日別アーカイブ:

ケビンアンダーソン 来た!

ウィンブルドンもベスト4が出揃いました。

錦織選手は残念ながら敗退をしてしまいましたが、スリクソン契約(スリクソン2.0ツアー使用)のケビンアンダーソン選手がフルセットでフェデラー選手に勝ち、見事ベスト4に進出しました。

ウィンブルドンは5セットマッチで、さらにファイナルセットはタイブレークはなく2ゲーム差をつけなければならないアドバンテージセットを採用しています。

 

「5セットもやる必要があるの?」

単純な疑問でしょうが、実はこの試合はアンダーソンから

2-6、6-7(5)、7-5、6-4、13-11

もし3セットマッチならばフェデラーの勝利で決着していた試合でした。

ところがそこからアンダーソンが2セット取り返してファイナル入り。

やっぱり5セットやらなければ真の勝敗は着けれないということですね。

 

5セットも戦って2ゲーム差以内のセットが4セットとは、まさに僅差の戦いだったと言えるでしょうね。

 

ファイナルセットは、11-11までお互いに全てサービスキープが続く大接戦。

第23ゲームをアンダーソンがブレークに成功、その後自身のサービスゲームをキープをして13-11でやっと決着がつきました。

ここまで戦えば「両者引き分け」と言いたいところですが、唯一の差がついたのは11-11の30-30の場面かと。

この大事な局面でフェデラーがこの日唯一のダブルフォルト。

百戦錬磨のフェデラーがあり得ないミスを犯した要因は、一言では特定できないと思いますが、その後マッチポイントをサービスエースで締めたアンダーソンとの間には、この日確実に差があり決着がついたのでしょう。

両者ともに見事な戦いぶりのまさに名勝負だったと思います。

 

今大会ノリノリのケビンアンダーソンのSF(Jイスナー戦)、要チェックですよ。

 

PS やっぱりスリクソン良いね、只今茨木テニスクラブではラケットキャンペーン中です(笑)

 

今日の1曲

Linda Ronstadt – “It’s So Easy”

ならき あきお

《名古屋テニススクール テニスクラブ》

カテゴリー: 未分類 | 投稿者茨木コーチングスタッフ 14:30 | コメントをどうぞ