保護者の方は、自閉症のお子様の治療方法として、以下を参考にしてく…

フロアタイムセラピーを使うことで

フロアタイムセラピー

プレイセラピーと共通する部分も多いのですが兒童行為問題児との「コミュニケーションの輪」を広げようとする考え方がベースになっています。 つまり、フロアタイムセラピーを使うことで、親は子供に前後関係(言語的または非言語的)を促すのですが、これは一般の人には非常に難しいことなのです。

人間関係構築支援

RDIは、親のために特別に開発された治療情報技術です。 フロアタイムセラピーと同様に、ビジネス展開によって理論的な知識を提供し、生徒の親が社会的スキルを身につけることで子どもを支援することを目的としています。 しかし、フロアタイムセラピーとは異なり、RDIには一連の関連する目標や活動が定められており、実際に始めるには、私たち親がセラピストと協力して学ぶ必要があります。 もし、あなたがお子さんに経済発達療法を使うことに興味があり、そのような全国的に定義されたプログラムを希望する(そして、始めるためにコンサルタントを雇うお金がある)なら、RDIは良い選択肢になるかもしれませんね。

攻撃的行動に対する親子相互作用療法

自閉症スペクトラムの子どもたちは、かなりの割合で攻撃的であるため、家から出たり、一般的な活動をしたりすることが困難です。 親子相互作用療法(PCIT-RRB)は、カウンセラーの訓練を受けた親が提供するもので、攻撃的な子どもを対象とした手法です。

親と子の間でネガティブな行動がエスカレートするサイクルを断ち切るために、親は権威ある関係の中で明確な制限を加えることを学ぶのです。

PCITは、強固で堅実な愛着間関係こそが、制限と規律の効果的な一貫性を構築し、親と子の心理的発達の健康をさらに向上させるために必要な研究基盤であると考えています。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者lifethrough 16:27 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">