月別アーカイブ: 2018年2月

ナダル、Indian Wellsでダブルスにエントリー

Rafa:“I began this season at a good level. The injury in Australia was an accident. I am highly motivated heading into the next part of the tour in Acapulco, Indian Wells, and Miami before clay season starts. The period from Acapulco to Roland Garros is a very important part of the season for me.”

「今シーズンは良いスタートを切った。 Australiaでの怪我は事故でした。 私は、クレーシーズンが始まる前に、Acapulco、Indian Wells、Miamiで次のツアーに参加することに非常に意欲的です。 AcapulcoからRGまでのシーズンは、私にとって非常に重要な部分です。」

RafaはIndian Wellsで、Pablo Carreno-Bustaとダブルスを組んで参戦するようです。
28278973_1682658441854992_8047997283825431515_n

怪我からの復帰戦なのに大丈夫なのか?と心配な気持ちと、前回はアクシデントなんだしRafaがそれだけやる気充分なのはすごく調子がいいからなのかも!という気持ちが混ざった複雑だけど嬉しい気分w

Carrenoとのダブルスは大好きです(^-^*)
27973690_1047001568781236_4778551690348828103_n
27973207_559469074410055_6738923121621087438_n

RafaのAcapulcoまであと6日!
Rafaにアクシデントなく、無事に実力が出せますように!
27972560_1581496965268782_5313080373138105243_n

Acapulco2017神がかりショット

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 16:45 | 2件のコメント

ナダルの偉大さ

27751934_800707273454542_6990805960041199026_n
27971589_800739320118004_3005355614978273091_n

Rafa Nadal財団はAmsterdamで催された慈善団体のイベントGoed Geld Gala 2018で1,000,000ユーロを受け取りました。
インドとスペインの子供たちのための2つの小切手です。
Leonardo DiCaprioも一緒でした。

スピーチ動画

試合を観ている時はファンとして、親族を応援するかのような気持ちでいますが、こういうイベントの中のRafaを見るとつくづく偉大さを思い知ります。
ファンは皆、Rafaを誇りに思って喜んでいます(^-^*)

以下は[TENNIS STARS]というユーモラスなゴシップ番組のナダル特集の内容。
“ナダルは地元スペインのテニス界を常に考えている。
コート上の実績だけでも彼の名前は長く歴史に残る。
しかし彼はその地位に安住はしない。
アカデミーを開校することは多くの選手にとって一校だけでも十分だが、ナダルは故郷マヨルカ島に続き首都マドリードに二校目を開校した。
その発表はマナコルの一校目開校のすぐ1か月後だった。
Rafa:「若い頃にテニスと勉強の両立はとても難しかった。トップレベルでテニスを続ける為にはそれだけの練習時間を要したから、その合間を縫って勉強することの大変さは身に染みて理解している。」

ナダルは一人でも多くの子どもたちに自分のアカデミーで学んで欲しいと考えている。
Rafa:「これは僕にとってとても大切な瞬間なんだ。スポーツが僕の人生に与えてくれたものは計り知れない。僕の場合はテニスだった訳だけども昔もそして今でも僕の情熱となっている。だから僕も子供たちに還元したいんだ。そのためにこのセンターを作ったんだ。多くの子どもたちがここからトップレベルの選手になってゆくことを願っている。」
2014年に工事が着手した際にナダルは自身のタイムカプセルを埋めた。
Rafa:「これを言うと本人は嫌がると思うのだけど、このプロジェクトは父のおかげで存在するんだ。このアイディアを初めから実現するまでサポートしてくれたんだ。」

ナダルが現役のうちは彼の叔父でありコーチでもあるToniが経験豊富なチームと共にこのセンターを運営していくことになる。ナダルの考えや意思を組み込んだ画期的なトレーニングシステムを提供する。
トップ選手たちによって多くのテニスアカデミーが開かれるようになり、明日のスターたちが選択肢を事欠くことはない。
しかし2016年にマヨルカのマナコルに開設されたラファエルナダルテニスアカデミーほど注目を集めているアカデミーはない。
Rafa:「ここにいる全ての人たちがこれまで培ってきた経験を余すことなく次の世代の子どもたちに伝えていけたら良いと思っている。アスリートとしてだけでなくて人間として成長していけることを願っている。」
「プロアスリートになるには色々な事を犠牲にしなければならないと多くの人は言う。でも僕は違うと思っている。もちろんハードに練習する必要がある。でもそれは何にだって言えることで、目標に向かって努力しながらも他の事を楽しむ時間は作れるんだ。」
怪我や不調などで苦しんだ彼自身の経験から、テニスだけを学ぶのではなく、多岐にわたる教育が必要だと考えている。

その哲学が彼のアカデミーには受け継がれているという。
Rafa:「僕も僕のチームもキャリアを通してテニスを各段階で経験してきた。だから若い選手が選手としてだけでなく、人として何を必要としているか理解してるんだ。」
次の偉大なスペイン人選手がセンターコートに立つ時、その傍らでナダルが偉業への道しるべとなっていることだろう。
Rafa:「現役を終えた後に自分が何をしているか尋ねられたら、自分に幸せを運んでくれたスポーツと繋がっているって答えるよ」
グランドスラムの優勝回数だけでなく、先を見据えた視点を持つナダルは、次世代のお手本となる素晴らしいテニススターだ。”

27654888_1043844015763658_4344206633802699305_n
27973404_1043844062430320_1675364840646595184_n
写真は[Rafa Nadal Academy]でのRafa

私が31才の時、このような大きな視点で世界を見ていたか?
全くだ(泣)
Rafaを見ていると自分が恥ずかしくなる(汗)

MARCAによれば、RafaとMoyaコーチは、2月18日の日曜日にMexicoメキシコを訪れ、練習のためCozumelに向かうようです。
Acapulcoはすぐそこ!
フィジカル面でRafaが快調でありますように。
Vamoooos Rafa!!!

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 05:54 | 2件のコメント

私がナダルファンの理由のひとつ

常にファンを重んじるRafa。

DS-FqGQW4AAn6mJ

記事①
記事②

Rafaがとある高齢女性からの手紙にツイッターで返事をしているのですが、その手紙の内容です。

DVoOEnoW0AAkAkZ

「親愛なるRafa。
私は92歳の女性で、4月には93歳になる。そして貴方がテニスを始めたときから、ずっと貴方を追いかけてきた。
貴方の試合はすべてチェックしている。もし朝早くにあったら、目覚まし時計をかけて見ているの。
オーストラリアで貴方に起きたことは本当に残念、完治を願っています。
貴方は今月の終わりにはアカプルコにいらっしゃるわね。行けたらいいのだけれど、いまの私には旅は大変なことだし、アカプルコはとても遠い。
(略)
夫はもう亡くなっているけれど、テニスをよくしていた。だから私もテニスが好きなのね。
娘が4人に息子が1人、それに義理の息子が2人。孫が13人、ひ孫が20人いる。母方の祖母はセヴィージャ出身で、結婚してここに住むようになった。
もしいつかお返事をくださったらとても嬉しいわ。貴方にハグと愛を。
ちょうど新聞で、貴方がマドリードに怪我をしたテニス選手のためのクリニックを開いたと読んだわ。本当におめでとうございます。
12月にもお手紙を書いてアカデミーに送ったのだけれど、貴方はまだ受け取っていらっしゃらないでしょうね。あちこちに行ってらっしゃるから。」

Rafaからツイッターで返信:
「親愛なるデボラ、感謝の手紙と心に届く内容について、あなたの曾祖母に感謝の気持ちを伝えてください。
皆さんから私が受け取ったすべての手紙と支援メッセージは、私にとって多くの意味があります。本当にどうもありがとう。」

19875199_1618176278214752_8772243169967305728_n
27750337_1040450819436311_1131002799526597031_n

私はこのような心の綺麗なRafaから垣間見える行動、言動、所作にいつも感動します。

私はあなたのファンでよかった。

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 07:43 | 2件のコメント

久しぶりのナダルの笑顔

RafaはAlicanteでBanco Sabadellのイベントに出席しました。
Rafaは銀行の大使としての役割の一環としてインタビューを受けました。

Rafaが笑っていて嬉しい(T-T*)

27541080_1034201626727897_2204181558039108895_n27459259_2024718417556795_1141040840400559650_n
27073113_1034201570061236_5847132256360842959_n
27545036_2024718454223458_1088279272144032454_n27540531_2024718314223472_8821406654745415064_n27332573_1034201500061243_2575996982368199211_n
27072735_1034201653394561_6940631081393161168_n27073004_1034201610061232_5401475288134327883_n
27337117_1034201693394557_1787760298676582984_n

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 19:27 | 4件のコメント

フェデラーに対する優遇

Rafaが棄権してからしばらくテニス情報から故意に離れていた私は、昨日FaceBookのテニスファン仲間から以下のようなメッセージをもらっていることに気付き驚愕しました。

BREAKING NEWS: “The French Open has just announced that if Roger Federer plays the tournament this year his matches will be played on a grass court specially built in the regal garden of Versailles, if the weather
will be too hot, his matches will be held on the indoor hard courts of Paris Bercy”
「速報:今年のFrench Openは、Roger Federerがトーナメントを行う場合、ヴェルサイユ宮殿で特別に建てられた芝のコートで試合を行い、天候が高すぎるとParisのBercyの屋内のハードコートで試合が行われます」

えええ!!! どういうこと?!!!
と真面目に返信すると、
“It is a joke! hahaha die Fans von Rafa sind fantastisch.”
「ジョークだよ。ははは。Rafaのファンはファンタスティックだろ」
….って。オイオイ(汗)

めっちゃ焦りました(T-T*)
でも、そういうブラックジョークが出回っているくらい、RafaファンだけでなくテニスファンはFedererに対する優遇視に不満を抱いていることは確かです。
ずっと前から私もRafaファンもそれは少なからず感じていたことですが…こうして世界中で多くの人が関心を持ってくれることはテニス界に少しは届くと思うのでとても有難いことです。

こういう記事もファンから届きました。
勿論、私的考察を元に個人が書かれた記事ですから、ニュースではありません。あしからず…
 ↓↓
Finalで屋根が閉まった本当の理由?

[要約]
今、FedererとAOとの関係がますます高まっています。彼の経営陣であるTEAM8は、Laver Cupを制作する際に、Tennis Australiaと協力していました。
Tennis Australiaの運営機関であり、CEOのCraig TileyはGSのディレクターを務めています。

灼熱の中で戦ったNovak Djokovic 対 Gael Monfilsや、Halep 対 Wozniackiをご覧になっただろうか?
残念ながら、試合後、Simona Halepは脱水症のために病院に行きました。
Federerのライバルと成りえるDel PotroやDavid Goffinの試合についてもそうです。
こういう状態を目の当たりにしてもAO主催者は屋根を閉め屋内コートにすることを拒みました。
それなのに、それらよりも過酷ではない環境下であるはずのFinalは突然屋内試合になっていました。
結局のところ、FinalがFedererの得意な屋内で行われたのは、Federerにとって有益なことだったのはいうまでもありません。

それ以前の問題で、Federerは他の選手チームから抗議を受けるまでは、涼しく体力を奪われないNight sessionでしかプレーしていない事も、常に広くてプレーのしやすいRod Laver Arenaでプレーしていることも含めて優遇されFinalに進められてきたことは明らかです。

John McEnroeが「特権と露骨な不正行為の違いは何ですか?」と冗談を言ったのも不思議ではありません。

彼はスーパースターとしてテニス観客の主な魅力のひとつではありますが、この優遇状態では仲間の競技者にとっては不公平だと思われても仕方ありません。
テニスは自然環境により選手にとって全てが公平であり得ることはありませんが、少なくとも公平にすることを主催者は目指すべきではありませんか?

「彼らはすぐに”Rod Laver Arena”を”Roger Federer Arena”に改名するかもしれない」という皮肉めいた言葉まで出回っています。

(もちろん、これらはすべて推測です。Australia Openはこれを認めませんが、他の説明よりもはるかに理にかなっています)
———–以上。

「テニスの解説者や作家の約90%がFedererの熱狂者であるため、テニスのメディアの内側に居る人たちは、Federerが最も多くのチケットを売っているという印象を受けるかもしれない。だが、今年のAO決勝の形跡からは、そうでないことが示唆されている。
決勝でNadalがプレーしていれば、試合は完売だっただろう。 彼の大規模かつ熱狂的な地元のファンのベースは、チケットをスナップしたでしょう。

Wimbledon2017とAO2018からのデータは、スポーツが他のプレーヤーを犠牲にしてFedererを推進し続けている場合、その危険にさらされていることを示唆している」

というような収益に関しての意見もある。

素晴らしい記事

私はFedererが悪いと言っているのではありません。
でも主催者や協会はファンが公平だと感じるようもう少し考えるべきだと思っています。

カテゴリー: その他テニス記事 | 投稿者kei 19:22 | コメントをどうぞ