ナダル、QFを途中棄権

GS:Australian Open 2018:QF
Rafa vs Cilic M.(Cro):6-3,3-6,7-6,2-6,0-2(リタイア)

26907205_545557255801237_5285110484025264302_n

一番恐れていたことが起ってしまった。
リハビリを受けていた膝ではなかったけれど、Rafaは3rdセットで異変を起こし、4thセットの途中でメディカルタイムアウトを取り、苦痛の表情で右足の股関節辺りにマッサージを受け、脚を引きずりながらコートへ戻った。
メディカルタイムアウトは3rdセットの白熱のタイブレークを制したすぐ後だった。Rafaのファイトに嬉し涙を流した後だった。

26904389_1167582886711386_5145031093283887985_n
26908092_1785420571491924_6039901901382446857_n
27072294_1850391794984815_455960421829034533_n
タイムを取る前から急にフォア・バック共にストロークの精度が甘く浅くなっていたので疲れから集中力を乱されたかと思って観ていたけれど、違っていた。
アドレナリンの放出ですぐには気付かずにプレーを続けていたようだけどそれもある程度まで。4thセットで激しい痛みを感じ右足に力が入らず踏ん張ることも出来ず、コントロールミスが増えたのはそのせいだったのだと後で分かった。
Rafa自身も、すぐには自分に何が起こったのか何故起ったのか全く分かっていない混乱した様子だった。

19554718_10156218178250739_3394822640028718969_n26907235_1785420381491943_5395821431514056313_n
その状態で3rdセットのあの死闘を勝ち抜いたのかと思うと胸が苦しくなる。
自分を何度も鼓舞してVAMOS!と吠えていた。私も一緒に吠えた。
Cilicは勿論強かった。今回の出来は特別よかった。
Rafaは怪我を言い訳にしない人だし、私もそうはしたくないけれど、負けるなら健康体できちんと負けさせてあげたかった。悔しさの種類が全く違うから。

勝敗云々よりも、Rafaの負傷で痛みに耐えながら限界までプレーするあの姿だけは見たくなかった。
最後の方は全くボールを追いかける事もできず、移動も足を引きずって歩くRafaは本当に悔しそうだった。
「お願い、もうやめさせてあげて。Rafa、棄権して」
涙を拭きながら祈る手を震わせながら念仏のように呟き続けた。
どんなにプレーを続けたかっただろう。
大好きな試合に出続けたかっただろう。その実力をもっているのに諦めるのはどんなに苦しかっただろう。
そんな状況でも感情を態度で表したのは、試合終了後バンダナを椅子に叩きつけただけ。ソレに全てをぶつけた後、Rafaはきちんと観客に手をあげ挨拶をしてたくさんの拍手の中、肩を落として会場を去っていった。
27072794_1785462608154387_4705759028521003289_n26994366_1785420704825244_3600679952758602185_n
26903834_1785420634825251_2567841418127469737_n
27066732_1825378887494489_591653214396186491_n

Rafa: “Tough to accept, I thought to be ready, I was playing quite well. Have to accept it, go home, heal, stay with my people. So many great things happened in my career, this is a negative one.”
“I am not someone who likes retiring, but I couldn’t move, my leg was totally blocked, and when it’s blocked I can’t win”

3rdセットまでのRafaはこんなに良い試合をしていました。これだけは言いたい(泣)
QFハイライト

悔しいね,Rafa[動画]

2014年のAOのFinalを思い出す。二度と観ない試合だ。今回の試合も二度と観返さないだろう。
Rafaは何故かAOには恵まれていない。ファンの中では呪われてるとまで言ってる人もいる。怪我で棄権が多いからだ。
27067915_546029262420703_3729485860689063493_n

Rafa:”Who knows if I didn’t have all these injuries”
私たちは知っているよ、Rafa。

AOの初め、「ここに立てているだけで嬉しい」と笑顔で語っていた姿を思い出し、それが最後まで叶わなかったRafaの心痛を想い、すぐには私も立ち直れそうにない。

今日出たMRIの結果は、右脚のPsoas Iliac(腰筋腸骨)に対するグレード1の傷害でした。
彼はスペインに帰国して休息し、抗炎症性の理学療法から始める予定です。
医師は、2週間後にテニスコートでリハビリと事前適応のプロセスを開始し、徐々にトレーニングを再開することができると教えてくれたそうです。
通常の回復時間は約3週間で、Rafaのスケジュールは原則的に何も変わらず、Acapulco, Indian Wells ,Miamiでプレーつもりでいるようです。
[負傷はそれほど深刻ではない]
この言葉を聞くまで、私は何もできなかった。本当によかった。
完治したRafaのプレーが出来るまで決して無理をしないで、早く良くなることを心から祈っています。
Vamos Rafa!!!

私のAOはもう終わった。


カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 20:49 | 2件のコメント

コメント(2)

  1. keiさ~ん、こんばんは~(^^♪
    今日一日は、結果が出るまで、長い一日でしたよネ(´;ω;`)
    そんな私たちファンの心理をラファはとてもよく知っていて、
    結果を報告してくれて、ラファが世界中から愛されている所以だと
    思っています。全治3週間、ラファにとっては長いのカナ?
    それ以上のケガじゃなくてホッとしてます。シーズンは始まった
    ばかりなので、ラファには無理だけはしない様にお願いしたい。
    チリッチも会見では残念だと言っていたけど、試合中の彼は
    ラファが動けないのに吠えまくり、陣営と一緒に喜ぶとか
    あり得ませんよネ(´;ω;`)人間的に嫌いになりました。
    ラファがまた元気にコートに帰ってきてくれる事だけを楽しみに
    待ちたいと思います。Vamooos!! Rafaaa!!

    nadalove より: 00:25 返信
    • nadaloveさん、こんにちは(^-^*)
      本当に、Rafaはファン思いです。私たちが結果を心配して待ってるのが分かってるから、自分が一番つらいのにすぐに知らせてくれた。そういうRafaが大好きです(ノ_-。)
      Rafaの報告のおかげでやっと記事も書けました。
      私はビッグサーバーと言われてる選手は元々あまり好きではないけど、今回の動向はあんまりでしたよね。今は悲しみでいっぱいだからCilicどころではないけど、時間が経ったら怒りが湧きあがるかも(汗)だからRafaファンの言ってること分かります。性格が思わず出ちゃったねって感じですね。
      ファンの怒りは「ライバルがリタイアしなければならないときにRafaが勝利を祝ったことは今まで見たことがない。
      観客に敬意を表すことはするけれど、賞賛を受けるためにコートの中央に足を踏み入れることさえしません。
      Rafaはそういう時、非常に悲しい顔でコートのインタビューを行います。 彼は負傷した相手がどのように感じるかを誰よりもよく知っているからです。
      Cilicのオンコートインタビューは最低だった。CilicはRafaファンの[shitlist]に入った」といったような内容。あとはここでは文字にしない方がいいような批判や非難の言葉です(汗)
      まあ、私はCilicが嫌われようとどうでもよくて、Rafaさえ元気になればそれで他のことはどうでもよくて…ううう…暫くは元気になれそうもありません(泣)
      早くRafaの元気な試合が見れますように(^-^*)

      kei kei より: 17:16 返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">