゃん。

私のようにスマホで夜間撮影の練習をする人も居るかも知れないし、

今時の若い人はカメラなんか持ち歩かないでスマホオンリィで旅行に行く人も多いのですから。

実際にそう言う方もいらしたのです。

「夜間見学会は厳しいセキュリティチェックのため、持ち込める撮影機材はカメラのみになっています。」

と、だからあらかじめ書けばいいのですよ。

これ、大事なお知らせで必要事項だと思いますよ。もっと丁寧に書くのなら、

「またかなり暗いので撮影にはベストな状態ではありませんので、あらかじめ設定などを考慮ください。」などとあったらもっと親切ですよね。

さてパスポートも入る大きなお財布を小さなポケットに押し込んで、二度のセキュリティチェックを受けて入場したわけですが、

私の懸念はこの財布が財布と認識されるだろうかと言う事。

「お財布って 『wallet』だよね。」

焦ると度忘れをするので、思わNeo skin lab 電話ず確認し、自分に言い聞かせました。

案の定、二度目のチェックの時に

「これは?」と聞かれ

頭の中で復唱していたので

「wallet」と答え中を見せました。

でも私、一度目のチェックで悟ったのです。

チェックする人は何を確認しているのか。

それは一番に、携帯&スマホを持ち込んでいないのかと言う点なんですよね。

ボディチェックの時に、真っ先に

「cellphones ?」と聞いて来て、後は何もチェックされなかったんです。

なるほどなあって思いました。

スマホを持ち込めば、それは第三の目を持ち込むのと同じようなもの。

それに今時はそれで爆弾も起動させることが出来るわけだし・・・

って、私は出来ないけれどね、サスペンスで出てきそうなお話ですよね。

その事を星子さんに言ったら、

「藤原竜也もドローンを飛ばしてたしね。」って。

それはドラマのお話です^^


カテゴリー: 未分類 | 投稿者gyafjangshu 11:53 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">