バックハンド

 バックハンドどうやっても打てない人に特徴的なのは、前足(右利きのバックハンドの右足)を踏み込んで乗ってしまい前に倒れるような形になることです。
それからターンがない人も多いです。
ターンしても右足に乗って回る人もうまく打てません。
後ろ足が浮いている、後ろ足が早く前にくるのが直すべき目安になります。

足の使い方は我が国のスターのバックハンドをご覧ください↓

つまり軸足の方に起こすというか戻るような動きをすると上手く打てます。
カカトから股関節の動きの面でもめちゃくちゃ理にかなっています。
起こす時にラケットを走らせるのがコツで、横のボールでも起こしながらピポットするフットワークもあります。
遠すぎて足裏が地面を押せなければもう打てないのでその時はスライスに変える必要があります。

小手先でスピンをかけようとしてもできなくて下半身からの使い方を覚えなくてはいけません。
細かくいうのはよくないのでこれらのことを簡潔に2つくらいのワードで伝えるようにしています。
僕の生徒達で出来ている方はしっかりトップスピンがかかって放物線を描きます。
これなら長く打つこともアングルで外に出すボールも打てますよね。

シングルならスライスだけよりよりコートを広く使えて作戦が多くなるし、ダブルスでは前衛にチャンスきますよ。
他にもフェイスアップなど打ち方がありますが今日はこれくらいで。

最後にズベレフとジョコビッチもどうぞ

僕も試合ではアレーまど回り込んでフォアを打つのでバックハンドはスライスばかりですが教えてて良くなったのでプレイスタイル変えちゃおうと思います。
(そこまで回り込む体力もスピードもないだけだけど…)


カテゴリー: 技術 | 投稿者けんぱ 22:32 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">