レーザ「穿孔」:科学者はレーザ駆動電子加速で新しい記録を作成する

最近、Lawrence Berkeley National Laboratoryに所属している米国エネルギー省(DOE)は、科学者がレーザーパルスを加熱し、プラズマを「ドリルスルー」して粒子を数十センチメートルの長さのチューブに入れることを発表しました。 粒子加速記録は2倍になりました。

この実験は非常に強くかつ短い「駆動」レーザーパルスを使用し、各パルスは約850兆ワットのピーク出力および約35ペタフロップス(35フェムト秒)のパルス長を有することが理解される。 電球は数十フェムト秒しか照らすことができませんが、ピーク電力は同時に約8.5兆100ワットの電球を照らすのと同等です。

強いレーザーパルスはそれぞれ、電子を含む十分な量のガスに加熱されたプラズマ中に波を作り出す荷電粒子を生成するための重い「キック」を生成する。 電子は波に沿ったサーファーのようにプラズマのピークをたどり、長さ20 cmのサファイアチューブの中で記録を破るエネルギーに達します。

Berkeley Labのレーザー加速器(BELLA)センターは、2014年に発表されたBELLAの4.25 GeVの結果を上回り、7.8 GeVという新たな記録を達成しました。

http://www.laserscheap.com/laser-show/p-233.html

https://www.freeml.com/bl/15340331/402459/


カテゴリー: 未分類 | 投稿者laserscheap 21:33 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">