日別アーカイブ:

ナダル、ストレートでR4へ

GS:Australian Open 2018
R3:Rafa vs Dzumhur D.(Bih):6-1,6-3,6-1

26841194_1678236152198046_7060149546753846607_o
Rafaの試合に滑り込みセーフ!
買い物した食料もとりあえずそのまま放置(汗)
PCをあげていつものようにRafaキャップを被り観戦のスタンバイOK。
1stセットは上々! 私はRafaの視線がカメラ方面を向いたら余裕で「Rafa~」と手まで振るしまつ♡
ルンルンで観戦していたw
26961976_1678250658863262_6617822940106356643_o
26758708_1678276162194045_8349265355327142373_o
でも2ndセットの途中からRafaの集中力が乱れ始めた。
どんなスポーツでも大差で勝っている時は緩みがちだけど、Rafaはいつもそんなことはない。R1の時もそうだった。だから考えられるのは疲れだと思う。

今日のRafaの試合はナイトだし少しはましだとしてもMelbourneはずっと猛暑続き。
そして選手たち皆が、練習時間も含めそろそろそういう暑さからの疲れが、ビンビンに張りつめた神経を刺激し始める頃。
トップで戦い続ける選手たちの疲労とは、なにも体の疲れだけじゃないのだから。
頭を使って、神経を尖らせて、プレッシャーとも闘っている。
26841144_1678250975529897_1983991010474460602_o
Rafaは怪我により試合を欠場し続けていたから、早めからMelbourneに入りリハビリが終わると急激に集中的にかなりの猛練習を続けた。
体の疲れというより、頭の中の疲れが出始めているのかもしれない。頭の中の疲れは打球の配分ミスやコントロールのミスにつながる。
膝に問題があるならあんなに走れないだろう。
27021531_1678276192194042_5999549936837539707_o
Dzumhurの今日の調子もあまりよくなかったから、かろうじて2ndセットも落とさなかったけれど、Rafaのポイントはもぎ取ったというより、Dzumhurのミスにより与えられたポイントも多く助けられたとこもあった。
Rafaと同じく、他の選手もかなり暑さでやられている様子。

Rafaの絶好調時はフォアもバックもライン沿いのストレートが決めるべき時に綺麗に決まる。私はいつもそれが決まったら「よし!Rafaの調子はいい!」ってバロメーターにしている。今日はそれが決まらなかった。ストレートに限っていえば、コースが甘い。決してアグレッシブなコースとは言えなかった。

Dzumhurの調子や返球やサーブを見て、なんとなくRafaが負ける気はしなかったけれど、私はつい、[Rafaらしく、Rafaが納得いくプレーをして勝てたか]をいつも考えてしまう。コーチでもないのにw
でも今のMelbourneの暑さでは、試合を重ねるにつれ、RafaやDzumhurだけでなく(Djokoも確か限界だったと話していた)皆が全くの本調子でプレーできなくなるのは当たり前なのだろうと思う。
Rafaは、暑いけれど湿気がないのだけは良いことだと話している。
日本でコタツの中で応援している私とは大違いだ(汗)

リハビリ期間から[試合感]を取り戻すためRafaは色んな方法で猛練習してきた疲れが明らかに今出てきている。
今日の2ndセットからのRafaは体が重そうだった。走れているけど一歩目の踏み出しがいつもより遅かった。耳を盛んに気にしている。観客のちょっとした声にも敏感になっていた。Rafaの脳内が疲れてる兆しだ。

素晴らしいスコアだけど、軽く勝ったわけではない。Summaryの数字では語れないきつさがあったと思う。
見ていて辛そうで、とにかく早く終わらせてRafa、と心の中で祈った。体の内側の調子が悪いんじゃないか?とも心配した。
きっとハイライトでは伝わらないとは思うけれど。
R3ハイライト

もちろん素人の私の勝手な見立てだけど、明らかにR2のRafaの動きとは全く違っていたのがとても心配。
Moyaコーチが言ってる通り、少しだけでもテニスを忘れる時間を作ることは、試合中の集中力を保つのに大事な事なんだと思う。MoyaコーチはRafaを休ませるのが一番大変だとこぼしているらしいけれど(汗)
どうか体を壊しませんように。

26904818_1678264412195220_5007780685821792750_n26758373_1678261172195544_5691962428227673847_o

なんやかやと心配を並べ立てたけど、ストレートで勝てて本当によかった(T-T*)
おつかれさまでした。R4進出おめでとうRafa!!!
Schwartzmanとの対戦で勝利すればNo.1を確保できる。でも気負わないでほしい!
そういうこと関係なく、次も普通の、いつもの、一試合。Rafaらしいプレーができますように。
今日は、体だけでなく頭の中もゆっくりと休めてください。R4からはもっとタフな試合になるんだもん。
しっかりとケアしてください。お願いします(^-^*)

インタビュー

R4:Rafa vs Schwartzman D.(Arg)は21日。
Vamooooos Rafa!!!
26952660_1678273108861017_822336252462771464_o
26850019_1678273088861019_1728837139495058603_o

P.S.
Chair UmpiresのBernardesは試合開始前にRafaにタイム違反を与えたらしいです。
Rafaはそれについて試合後に尋ねられ、知らなかったと言いました。
知らなくてよかった。聞こえてたら初めからやりにくいったらない。
試合を始める前から選手を追い詰める権限なんて審判にあるのか? 彼は何故かいつもRafaにはとても厳しい。
私は個人的に彼が嫌いです。順応性なく自分が目をつけたところだけにこだわり過ぎて見えるからです。ともすれば、支配欲や顕示欲さえ感じ取れる。

本来Chair Umpiresは(勿論ルールを守らせながらですが)、その時の状況や観客の動向も含め考慮して、選手が気持ちよくプレーが出来るよう気配るべき立場。
今回も「試合開始前になんて信じられない」….と私を含めたファンたちは怒ってます。

因みに私は Lahyaniさんの審判が大好きです(^-^*)
あの、選手を和ませる目配せや雰囲気作り。しっかりと伝えるべきことを観客にも分かるように話す穏やかな聞きやすい声。
これこそChair Umpiresって感じ(^-^*) Chair Umpiresは裁判長ではないのだから。Bernardesは何故あんなに威圧的なんだろう。
Rafaの大事な試合はChair UmpiresはBernardesじゃありませんように、といつも願っていますw

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 13:24 | 2件のコメント