月別アーカイブ: 2021年12月

テニスの難易度は?

10

ご存知のように、スポーツの世界ランキングにおいて、卓球のラケット部門はテニスが難易度でトップです。

中国では、テニスフィットネスが発展し、その参加者も徐々に増えてきています。 しかし、普及・促進の道のりの中で、テニスの特性だけでなく、困難な要素はどこにあるのだろうか。 PingやFeと比較した場合の実用上の違いは? また、非常にデリケートな問題ではありますが廚櫃收納、直視し、議論しなければならないテーマでもあります。

以下の個人的な意見の中には、ピンとバドミントンの2つの世界の間で異なる見解や議論を引き起こす可能性のあるものがありますが、それは善良な人と賢人にとって、良いことでもあり、悪いことでもあるのです。 しかし、お母様には、テニス界やバドミントン界から多くの人がフィットネススポーツとしてテニスに参加し、体験してほしいという思いがあります。 野菜とニンジンには種類があると言われていますが、味を変えてみないとどれが一番好きなのかわからないこともありますよね!そこで、今回はニンジンについてご紹介します。 もう1つ好みがあったほうがいいのでは?

1.人気度

1.1 初心者が始めるのはより難しい。

この点については、もう説明する必要はないだろう。 ビンビン球児とフェザー球児の2つの世界も異存はないと固く信じています。

1.2 バドミントンに比べて運動負荷が少ない。

テニスの競技時間はバドミントンに比べて一般的に長いのですが廚房裝修。 しかし、単位時間当たりのランの間隔やサーブストロークの頻度を見ると、エネルギー消費量ではバドミントンがテニスを上回っているのです。

1.3 最長ポストライフ。

選手の稼働寿命を見ると、3球の中でテニスが一番多い。 バドミントン、バドミントンポジションともに、『活躍した年数が少なくても、早く引退するのは珍しい』というのが特徴です。 30歳を過ぎても頑張っている選手の総数は非常に少ない。 テニス選手は「遅咲きだが、無名の引退者」という特徴がある。 新しい競技であるシングルスでは30代が全盛期と言われ、混合ダブルスでは40代でも優勝を争い、銀メダルを獲得するケースが後を絶ちません。

2.技術レベル

2.1 ボールコントロールの技術が難しい

大きなボール重い、より少ない頻度の連続ストライクを撃つ、バスケットボールの時間より多くの利点は、羽をpingよりも有意に高い再生よりもボールを拾う。

2.2 よりポジティブな断層

卓球やバドミントンでは、通常、力の欠点が正の欠点を上回り、テニスでは逆に、正の欠点そのものが力の欠点を上回ることが多いのです。

2.3 パワーが出にくくなった。

3球とも、ポイントを支えるパワーが必要です。 しかし、あの滑らかで透明感のある全体の力感を見つけるには、時間的にはピンが一番で、バドミントンは2番目、テニスは一番時間がかかる。 これについては、pingやバドミントンをやっている人たちから質問が出るでしょう。 という歯切れの悪さを期待されています。

2.4 物理的な一体感が最大であることを規定している。

3つのボールは、いずれも体の一体感が基本です。 卓球もバドミントンも技術的なフォアハンドとバックハンドは、ラケットを持つ掌の側、つまり片手が主役です。 一方、テニスでは、フォアハンドの技巧は通常、両手を一緒に、つまり両手で行わなければならない。 その結果、テニスは上半身と下半身の連携が最も優れているのです。

2.5 開発期間が短いこと。

コーチングと途切れることのない学習により、通常3〜5年で2つのボールの発達が見られ、ボールの年齢と標準の上昇には基本的に正の相関がある。 しかし、同じ条件下でもテニスは、設備投資と生産率に相関がなく、投資の長さや時間と達成能力は通常対応しない、という印象を与える。 開発の遅れは、ボール2個分と比べればはるかに少ない。

3.メソッド難易度係数

3.1 技術と方法の区別が難しい。

2つのボールは手首の操作の柔軟性を重視し、手首の力と3本指の力のかけ方に重点を置いている。テニスは手のひらの力と4本指の力のかけ方に重点を置き、「固定と生」の使い分けをしている。 (後略)。 技術的な面では、それぞれに特徴があり、区別がつきにくいというのが個人的な感想です。 PingやFeatherの世界にいる方にとっては、納得できないかもしれませんね。 しかし、ぜひとも参加して、自分の目で確かめてほしい。

3.2 回転方式はpingより劣る

テニスの3回転(上/下/横)は、ボール上のゴムとストリングベッドの滑り摩擦が異なるため、速度比の面でも汎用性の面でも卓球と同じレベルにはない。 当然ながら、テニスのジャンプの高さやフォワードストロークの幅は、卓球のそれとは比較にならない。

3.3 振幅と着地点の操作はバドミントンに比べて少ない

膠着状態の局面では、振幅の軽重適用と着地点の融合の規制のレベルでは、テニスや卓球ではほとんどの条件がパワーに支配されており、「力とルート」での勝利が大きく有利になる。 一方、バドミントンは、パワーの軽重のかけ方の融合がほとんどで、「器用さと落差」で勝つという特長がある。 シェイクをかける頻度という点では、バドミントンは3球のうちの1球と言えるでしょう。

4.ボールスピードとスナップ

4.1 最高速度はバドミントンより劣る

バドミントンの最高速度は、確かにテニスより高い。

4.2 バドミントンに比べてボールのスピードが遅い。

無軌道サーブやネットでの特定の局面を除き、ボールの入射・出射の局面では、通常バドミントンより遅い速度で行われます。

4.3 ボールの最大点数

ミックスダブルスでもシングルスでも、バドミントンはバックラインがキッチリ撃っていれば、より高い確率でポイントを拾うことができるのです。 しかし、テニスは勝ち点で終わることがほとんどです。

全体として、比較だけでなく、テニスの難易度的な要素で誰が上か下かを論じるのは本文の意図するところではありません。 アマチュアプレイヤーにとって、どのような球種でも、上手に、上手にという難易度の高いファクターは同じです。

この難易度の高い要素が、2つの世界のプレイヤーに驚きと試行錯誤を起こさせ、それに参加し、身をもって体験してもらうことが、この記事の重要な目的である。 スポーツ歴の長い彼らは、テニスやフィットネスを実践すれば、間違いなく他の人より早く成長する。 例えば、卓球の基礎知識がある人は、回転に対する理解が深く、セカンドサーブやクロスコートのストレートプレーの技術把握率に一定の優位性があり、バドミントンの基礎知識がある人は、ファーストサーブ、ネット、フットワーク、体力の分野で「天性の」優位性を持っています。 この時間的な要素によって、多くの人がこのフィットネススポーツに徐々にハマっていくのだと確信しています。

注目の記事:

廚房裝修先不要著急,3種合理布局弄清楚再裝都不遲!看一下你們家合適哪一種

良い経験のヒントでお金を節約するためのキッチンインテリア、費用対効果の高いキッチンをインストールするための3ストローク

投資理財方法有什么?

その他の記事

Kiwei Mathematics Tuition Kiwei Mathematics Classroomは、常に社会や中学校の數學補習に取り組んでいます。大規模な授業とは異なり、少人数のクラスで教え、適性に応じて生徒に教え、生徒が最高のサポートを受けられるようにしています。

カテゴリー: テニス | 投稿者lsabella 12:15 | コメントをどうぞ

Hello world!

Blog総合管理へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 投稿者lsabella 02:07 | 1件のコメント