引き留お前のこ

俺を呼ぶ夏輝の空耳まで聞こえる。ちくしょう、どこまでも未練な俺だぜ。
諦めな、新しい旅立ちに涙は禁物だぜ。生きていれば、またどこかで会えることもあるだろうよ。その位の夢を見てもいいじゃないか。
束の間の飼い主、夏輝、感謝してるぜ。あばよ。
俺は思い出の染み付いたこの町を出て、父ちゃんと一緒に行くんだ。
いつか、苦み走ったいい男になった俺を見ても惚れるなよ。

俺は父ちゃんの顔を見た。
苦み走ったいい男の父ちゃんは、後悔するようなことだけはするなよと言った。父ちゃんも神さまの端くれだけあって、何でもお見通しだ。

「心の中でいくら思ったって、人間は下等な生き物だから、おまえの気持ちは伝わらないぞ。ナイト、夏輝とこれでお終いにする気なら、きちんと別れを告げるのも男の甲斐性だ、行って来い。」

でも……、もう一度あの冷たい夏輝だったらどうしよう。
大好きな夏輝にあんな顔をされる位なら、もう逢わずに別れた方がいい……。もう一度あんな夏輝を見てしまったら、俺は……きっともう立ち直れない。
父ちゃんに背中を押されても、暗い考えしか浮かばなかった。……夏輝。俺、本当にとが、大好きだったんだ。
不安な俺を、夏輝の声が一気に払しょくした。

「ナイト!オージービーフのステーキ買って来たよ!一緒に食べよう!」

「オ……オージービーフ……ッ!?」

俺の食べたい物ランキングで、燦然と一位に輝く憧れのオージービーフ(赤身の安い方)のステーキで、夏輝が俺をめようとする。でも、もう大人の階段を昇った俺は、オージービーフのステーキにも揺らがないんだ。

「もう、いいよ。文太と一緒に仲良く暮らせよ。夏輝はもう、俺がいなくてもやっていけるだろ。短い間だったけど、お世話になりました。ありがとう、夏輝。」

「ナイトは?……俺がいなくてもナイトは一人で眠れるの?平気なの?」

俺は黙って、夏輝を見つめていた。一人で眠れるかどうかなんて、寝てみなきゃわかんないじゃないか。

「……八つ当たりしてごめんよ、ナイト。俺がばかだったんだ。だって、ナイトがそんな可愛い子になってるって思わなかったし。俺、文太の恋人だと勘違いして、ナイトにやきもち焼いたんだ。本当にごめん。」

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 13:15 | コメントをどうぞ

かなけれだけ

大人たちの思いは色々交錯していたが、禎克も大二郎もそんな思惑を知ることはなかった。子供の流れる時間は早い。
それぞれの場所で二人は、関わることなく成長してゆく。

離れ離れになった二人が、劇的な再会をするのは、10年以上も経ってからdermes 激光脫毛のことだった。

小学校5年生からスポーツ少年団に入って、ミニ?バスケットボールを始めた。どうやらバスケットボールと相性が良かったらしく、指導者にも恵まれてスポーツに力を入れているエスカレーター式の私立高校にスポーツ優待生として推薦された。今はインターハイ出場を目指して頑張っているところだ。

「あら、さあちゃん。また背が伸びたんじゃないの?」

母は、何度目かの同じ台詞を口にした。
寝ていると夜中に骨がきしむ気がするほど成長期に身長が伸びて、中学校を卒業するころには禎克の身長は180センチに近かった。ちびの頃を知っている者は、大抵会うたびに目を瞠る。それほど伸びていた。

「そうかな。あ~、関節痛い……。」

背伸びをするその声も、すでに変声して低くなっている。
小さなころは女の子のようだった禎克も、今は異性から熱い視線を投げかけられる、涼やかな面差しの少年になっていた。激しい運動のdermes 脫毛たまもので、厚みの無い華奢な体躯には、程よく筋肉も乗っている。本人はまるで気付いていないが、禎克は今も人目を引く少年だった。
姉の湊も相変わらずだ。

「さあちゃん。あんた、この前渡した手紙の返事は?」

「湊。ああいうの迷惑だから、次からは適当に断っておいて。」

「はぁ!?それが返事?」

「だって、誰かに返事書いて、誰かには書かないってわけにはいかないだろう?いちいち返事なんてしていられないよ。」

「うまい言い訳ね~。」

話し方は、ずっと変わらない姉の湊くんも、今は見かけだけは母譲りの美貌ですっかり女性らしく見える。口さえ開ば、かなりの美人なのだが、演劇など始めたせいか、とにかく派手で目立つ。いつかは舞台女優になる夢を持っていた。
女子高では黄色い声が飛び交い、憧憬を込めて下級生からは「湊おねえさま」と呼ばれていた。本人もそういうのはまんざらではないらしい。

「女の子には無理してでも少しは優しくしなさいって、いつも言ってるでしょう?せっかく、一生懸命書いてくれたのに。見た目はdermes 脫毛價錢良いのにあんたって、中身は相変わらずへたれのままね。」

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 13:15 | コメントをどうぞ

と言ったんて出し

「ちょっ……冗談だって。里流!泣くな。ごめん、悪かった。ちょっと困らせてみたかっただけなんだ。」

あやすように里流の頬に彩が触れて頤を持ち上げる。再び震える唇を啄ばまれながら、言い訳をする彩を見つめていた。

部活は終わっても、こうして接点があるのが嬉しかった。昼休憩の後と、放課後Neo skin lab 美容部活に入る前の少しの時間、里流は彩と野球の話をしながら二人で過ごしていた。
卒業するまでこの至福の時が続くと思っていた。
彩の何気ないしぐさ。里流の知らなかったいくつかの癖、視線が絡むと覗き込んで優しく微笑んでくれた。
どれ程のキスを交わしただろうか。

*****

突然、彩を呼ぶ声に我に返った。

「彩!いるか?」

「いるぞ。どうした?」

「先生が捜している。朔良姫が熱を出したらしい。」

「朔良が?」

朔良の担任は、当然彩のことを知っていた。

「午後から自習だろ?連れて帰ってくれないかって言ってた。」

彩が立ち上がると、僅かに冷えた気がする。

「里流。……だそうだ。作業はまた明日だな。どうしたんだろう、最近、朔良は楊婉儀幼稚園熱何ていなかったのに……」

どうやら風邪を引いていたのを無理したらしく、待っていた担任が保健室の前で手を上げた。

「今計ったら八度あるんだ。これ以上熱が上がるといけないから、病院へ行こうだが、家に帰れば薬があると織田が言うんでな。」

「俺、連れて帰ります。朔良は自転車だろ?」

ぼうっと熱で潤んだ瞳で朔良は肯いた。

荷台に乗った朔良は、彩の腰に手を回しぎゅっとしがみついた。
帰ってゆく彩を見つめる里流に気が付いたのか、自転車をこぐ彩が手を上げた。背中にかきついた朔良がふっと自分にdermes價錢笑いかけたのを里流は不思議に思ったが、その時は何も思わなかった。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 13:02 | コメントをどうぞ

で面倒も書いを見

「秋っちゅう季節がアカンのや。食べ物はおいしいし、夜は寝やすいし、快適な季節が悪い」
と、理屈にもならぬ言い訳をしたものの、とにかくなんとか受からねば沽券にかかわるわけで、今日こそはやりきるぞ、と決意し…決意しても自信ない。もはやパソコン開かなくても分厚いテキストを見ただけで「明日にしよ」と思ってしまうダメダメな私に成り下がってしまっているのです。以前のエッセイでたように、学校reenex cps價錢にコシアカツバメの巣がいっぱいあるのですが、生徒が巣を壊してしまったり気の早いヒナが早めの巣立ちに失敗したりで、次から次にヒナが私のところへ持ち込まれ、ペットショップにミルワームを買いに走り~の、ピンセットで口に蜘蛛やミルワームをやり~ので、朝から夜まで仕事しながら母ツバメの代打をしてました。

ツバメは巣から落ちて人間が触ると、巣に戻しても親はもう育てないらしい。
しかも生徒が触りまくってぐったりしたヒナは今にもヤバい状態。
蜘蛛を水に塗らして口元に運び、口を開けぬなら無理に開けて餌を突っ込み、しょっちゅう面倒を見にゃならんのです。
朝、私とともに家から登校し、私と拾った生徒とで世話をする。生徒には「拾った(巣を壊した)責任上、ヒナが巣だつまなアカン!」と、必ず付き添わせ、夜はほっとけないので私が家に連れて帰り家で息子や娘と世話をする。
巣だつ前のヒナなら何とかなるが、小さいのは大抵は死んでしまう。
ツバメは渡り鳥なので巣立っても集団で生活するから、何とか群れを意識させとかねばならない。なので、時々巣reenex膠原自生のあった場所に置いて仲間を見せておくのですが、面白いもので教室の隅っこや我が家に置いておくと鳴かないのに、巣のあったベランダに持っていくと急にスイッチが入ったようにピーピー鳴くんです。
空気を感じるのか巣から見てた景色を覚えてるのかはわかりませんが、ツバメのようなちっこい脳ミソにもちゃんと記憶の力があるんだ~と驚かされます。
世間は温泉だの海外だの北陸新幹線だのと、よろしいなぁ…お出かけニュースを見る度に どこもreenex 效果行かない自分に焦り、うらやましく思い、渋滞のニュースを見ては「ほれ見ろ、連休中に動くからじゃ」と、自分を慰めてる次第。
でもさすがに最後の今日ぐらいどこか行かねば何もイベントがないままに寂しく連休が終わってしまうやんか、と焦ってる訳です。

とはいえ、決してグウタラしてたのでもなく、土日は母の介護、月曜日は伸び放題の金木犀と蝋梅をバッサバサに切り、草引きもして、冬服や敷物などを洗濯しまくり、火曜は持ち帰りの仕事をしながら 掃いた尻からバラバラ落ちるサクランボ掃除をしてたので、アッというまに連休も終盤になってしまったって感じ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 11:33 | コメントをどうぞ

だったので工場に

「だって、もうここまできたら、あとは前向いて進むだけよ。まだ、第二の人生あきらめてないから。ははっ。今度は若い男でも捕まえようかしらね。三田くん、イケメンいたら、おばちゃんに紹介してね」

そう言って、周りを笑わせていた。なにかを吹っ切ったように、野々村さんは清DR REBORN黑店々しい感じに見えたけど、私には、それがまた
哀しく映っていた。たいへんだなぁ…というのが正直な気持ちだった。秋風が冷たくなる頃、ひさしぶりに元気な野々村さんと偶然会った。野々村さんは、自宅近くのコンビニのレジに立っていた。もう、まわりの目を気にしても始まらないからと言って、歩いていける距離のコンビニでパートを始めたのだった。
昼はコンビニ。夜は、駅一つ下った町で、スナックに働いていると聞いていた。

ジュースを買ってレジに行くと、

「あらぁ、ももちゃん。ひさしぶりね。ここで働いてるのよ。知ってた?」

「いや……。びっくりした」

「ふふ。働かないとDR REBORN抽脂ね。なんせ、独身だからさ」

「でも、元気そうでよかった。なんだか少し痩せた?」

「痩せたわよ。ダイエットしたのよ。もう鉄は運んでないからね。腕力はいらないのよ」

「ああ、ダイエットしたんだ……。なんだか若返ったみたいね。綺麗になって…」

「あら、そう?私ね、夜も働いてるのよ。でも楽しいわよ、毎日が」

「夜?」

私は、すでに聞いていたが、初めて聞くそぶりを見せた。

「そう。居酒屋なんだけどね、お客の相手もするのよ。43歳で出てるの。しーっ!」

「そうなんだ……」

「でも、お客が年配の人が多いからね。ちょうどいいのよ。今度、ももちゃんも飲みに来てね」

「うん、そのうち行くね。じゃあ、元気で」
野々村さんは、はつらつとしていた。確かにかなり若く見えるけれど、10歳近くもサバを読んで…と、30歳を20歳とサバを読むのとは大きく違う気がして哀しくなった。
しかし、頑張っているだろう野々村さんは輝いていた。もともとちDR REBORN抽脂ょっと都会的な洗練された雰囲気で、色白の美人いた頃もキラキラしていたが、それとは違うなにかが、野々村さんを輝かせているように見えた。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 11:47 | コメントをどうぞ

ても貰えないでしょすか私に

そう思う事で自分で勝手に納得していたんだ。
あの方が俺を思っておると知った後でも、俺はこの人とだけは幸せになってはいかんのだと。
あの方の思いを知らぬふりせねばと…

俺は間違っていたのだ
頑なに、正解が見えているにも関わらず間違ったPretty Renew 美容方を正しいと言い続けておったのだ。
今回ばかりはトクマンが正解だ。

あいつはずっと言っていた「好いた女子(おなご)なのだろう」と「何故最初から諦めているのか」と。
もう、あいつも七年前の様な子供では無い。
戦も、諍いも、俺と共に超えて来た年の離れた友なのだ。
あいつが今日戻ったら礼を言わねばならぬ。

諦めないでくれて有難うと。
俺の目が覚めるまで言い続けていてくれて有難うと。
恐らくあいつが闇雲に動かなければこの日は来なかった。

今日ほど、あの男が居てくれた事を嬉しく思った事は無い。

その時医員が侍医に告げる。
「失礼致します。王様、王妃様お戻りで御座います。」
それだけ告げると医員は出て行った。

「もう、行かなきゃね。チュンソクさん、まずはおめでとう。でも此処からは貴方が頑張ってね。」
侍医は俺の目をじっと見つめて言ったあと、その瞳は三日月のように歪む
その幸せそうな瞳を見て俺は思う。

自分はあの方にこの方の様な幸せを必ずお渡しせねばと。

その時外からふうわりと梅の花の香りがした。
梅の花が咲き始めた
俺は屋敷の内庭であるこの場所で、恐らく其処此処にこの屋敷のPretty Renew 雅蘭者達もおるであろうに身体が勝手に動いたのだ

俺はこの方を胸に抱いていた

「あ、の…チュンソク様いけません、このような事をなさっては。お噂に…」
「良いんです。」
え?と小さく呟いたこの方に俺は言った

「某は…、いや、俺は貴女を愛しく思っております。」
小柄で華奢なこの方の身体をその腕に力を込め、抱き締める。

「私に、同情なさったのですか?それとも、誰かに何か…」

「違います。俺は大護軍の婚礼後のあの宴で貴女に目を奪われました。ただ、貴女を思ってはならんとずっと自分に言い聞かせておりました。会えば、きっと俺は…このように自分でも驚く事をしてしまうと思って、遠くから貴女の幸せをずっと願っておりました。」

抱き締めたまま一気にそう耳元で言う

この方は少し身体の方向をずらそうとしたので抱く腕の力を少しだけ緩めると瞑っていた俺の目の辺りをまた指でなぞり、じっと見ているのを瞑っているその瞼の下で感じた。

「だから、俺は貴女の事を思う事も止めようと思っていましたが、駄目でした。変に気が回った奴が毎日、毎日、俺に貴女母乳餵哺を思い出させるのです。俺に見ない振り、知らぬふりはもうやめろと日に何度も言いに来て俺には五月蠅くて仕方が無かった。」
「…その方は、トクマン様ですね?では、私はトクマン様にお礼申し上げねばなりません。チュンソク様、どうかお目をお開けください…」

そう言われ目を開けると当たり前だが思いがけずこの方の顔が近くにあって驚いた。
そしてその顔はうっすら桃色に染まり目には涙が溜まっていた

「俺は…貴女を恋い慕っております。この七年貴女はこんな馬鹿な男を待っていてくれた。嬉しくない訳は無い。」
吸い込まれるように涙で潤むその瞳を見る
「はい」
「貴女とは十八も離れていて気のきいた話など出来はしないでしょうが、それでも俺は貴女に傍にいて欲しい。」
「はい」
潤んでいたその目からとうとう、涙が零れ始める

「そして、お父上の事はこれから俺が持てる力を全て使ってでも貴女と婚姻を結べるようにお話させて戴きたく。」
「父はかなりの頑固者です。チュンソク様お一人ではきっとお話を聞いもお手伝いをさせて下さいませ。もしも、父が如何しても認めてくれぬ時は…私はこの家を…」
泣きながらそう言うこの方をもう一度力一杯抱き締め言う

「いいえ、必ずお父上にも喜んで戴けるように致します。あの、チュソクの父上だ、きっとお分かりになる日が参ります。必ず…」
そう告げるとこの方はもう只泣きながら抱かれているだけだった

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 17:10 | コメントをどうぞ

わぁが壊れて消滅

人の家にお呼ばれすると、かならず最後にチーズの盛り合わせが出てくるので、この時だけ、食べるような振りだけする。好きでも嫌いでもなく、私の食生活の中に必要がないもののひとつなのだろう。チーズを見ると、水戸納豆を食いたいよぉー、イカの塩辛の中に飛び込みたいっ! という感慨が湧いてくるから、ある意味、迷惑脫髮醫生でもある。たまに、日本に帰国すると、確実に太って帰ってくる。四六時中、なんかを食べている感じがする。食べたいものが多過ぎるので、このようになるけれど、フランスでは、昼と夜の二食。以上なのだ。まあ、考えたら、カミサンも娘も、おやつのようにチーズを良く食べる。息子もそうだ。健康には良いんだろうなぁー。やはり、私だけ日本人なのだろう。味覚だけね。

ところで、マツコさん、ほとんどのチーズを試食というより、全部、食べてしまう。ついでに、「ビール、飲みたいわぁー」。ジョッキに入ったビールをコップの水。五秒ぐらいで空。お代わり、五秒。この食いっぷりっ! 素敵だわっ! わっ、あたしまで、マカオ。いや、そうではなくて、急に思い出した。日本だと、チーズはビールのおつまみだった。忘れてた。チーズ=赤ワインというフランス脳になっているから、あれ、あれ、あれ? と哀川翔の口調になってしまう。今度、やってみっぺ、ビールでオランダの固いチーズ中醫推拿なんか良い感じだね。おっ、よぉーーーく考えたら、私は、つまみも食べないのだ。酒のみ。太らんわけだ。
私が、現代美術家として最後の展覧会を開いたのが三十八歳の時だったから、今から、早十八年が経つ。バン?ゴッホの晩年の地で開催した。これが、現代美術家裕イサオにとっても晩年の地になったわけである。

その作品の一部であるマネキン人形とトルソをインターネットで売りに出したら、アッと言う暇もなく売れてしまった。まあ、マネキン人形、確かドゥゴール空港の近くの工場で、太股に穴の開いてしまったマネキンを三万円ぐらいで購入。太股の穴をグラスファイバーで埋め、高価なアクリル絵の具リキテックスで何度も丁寧に塗装した。とても綺麗なピンク色なのである。これを三千円で売りに出したから、問い合わせが直ぐに来た。トルソの方も、一体八千円ぐらいしたはず。こちらもリキテックスで丁寧に塗装。やや、象牙色に近い白である。四体で四千二百円としたのである。

娘が「パパ、大切な作品、寂しくないの?」。「えっ、あっ、マネキン人形は劇団の方が舞台装置として購入してくれた。うん、もうひとつのクリエーションの中に彼女は移行したわけだ。いいんじゃない、それで」と答える。

夕方、いつものようにビールを飲みながらピアノを弾いた。弾きながら脳内で???。

うんうん、物体は壊れるし消滅する。けれど、俺のピアノの技術は不滅だ。場所も取らないし壊れもしない。あれあれあれ? おっ、俺が生きている限りは?したら同じことだなぁ。じゃ、何が違うのだ? れれれ、何も違わないじゃん。生きている人間の生きた記憶が生きているけれど???、わっわっわっ、生きているものし第一香港醫學美容中心か生きていないということか? なぁーーーるほどぉーーーと。

その時のピアノ演奏は、なぜか練習を通り越した凄いものになった。
今年の北フランスの冬は寒かった。昨日から、春一番が吹き荒れている。小さな小さな木々の葉が芽吹き始める。

毎年? なんだか「やや鬱」である。これに効く薬はなくて、私の場合は???。

ピアノを弾く。絶好調である。ブログを書く。お気に入りブロガーさんの記事を拝読する。ミュージッシャン仲間に連絡する。次のコンサートの予定を組む。夜、「クローズゼロ」を見る。「さすが鈴蘭だな、折れねぇー」なんていう台詞が染みる。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 17:15 | コメントをどうぞ

美麗的桂林山水

桂林,是我國著名的風景遊覽區,從桂林到楊朔遊覽灕江,就像欣賞一百六十六公里長的巨幅錦繡畫卷,奇秀的山峰拔地而起,晶瑩的流水碧波回環,正像導遊所說:“桂林山水甲天下,陽朔山水甲桂林”。每當回憶起美麗的桂林山水來,我總是思緒起伏,感慨萬千,心中有一種特別的情感在湧動,因為我與桂林有一種特殊的感情, 就從第一次走進桂林開始吧。那是上世紀八十年代中葉,那時,我就從書本上、電視上或者道聽途說,在頭腦的Pretty renew 美容潛意識中形成了一個朦朦朧朧美麗的“桂林”,正是 帶著這種模糊、嚮往的心緒,隨部隊赴廣西執行戰備任務,多次途徑桂林,似乎靈動的桂林山水撲進了我的眼簾,印進了我的腦海,我這才對桂林山水有了全新的感 覺、質的昇華,使桂林山水在頭腦中揭開了模糊的雲霧,真正置身於秀山美水間,不過,因部隊任務特殊,每次到達桂林,都是匆匆而過,只欣賞了桂林山水的“外 表之美”,在潛意識中形成一個美麗“輪廓”,而真正領略桂林山水的豐富內涵是在2002年,我有幸參加了在桂林舉辦的新聞報導培訓班,使桂林山水在我的腦 海裏由淺到深,由表及裏地在層層加深,我真正感悟出了桂林山水的內在之美和靈性。這時,我才驚歎大自然竟如此之美,從而對“桂林山水甲天下”深信不疑,也明白了歷代多少文人墨客為什麼都盛讚桂林山水之美,因情所致,我也不由地拿起筆來頌揚桂林之秀美。
2002年7月,我們來自全國各地的寫作同行到廣西南寧集結後,直奔桂林。臨行前,我們都帶著一個美好的願望,要身臨桂林山水之境,用相機拍攝出大自然的美麗瞬間,用文字來讚美桂林山水的靈性,折射出一個完美的桂林山水,並用大自然的現實生活來激發豐 富的想像力,再現一個美麗、真實的桂林。桂林山水很奇特,超然於從未到過桂林人的想像,行車途中導遊就欣然告訴我們,桂林山水以山青、水秀、洞奇被稱為 “桂林三絕”。“三絕”和諧共溶,構成了一幅幅絕妙的山水畫,真是人間仙景,無景不成桂林,整個桂林處處是景,一步一景,我慢慢觀察,在思維中慢慢回味, 確實如此,桂林給我留下了美好的印象,山連著水,水連著洞,山中有洞,洞中有水,站在山網上購物上望水或行在水中看山,雄、奇、險、秀、幽盡在其中,別有一番滋味 在心頭。
我們一行先遊覽了獨秀峰,這座山峰平地而起,巍巍壯觀,集奇、秀、險於一身,遠望秀麗多姿,近看氣勢雄偉,登上獨秀峰山頂,似有眾山皆在腳下之感,站在山頂極目遠眺,居高臨下,桂林山水盡收眼底,這裏可拍照的景色實在太多,幾個同行在這裏不停地“哢嚓、哢嚓”,扳動著快門,美麗的景色增添了情趣和韻味,定格的瞬間又增添了藝術的享受,我也用相機把獨秀峰的一葉與象山的風韻拉到了一個畫面,簡直是美奐美倫。
從獨秀峰上盤旋而下,不覺就到了象山,也叫象鼻山,如其說是遊覽道不如說是遠看,漫步走在象山的對面,平心靜氣,拋卻一切雜念,這樣才能真正欣賞到 大自然的美景,我那時觸景生情,悠然而生出無限的遐想,此時的象山,仿佛一頭巨象矗立江中,把南來北往的客人視為“熟客”,只管盡情悠閒地飲水,盡情地展 現著大象的雄姿。
我們依依不捨地離開象 山,一行乘車遊覽灕江。一到灕江,我們簡直就驚呆了,這真是桂林山水中的絕唱,就是歷代著名畫家,傾盡手中的畫筆,也畫不出真正灕江山水之秀美,它在萬座 峰巒懷抱之中,清水環繞山巒,山巒浮於清水,引領著遊客盡情地享受,時而美麗如畫,群峰競姿,時而朦朧若詩,約隱約現,遺憾的是,我們遊灕江的時候, 天公不作美,隱天蔽日,這樣不過拍照受到影響,不影響觀景,江上煙波浩渺,一會兒,雲霧漫山環繞,一會兒,雲霧消散,青峰倒影在江中,在江中,還時而觀看 到民族歌舞,時而可聽到對面傳來美麗的民歌聲,還有穿著五顏六色的黎族姑娘,悠閒地劃著小船,蕩悠悠,蕩悠悠,停在了灕江美景家用健身單車構圖的最佳位置,又添了一道 亮麗的風景線,景色迷人,人更增色,山、水、人、船的美麗組合,好一幅秀麗的山水風景畫,勝似水墨桂林,立在船中暢遊中,朋友中 不知誰說了一句“船在江上走,人在畫中游”,更引起了我的聯想,仿佛置身於一個世外樂園之中,我迅速舉起相機,把美景留下,到了大約一半游程,我發現左測 的一座山峰,就象古代一名大將,身披盔甲,騎著戰馬,所向披靡,我立即把它拍成照片,說給朋友聽,似乎深有同感。此時,假若一人劃著小船獨覽此景,想到哪 裏都遂願,那將更勝一籌。
遊覽了灕江,我們便乘興遊覽蘆笛岩、七星岩,這是桂林兩個著名的岩洞,此前,我從未遊覽過岩洞,我們一行沿著臺階登上了離地26米多高的蘆笛岩,我 立刻被洞中迷人的景色驚呆了,這簡直就是一個天造地設的龐大藝術宮殿,令我更吃驚的是,這樣大的岩洞是怎樣形成的,裏面巨大的岩石是怎樣運走的,我懷著探 迷者的心態逐一遊覽,岩洞仿佛神工鬼斧雕琢而成,在這裏,聽潺潺泉水,覽洞中秀色,洞內石筍、石柱、石幔、石乳、石花密集成林,各類沉積形態變化萬千,怪 石林立,琳琅滿目,擬人狀物,惟妙惟肖,有“高山瀑布”、“水晶宮”等迷人的景色,在“花果山”一側,隱約看到了西遊記中躺在這裏睡覺偷懶的“豬八戒”, 另一旁有手握金箍棒的“孫悟空”,還約隱約現地看到“唐僧”和“沙僧”,洞中幾根數百米高、形態各異、五顏六色的石柱頂天立地,沿著石階緩緩而上,一個天 然“大廳”不由映入眼簾,頓時油然而生出一種在這裏聚會的感覺,有一種神奇之感。步行遊覽之後,我們便十人一組,乘船遊覽岩洞,更有情趣,更增一種驚險、 神秘、悠閒之感, 美不勝收,只有身臨其境,才能領略到洞中的美妙勝景,美中不足的是,洞中光線太暗,如此美麗的景色無法拍出理想的照片,最美的景點都被個人承包了,自己設燈光拍照贏利,而有煞風景,我們只好把美麗的岩洞留在自己的記憶裏,遊覽七星岩與蘆笛岩有點相似,沒留下什麼特別的印象。
我們還遊覽了疊彩山、伏波山等,眾山疊嶂連綿、姿態萬千,一路飽覽勝景,我們收穫多多,不虛此行,桂林山水深深地印在我的記憶裏。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 11:06 | コメントをどうぞ

意在春而景如夏

因為青島的節氣晚,所以櫻花照例是在四水腫月下旬才能盛開。櫻花一開,青島的風霧也擋不住草木的生長了。海棠,丁香,桃,梨,蘋果,藤蘿,杜鵑,都爭著開放,牆角路邊也都有了嫩綠的葉兒。五月的島上,到處花香,一清早便聽見賣花聲。
公園裏自然無須說了,小蝴蝶花與桂竹香們都在綠草地上用它們的嬌豔的顏色結成十字,或繡成兒團;那短短的綠樹籬上也開著一層白花,似綠枝上掛了 一層春雪。就是路上兩旁的人家也少不得有些花草:圍牆既矮,藤蘿往往順著牆把花穗兒懸在院外,散出一街的香氣:那雙櫻,丁香,都能在牆外看到,雙櫻的明豔 與丁香的素麗,真是足以使人眼明神爽。山上有了綠色,嫩綠,所以把松柏們比得發黑了一些。穀中不但填滿了綠色,而且頗有些野花,有一種似紫荊而色兒略略發 藍的,折來很好插瓶。
青島的人怎能忘下海呢,不過,說也奇怪,五月的海就仿佛特別的綠,特別的可愛,也許是因為人們心裏痛快吧?看一眼路旁的綠葉,再看一眼海,真 的,這才明白了什麼叫做“春深似海”。綠,鮮綠,淺綠,深綠,黃綠,灰綠,各種的綠色,聯接著,交錯著,變化著,波動著,一直綠到天邊,綠到山腳,綠到漁 帆的外邊去。風不涼,浪不高,船緩緩的走,燕低低的飛,街上的花香與海上的鹹味混到一處,浪漾在空中,水在面前,而綠意無限,可不是,春深似海!歡喜,要 狂歌,要跳入水中去,可是只能默默無言,心好像飛到天邊上那將將能看到的濕疹中醫介紹最先知道這個,早早的就 穿出俐落的新裝,而且決定不再脫下去。海岸上,微風吹動少女們的發與衣,何必再會到電影園中找那有畫意的景兒呢!這裏是初春淺夏的合響,風裏帶著春寒,而 花草山水又似初夏,意在春而景如夏,姑娘們總先走一步,迎上前去,跟花們競爭一下,女性的偉大幾乎不是頹廢詩人所能明白的。
人似乎隨著花草都復活了,學生們特別的忙:換制服,開運動會,到嶗山丹山旅行,服勞役。本地的學生忙,別處的學生也來參觀,幾個,幾十,幾百,打著旗子來了,又成著隊走開,男的,女的,先生,學生,都累得滿頭是汗,而仍不住的向那大海丟眼。學生以外,該數小孩最快活,笨重的衣服脫去,可以到公園跑跑了;一冬天不見猴子了,現在又帶著花生去喂猴子,看鹿。拾花瓣,在草地上打滾;媽媽說了,過幾天還有大紅櫻桃吃呢!
馬車都新油飾過,馬雖依然清瘦,而車輛體面了許多,好做一夏天的 買賣呀。新油過的馬車穿過街心,那專做夏天的生意的咖啡館,酒館,旅社,飲冰室,也找來油漆匠,掃去灰塵,油飾一新。油漆匠在交手上忙,路旁也增多了由各 處來的舞女。預備呀,忙碌呀,都紅著眼等著那避暑的外國戰艦與各處的闊人。多咱浴場上有了人影與小艇,生意便比花草還茂盛呀。到那時候,青島幾乎不屬於青 島的人了,誰的錢多誰更威風,汽車的眼是不會看山水的。
那麼,且讓我們自淨膚己儘量的欣賞五月的青島吧!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 16:34 | コメントをどうぞ

人生當如水

人生當如水
古今中外,對水的比擬甚多。一句“上善若水,水善利萬物而不爭”,說最高尚的品德像給萬物帶來益處而不求回報的水一樣,可謂把對水的比reenex 效果擬推向某種極致。近讀有關新解“上善若水”的文字,感念世事人生,不覺便生出感慨:以水為鏡,可映鑒人生。人生如水,方瀟灑一世。
平和心態靜如水
唐代詩人劉禹錫感歎“長恨人心不如水,等閒平地起波瀾”。人心雖不如水,但不等於不可以達致。水從高處來,只向低處流,乃至歸入大海,貴在平靜低調。人生如是,遇事當有平常心:知足者常樂——在名利問題上,沒有奢望,就沒有失望,更不會絕望;能忍者常安——除非大是大非,少爭我高你低,忍耐、忍讓一下也就海闊天空、心平氣和了;老實者常在——不做虧心事,當個老實人,吃得香、睡得穩,有時眼前可能吃點虧,但最終不吃虧。
正直為人明如水
水無顏色,晶瑩剔透,清澈見底。為人、處事、做官,若透明如水,則一生光明磊落,社會風 氣必也清純。弘揚正氣,激濁揚清,須有此等清澈本性,正直為人;待人接物,不分遠近親疏,一視同仁;人際交往,不搞拉幫結派,一泓清水;聽到閑言,不搞興 師問罪,一笑置之;開展批評,不轉彎抹角兒,一吐為快;法律面前,不分鋼具權貴庶民,一律平等;原則問題,不隨波逐流,一身正氣。
輕看名利淡如水
人生於世,若能學水的清澈本性和“利萬物而不爭”的品格,則不僅精神居於高處,人生也將進入開闊處。要達到如此境界,最需擺脫名韁利鎖的束縛。 雁過留聲,人過留名,想留個好名聲,無可厚非,但不能為名所累。“人心是桿秤”,“政聲人去後”。只要行得穩、坐得正,多做好事、少辦錯事、不幹壞事,好 名聲不請自來。若淡泊名利,不為名利而爭,人生必甚暢意。須知,“家有黃金萬兩,每日不過三頓;縱有大廈千座,每晚只占一間”,金錢乃身外之物,生不帶來,死不帶去。成克傑、胡長清、李真等人的可悲下場昭示世人:人不能把錢財帶進棺材,不義之財卻可以把新股認購
人送進墳墓。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者kangery 16:20 | コメントをどうぞ