ナダルの2017年を振り返って②

●全豪オープン(GS:AO)(1月16日~29日)
[準優勝]:Rafa vs Federer 4-6,6-3,1-6,6-3,3-6
Finalハイライト(動画)

AOは全ての試合がタフなものだった。特にR3からは試合時間も長くなり、体力集中力共に疲弊しきった試合だったと思う。観ているファンも胃が痛くなるような展開で「Rafa、劇的にしなくていいからっ。ファンを魅了させなくていいから、早く決め球を打って!!!」と独り言を叫んでしまう始末(汗)それくらい心臓に悪い試合ばかりだった。
それだけ良い試合だったということなのだろうけど、GSじゃあ、こんな戦い方では決勝でバテてしまうか何所かを痛めるかしそうでとても怖かったな。でもRafaは長時間の死闘を勝ち続けた。
1485524236040_lc_galleryImage_Mandatory_Credit_Photo_by
JS110245105

Finalはどんな映画を観るよりもドラマがあり、最後の方はただ祈っていた覚えがあります。
表彰式まで泣きながら観終わった後も涙が止まらなくて、明くる日は二日酔いのような頭痛に悩まされました(笑)
でも冷静になってもう一度この試合を観て、「Rafa、何かを変えてきてる。何かをしようとしてる」というのを初めて感じました。ここではまだFedererが半歩早く仕掛けてきている。仕掛けられたRafaが追いかける場面も多い。Federerのバックハンドは凶器化しているからバックを執拗に攻めてミスを誘うやり方はもう効かない。その上サーブが異常に良い。
Unforced errorはRafa(28)に対しFederer(57)なのに、エースがRafa(4)でFederer(20)、ウィナーがRafa(35)でFederer(73)という数字がそれを裏付けていると思う。
勿論Rafaは強かったけれど、まだ省エネプレー(極力早めに決め球を無理にでも仕掛けていくラリーの少ないプレー)がきちんと定着していないような印象を受けました。それがまだ不完全で身に着けている最中なのかとRafaのこれからにワクワクしました(^-^*)

nadal-federer759
federer_2017_australianopen_182

未だに最後のゲームは二度と観れないんですがねw
この試合だけではなくて、負けた試合の最後のゲームは観ない。その瞬間をもう一度味わいたくないから(笑)
コーチ陣はそれじゃいけないけどファンはいいですよね(汗)
私の思った通り、ここからのRafaはどんどん速効型を極めていく。Rafaは私にこの高揚感を年度の初めから感じさせてくれて1年を通して興奮させてくれることになる。

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 14:42 | 2件のコメント

ナダルの2017年を振り返って①

私はRafaのファンになるまで、テニスプレーヤーがこんなにも多くの試合を立て続けに行っていることさえ知らなかった。勝てば勝つほど休みはほとんどなし。体のメンテナンスを行う時間も当然充分でないまま次の試合(しかも遠い国へ移動して環境に慣れるのを繰り返す)に挑まなければならない。恥ずかしながら、テニスがこんな過酷なスポーツだとは知らなかった。

●Abu Dhabiエキシビ(2016年12月)
[優勝]:Rafa vs Goffin 6-4,7-6
エキシビということを忘れるような試合でした。
Finalハイライト(動画)

この試合以前のRafaはラケットのガットの変更の調節も上手くいかず不調。そして怪我での棄権。この頃Rafaの周りでは色々な変化もありRafaの心中は決して穏やかではなかった。精神的な部分がすぐにプレーに反映されるテニスでは影響を受けないはずもない。

Abu Dhabiはそこからの復帰戦だった。エキシビのつもりでプレーをしていないはずだ。Rafaにとってとても大事な試合だったのだと思う。そして優勝。ファンは熱狂的に歓喜した。
Abu Dhabi 1
Abu Dhabi 2
ただ、まだRafaの本領は発揮できていない様子でもあった。ファンとしての心配は尽きなかった。
今年と同じです。
Rafaのリハビリの完成度を把握できないまま試合を待つのは不安でいっぱい。でも、Rafaはもっと常に不安とプレッシャーと闘っている。早くもっと気楽にエキシビを楽しめるようになってほしい。
もうすぐ始まる今年最後の締めくくり。膝がどれくらい思う様に動くのか用心深く確かめながら、久しぶりの楽しいテニスをしてほしいな(^-^*)

●ブリスベン国際(Brisbane International)ATP250 (1月1日~8日)
QF敗退:Rafa vs Raonic 6-4,3-6,4-6
QFハイライト(動画)
Rafael Nadal
Brisbane 2

逆転負けは特に悔しい。2m近い選手相手だといつも「この背丈とリーチの壁はずるいよ」なんて思ってしまうけれど、それはファンの勝手な思い(汗)Rafaはそういう相手を倒してNO.1になってきた人なんだからね。
Rafaの怪我が本調子ではないのか?それとも彼自身の精神や肉体の瞬発神経、体を勝手に動かす脳の判断能力の機敏な反応が、まだ試合モードに完全に復帰できていないのか、それを見分けるような知識がない1ファンとしては心配しながら見守るしかなかったけれど、勝っていてもおかしくない内容だったと素人ながら感じて興奮した試合でした。

R2勝利インタビュー(動画)
負けた時は泣いたけれど、QFまで進みこの笑顔が見れただけでも嬉しかった(^-^*)

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 09:12 | 2件のコメント

ナダルとフェデラー

RafaとFedererは本当に長いこと比べられてきました。
21559005_1722562334434429_2913989611263505876_n9ec412a3a91dcb084d78c17e16f80586
全然違うプレースタイルで同期でもない。だからその時その時でどっちが絶対に勝つってことはないし最強はどっちなんて説もナンセンスなのに、Rafaのインタビューの中にはいつもFedererに対するコメントを求められたりFedererに関する意見を求められたりするのは、私としてはマスコミにちょっと辟易(汗)

Rafaが「技術レベルでは、Djokovicがトップに立ったとき、私は無敵の選手と戦ってきたと言わなければならない」って答えたのは、決してFedererよりもDjokoの方が強いという意味で言ったわけじゃないのにそんな捉え方されて記事にされちゃうし、困ったもんですw
ちゃんと他のも読んでほしい。これも全てを載せてるとは限らないしなんか誤解されかねない書き方かもしれないけど(汗)↓↓
Rafaのインタビュー記事
Rafaは他のプレーヤーを比べてランク付したり卑下したり見下すようなことは絶対に言いません。そういう前提で読んで頂きたいです(*_ _)

Rafaは常にその日のその試合の相手のことを考えて、その先に当たるかもしれない強敵の名前を出されても決して答えません。
「今はそのことを答える時ではありません。次の○○選手は強くタフな試合になるでしょう」って必ず次の対戦相手のことを出して話します。
それはどの選手にも敬意をもって挑んでいるから。違う人との戦いの話をすることは次の相手に対して失礼なことが分かっているから。ランキングが下の選手との対戦でもその日に何が起こるかなんて分からないことをちゃんと知っているから。

でもマスコミはそれを何度も繰り返す。この話題になるとみんながとびつくからってだけでレジェンドたちに話をふってみたりしてね。
だいたい、[最強]の定義ってなによ、って話ですw
その時勝った人がその時は強かったってだけの話です。
いい加減やめてくれないかなあ。
選手本人たちはそれほど気にしてないかもしれないけど、マスコミが煽るとFedererのファンはRafaを、RafaのファンはFedererを悪くいうようになってるじゃないの(泣)そういう傾向はRafaは絶対に嬉しくないと思います。
私はRafaのファンサイトやFB内でそういうコメントを読むと悲しくなります。

Laver cup2人の笑顔のダブルス、最後にRafaがFedererに飛びつくシーン、本当に全てが素敵だった。
21752375_1565307916824204_2961278185760987478_n21686220_489256141431349_615323129406152346_n
01-2
21766770_489784474711849_8447327578903542246_n22007503_1595534990517009_1663784904156150469_n
16

RafaはFedererに対してこんなに熱い応援をしてます(動画)
興奮しすぎてて可愛くて笑っちゃうくらい(笑)

RafaはRafa。FedererはFederer。
お互いに相手が居なければ、ここまで高めあうことはできなかった最高クラスのふたりなんだから。
ファンは好きな選手を応援するだけ(^-^*)
私は、Rafaを応援するだけw
もちろん、Rafaが負けた時は悔しくて、対戦相手を憎たらしく思うこともあるけれど…心の中では色々思うところも結構あるけれど(笑)ソレはソレw
思うだけ。表に見える場所で相手の悪口はご法度です(汗)
RafaとFederer、メッセージ交換(Rafa Nadal Academyの記念日)(動画)
本当の気持ちなんて本人にしか分からないけれど、2人はお互いを認め合っているというのは確かなのだと感じます。

ううううーー早くRafaの試合が観たい!!!
リハビリが上手くいってますように♡

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 09:01 | 2件のコメント

孤高

視覚、聴覚、共にテニスプレーヤーとしてのRafaにぴったりの動画
是非、聴きながら写真を見て欲しい(^-^*)

23032858_1603130156375313_1810231305417081108_n

16388116_614380468732302_5275683371525044932_n

946041_699510873406252_1859200896_n

18119023_1322625577823539_269471804390150461_n

11705077_897308076995571_66093036382167234_n

気高さと奢りは違う。
弱い部分があることを認めない人は勝利者にはならない。
品格を捨てた者は本物のKINGにはなれない。
恐れの心は哀愁を引きつれてファンを魅了させる。
私たちは彼を、彼のプレーを、死ぬまで忘れない。

カテゴリー: つぶやき | 投稿者kei 07:47 | 2件のコメント

BEST SPORTING MOMENT OF THE YEAR

テニス界の認識向上のため、あなたも投票しませんか?
BEST SPORTING MOMENT OF THE YEAR
↑ここで[Once in our lifetime]に[vote]したら投票できます♪

[Rafa and Federer]最高でしたから♡
もちろん、私は投票しました(^-^*)/

日本人が出場してる試合だけじゃなく、テニス放映がもっと増えますように!

カテゴリー: その他テニス記事 | 投稿者kei 08:40 | コメントをどうぞ

My lifesaver

14494772_1336365689720764_2878747444600677807_n

“不思議です。人はこんなにも時が過ぎた後で、全く違う方向から、嵐のように救われることがある。ありがとう。あなたは私の恩人です”

なんだったか忘れたんですが何かの物語の名言です。
私の中のこれに共存する想いをRafaへ。

カテゴリー: つぶやき | 投稿者kei 11:38 | 4件のコメント

ナダル Barcelona Open 10勝の記念にトロフィーのレプリカ

25151936_10155421427166026_7157910642730098085_n
19642689_1005448266269900_7875289369914191096_n24900064_10155689430941023_2846540063679617861_naac_64834

Rafaはすでに10勝の記念に “Conde de Godóトロフィー”のレプリカを博物館に持っています。

Barcelona Open BancSabadellは第2のレプリカを配達しました。完璧な状態で確実に到着するように特別な装甲を備えた箱の製造も委託しなければなりませんでした。
そして、ManacorのRafaに感謝の気持ちを再び証する歴史的なレセプションでRafaにプレゼントされました。
イベントの様子(動画)

Rafaはとても喜んでいますが、きっとこれ以上はないよと謙遜w Rafaらしいですが社長のAgustíさんはまだ手に入れられると奨励しています。10個のトロフィーで終わらないと確信しているので、ショーケースはスペースを増やす必要がある。とまで言ってくれました。
Rafa、嬉しいですね。そうなりますように(*⌒∇⌒*)
真剣な顔でミニトロフィーの写真を撮ったり、ニコニコ眺めたりして、こっちまでニヤニヤしてしまうw

Rafaが頑張ったBarcelona Open Banc Sabadell 2017の経済的影響は4500万ユーロを超えました。自国愛の強いRafaは無理をしてでも出場します。だからこの結果もすごく嬉しいでしょうね。
来年のBarcelona Openが今からもう楽しみです♡

こんな風に、Rafaの実力に見合って認められたり褒められたりする度に、自分のことのように嬉しい…私はなにもしてないっていうのに…おかしいですね(^-^*)


Brisbane International 2018-Rafa告知NGシーンw

FBですが観れたらどうぞ♪
照れ笑いがめっちゃ可愛い♡

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 19:17 | 2件のコメント

ナダル ITF年間最優秀選手!!!

24852613_524575954566034_5413693313274949977_n

23032539_750402325151704_5921180536538806510_n

2161688-45191170-2560-1440

Rafa、おめでとう!

ITF世界チャンピオンは、6月5日(火曜日)、パリのRoland Garrosで、2018年ITF世界チャンピオンズディナーで賞を受賞します。

2017年、Rafaは怪我をした2016年からの驚異的な復帰を果たし、31歳で最年長のITFメンズ世界チャンピオンになりました。
史上最多10度目のRoland Garrosと3度目のUS Openタイトルを獲得し、Australian Openでもファイナリストでした。トータル6タイトルを獲得し、Paris Mastersで年間ランキング1位を確定させました。

Rafaは次のように述べています。
「ITFからこの賞を受け、2017年のITF世界チャンピオンになることを非常に嬉しく思います。 ATPのランキング1位を終えてから4年が経過しており、今回のことには特別な感情を持っています。 私たちの国にとっても素晴らしい彼女の業績について、Garbineにもお祝いを言いたい。 私のチームとファンに感謝し、これらすべての年月、私の叔父のToniに特別に感謝します」
31歳のRafaは、膝の負傷のためロンドンでシーズン終了のATPファイナルから離脱したが、今年は世界一の年となりました。

Rafaが幸せそうに笑っていたら、私たちファンは頑張れる!

おつかれさまでした、Rafa♡ おめでとう、Rafa♪

 

 

 

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 00:01 | 4件のコメント

アタリクジ

神様は忙しいから
ちっぽけな人間の幸いのことなど考えてはくれない。
半分が残酷な現実で、半分が幸いのときだとしたら
私は迷わず半分の幸いを捨て、残酷な現実から逃げるだろう。
それくらい私はでくのぼうで役立たずな人間だ。
幸いが半分より少しでも多い人間を
神様はきっと、あみだくじで決めるのだろう。
その当たりくじが私の愛する人たちに当たりますように。

カテゴリー: つぶやき | 投稿者kei 02:01 | コメントをどうぞ

Marat Safin:「ナダルはフェデラーよりも印象的です」

Marat Safin:“Nadal is more impressive than Federer”
とても嬉しい記事

Federerは天才的だと思うし強くて上手い。それは事実。
けれど、私にとってRafaのテニスだけは別格。心にずっと持続して残ってしまう。彼の戦う姿からは目が離せない。中毒性がある。Rafaのプレーは彼の与り知らぬところで人の乾いた心を救う力を持っている。

Rafaは間違いなく、勝ってほしい、勝たせてあげたい、勝って喜ぶ姿を見たい、極上の笑顔を見たい、と、いつの間にか応援させてしまうプレーヤーだ。
年間何億もの賞金を得ている雲の上のスター。
それなのに、試合中はまるで私の目前で、我が子が必死で孤独と闘っているような錯覚を起こす。

コートの中で、ストレスをラケットに当たることもなく、悪態もつかず、黙々とルーティーンをこなすこちらまで緊張してしまうような可愛そうになるくらいの綺麗な所作。
プレー中は、しなやか且つ攻撃性をもった、猛禽類が獲物を捕獲する時のようなフットワークと闘争心を兼ね備えた資質を魅せつけられる。
負傷してもランクを落としてしまっても、持病と向き合い闘い、再び勝ちあがって1位まで戻ってきてくれる影の努力、それが実った後に流す美しい涙。
負けても必死で表情を作り対戦相手に敬意を示し、ロッカー室まで悔し涙を持って帰る、どこまでも健気で男らしい人。こんな完璧な人を私は知らない。

彼はテニスが健康な状態でできることの重要さを誰よりも知っている。
だから怪我の影響で負けた時のRafaの表情を見ると胸が苦しくて吐き気までして、目が腫れるほど声を殺して泣いてしまう。Rafaは絶対にそういう言い訳をしないのに、ファンは彼のプレーを観るだけでそれは分かってしまうから、彼が画面の中で取り繕って笑えば笑うほど私は泣いてしまう。

上の記事の[印象的]というのは、彼の信じられないようなスーパープレーのことだけでなく、そういう魅力的なプレーをする人間だと言ってくれているのではないだろうか…と勝手に喜んでいる(^-^*)

データの数字、記録、称号、だけではRafaの魅力は語れない。試合をハイライトではなくリアルタイムで感じなければ分からない。
Rafaは確実に一度プレーを観れば忘れられない[印象的]で特別な人なのだと思う。
どうしてRafaを愛さずにはいられないのか?(動画)
答えはこの動画だけでは出ないでしょう。でも少しでも感じてもらえれば嬉しい(^-^*)

私は、彼のテニスを観ることができる時に生まれて良かったと心から思う。

P.S.<オマケ>
コート外のRafaの素顔がキュート過ぎる♡(スポナビ動画)

スポナビ動画は会員じゃないと見られないらしいので追記です。
[内容]
NADALは男子テニス界で最も有名な選手の1人です。
メディアはコート上での彼の姿だけでなく私生活までその望遠レンズを向ける。そうでなければ長く付き合っているMaríaさんとヨット上で休暇を楽しんでいる写真を撮る方法は他にない。
Xiscaと呼ばれる彼女はセレブ妻たちの仲間入りをすることや有名になることに全く興味がない。NADAL自身もメディアの前で彼女の事を語ることはない。
XiscaはNADALの試合を観戦することすらあまりしない。集中の妨げになりたくないからだ。「どこでも一緒に行くことは例え可能でもお互いにとって良くないと思う」しかしそれは彼を全くサポートしないという事ではない。ツイッターではNADALがプライベートでXiscaと時間を過ごしている時のものより映画スターとつるんでいる写真の方がはるかに多い。2人はマジョルカの学校で知り合った。大学でビジネスマネジメントを学んだXiscaはRafaelNadal財団のディレクターとしての顔を持つ。
彼らの関係は世間が持つNADALのイメージとはまるで対照的です。NADALのプレースタイルはパワフルで大胆な印象を与える。ラルフローレンの顔になるなどファッションリーダーとしても見られ、ファンたちの憧れの的である。それによりXiscaは妬みや羨望の的となる。
彼は自身のミュージアムすら持っている。自慢や誇示のためではなく彼の偉業を彼の才能が初めて形作られた生まれ故郷と共有するためにある。
Xiscaとの関係を鑑みるとカメラに映る彼の姿とは異なる本当のNADALの姿が浮かび上がってくる。
「そういう世界には関わり合いたくないと思っているし、Rafaがそれを求める女性を選ぶとは思えない」
ツアーで最も知名度の高い選手の1人であるNADAL。彼が全てを達成してきたテニスコートはサポートしてくれる家族へ報いる場だと彼は言う。謙虚な姿勢を保ち続けるNADAL。ファンが増える一方なのは必然なのだろう。
…というナレーションの元、Rafaの試合中の表情とプライベートの表情をピックアップして流していました。

他にもRafaの動画はたくさんあるけれど貼れないのが残念(泣)

 

カテゴリー: -RAFA- | 投稿者kei 08:43 | 9件のコメント