累進屈折力近視用メガネは誰でもかけられるのですか? あなどるなか…

近年、動画広告などで「近視・遠視用メガネ1本で、漸進鏡片近視用メガネを外すことなく、メガネの掛け替えも不要」という言葉をよく目にしますが、これは一般的に累進近視用メガネを指しています。 累進近視メガネは、海外の開発動向で、少し前に、マルチフォーカスメガネレンズとも呼ばれる多機能メガネレンズに属しており、中国は、過去10年間の開発動向を通じて、メガネレンズの生産性の現在の段階もより成熟しているが、問題の物理光学特性のために、最初からいくつかの利点と欠点の客観的現実にマルチフォーカスメガネレンズが、全体的に、あなたが統合できる場合は、… 累進屈折力メガネレンズを取り入れることができれば、間違いなくデメリットよりメリットの方が大きいです。

近くも遠くも見えるメガネ? 漸進鏡片累進屈折力近視用メガネは誰でもかけられるのですか? あなどるなかれ
多焦点メガネレンズは、メガネレンズの左右で近視の範囲が2種類あり、超過部分の中間で徐々に色が変わるという技術的内容の高い機能製品で、一般的には「遠・中・近」の視認範囲に対応できるオールラウンド商品と言われている。 そのため、オプトメトリーのプロフェッショナリズムは少し高めです。 一般眼鏡店(有名チェーン店含む)のスタッフのほとんどは、検眼の体系的な専門技能訓練と経験を経ていないため、検眼をうまくできない(視力検査と同じように、近視眼士の多くはこれを認識していない、70%は検査の方法だけは理解しているが、「うまく」検査する方法は理解していない)。 “であれば、同じ論理である)。 そうすると、その役割のメガネレンズの欠点が限りなく大きくなり、累進レンズを選んだ後のお客様の体験と、実際の使用結果に乖離が生じることになるのです。

近くも遠くも見えるメガネ? Hoya 鏡片 評價メガネは誰でもかけられるのですか? あなどるなかれ
当然、このメガネレンズの原価料が高いため、一般の近視用メガネ店では、自分たちの検眼の段階で何かが間違っていたことを積極的に認めたくないというのが本音であり、消費者の適応能力の問題として語るしかなく、消費者は家に帰って、もっと時間をかけて統合することができるのである。 もしあなたが人の相性規範に従って統合を実施するつもりで、2週間以上統合ダウンできないなら、2つの可能性しかない:1、あなたは近視の眼鏡のアプリケーションにうまく統合できないグループに属するかもしれない;2、あなたの近視の眼鏡は検眼の段階で問題がある可能性が高い!!。

累進近視用メガネの問題点については、この記事には書いていませんが、ただ、累進近視用メガネは理論的には誰でも使えるものですが、誰もがレンズをうまく使えるわけではなく、累進レンズがうまく使えないのであれば、なぜそれが必要なのか、ということははっきりさせておきたいですね。 時には、一部の団体でも、累進レンズの長所が示されず、むしろ欠点が延々と増幅されることがあります。 一般的に眼鏡屋さんは、より良い「量」と「高い価値」のために累進レンズを強く勧めますが、実はこれが問題で、人によっては、確かに、うまくレンズが組み込めない、取り込めないということがあるんですね。


カテゴリー: 綜合 | 投稿者lsabella 20:35 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">