1970年代のクォーツショックによりスイスの機械式時計産業全体が大打撃を受けました。

2021年に発表されたモデルでHPを見たお客様ならパソコン画面のスクロールを止めた方もいらっしゃったかと思います。
このモデルで印象的なのが二度見するほど目を引く鮮やかなブルーではないでしょうか。
ブルーはゼニスを象徴する色なのはご存知の方も多いと思います。

1970年代のクォーツショックによりスイスの機械式時計産業全体が大打撃を受けました。その影響は当然ゼニスも同様です。1975年に当時の経営陣が「エル・プリメロ」の製造を中止、図面の破棄などの決定を下したことに愕然した工房の責任者だったシャルル・ベルモ。
会社の命令に背きエルプリメロ製造に関する設計図や道具を秘密裏に当時の工房の屋根裏部屋に1人で持ち込み、再び機械式時計が日の目を浴びる事を信じて隠しました。

https://www.rasupakopi.com/omega_z145.html
製造中止から10年後に、再び機械式時計の製造を再開したとき当時の資料がなかった技術者は愕然。ただシャルル・ベルモが当時のエルプリメロ製造に関する全てを保管していたことでゼニスは再び最高峰自動巻クロノグラフとして評価されていた「エル・プリメロ」の製造を再開することに。彼の勇気ある行動がなければ、今のゼニスは無かったとまで言われています。
そのシャルル・ベルモが愛した色が「青=ブルー」だったことでゼニスにはブルーを用いた時計が多いように感じます。
オメガ コンステレーション コピー マンハッタン 131.20.25.60.58.001 シャンパン
商品番号:131.20.25.60.58.001
送料無料
A品価格:13500円
S品価格:22800円
N品価格:43000円
機械 クォーツ
材質名 ステンレス・イエローゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
宝石 ダイヤモンド
タイプ レディース
カラー シャンパン
ケースサイズ 25.0mm
付属品 内箱
外箱
ギャランティー
1982年にアイキャッチとなる「爪」を3時と9時位置に採用した【コンステレーション マンハッタン】が細部にわたりアップデートされました。

こちらは25mm、28mm、29mmの3パターンあるケースサイズの25mmケース。
文字盤は12ポイントのダイヤセッティングを施したシャンパンダイアルです。
アイコニックな「爪」をすっきりとした印象のパーツに変え、さらに厚みが増してしっかりしたブレスレットのクラスプ部分には2mm延長可能な新型クラスプを採用。

ムーブメントには新型クォーツキャリバー4061を搭載し、裏蓋にはコンステレーションを象徴する天文台のエングレービングが施されています。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者kopijian 18:41 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">