虫歯の程度と症状

虫歯はC0・C1・C2・C3・C4と言うように5段階に分けることが出来ます。

C0

C0は、歯の表面のエナメル質が透明感を無くして白墨(チョーク)のようになっている状態で、まだ症状が無く、穴も開いていない状態です。このときは、十分な歯磨きやキシリトールを応用すると、元の健康な状態に戻すことが出来ます。(早く気付くかどうかが運命の分かれ道です。)

C1

C1は、エナメル質が溶けて浅い穴ぼこ(う窩)が出来た状態ですが、症状は出ません。

虫歯の部分を取り除いて、代りに樹脂や金属を詰めて治療をしますが、麻酔を使わなくても痛みを感じることは有りません。

C2

C2は、虫歯がエナメル質の下の象牙質にまで侵攻したもので、甘いものや冷たいものがしみたりします。一般的に象牙質は、痛みを感じる所なので、治療においては麻酔を用いることが有ります。虫歯の部分を取り除いた後、金属や樹脂のつめものをして回復します。

C3

C3は、虫歯が象牙質も破壊してしまい、歯髄にまで達したものを言います。症状は、歯髄への感染の程度により、余り痛みの無いものから激しい痛みを伴うものまでさまざまで、我慢強い方が断念して歯医者通いを決意されるのもこの頃です。

激しい痛みを通りすぎると、歯髄が完全に死んでしまうため一度痛みが消失しますが、今度は歯髄を通りすぎて歯の外(歯根膜)にまで炎症が広がるので、腫れを伴った更に激しい痛みを経験することになります。(熱が出ることも有りますし、痛み止めを呑んでも効かないことが多いです。)治療には、麻酔を使用することが多いですが、歯髄が既に死んでいる場合は麻酔なしで治療することも有ります。また、以前の治療で歯髄(歯の神経)を除去した歯が、再び虫歯にかかったときもC3に属します。C3は、虫歯による歯の欠損が大きいので、最終的にはかぶせもの(俗称:さし歯)により噛めるようにします。

C4

C4は、虫歯により歯のほとんどが無くなってしまっただけでなく、歯の根っこまで虫歯に犯されてしまったものを言います。こうなると、歯を残すことは不可能なので残念ながら抜いてしまうしかありません。歯を抜いた後、傷痕が消えるまで最終的な治療にかかれないので、治療期間が長くなります。ですから、虫歯を見つけたら1日でも早く治療を開始されるようお勧めいたします。

——————————————————-

dentaltools.jpストレートハンドピースエアースケーラーなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:56 | コメントをどうぞ

歯科用ポータブル診療チェアについて:患者の快適さと歯科医師の姿はどちらが大事なのか?

歯科用ポータブル診療チェアの主要の機能は患者に操作をしやすい位置にある。医者は口腔に入る通路を探すが、長い時間で不便な姿を保つべきでない。歯科用ポータブル診療チェアのデザインは医者の筋肉と骨のようなアーゴノミックスから考えられる、そして、そのリスクが最小になる。同時に、患者には快適に支えることができる。

歯科用ポータブル診療チェアのデザインは操作者の姿に不所存では、患者が快適と感じられて、外形がきれいで、機器のデザインの考え、反復的な労働損害の潜在なリスクが増す。本文は正確な姿勢の原則と重要な歯科用ポータブル診療チェアのデザインの特徴を回顧してましょう。

正確な臨床医者の姿勢:

背部が垂直を保って、曲がらない。

大腿と床の足が水平を保って、尻が重量を与える。

肩と腕を緩めて、もち上げたり伸びたりしない。

重要な歯科用ポータブル診療チェアのデザインの特徴:

狭くて薄い背もたれは医者にかがまなくて、患者へ接近できる。腿が分けてチェアに座って、膝に接触させず、大腿に外に向ける姿勢を保たない。

調整できるヘッドレストが患者の頭とくびに支えられて快適な位置にある。背もたれのしたへ伸びて、医者の膝また腿に触れない。

高度の調整は低い医者に合う高度を降るだけでなくて、立った医者に満足する高度を上げる。

後ろに傾けられる範囲がある。診療している患者は垂直また水平を保つ時に、必要な場合で、失神を診療するために、頭部が胸部より低い位置にある。

ランは幼年から若者患者の肘と上腕を支えることができる。置きやすいために、手と腕の支えは便利なデザインをすべきだ。ランは医者の操作通路を妨げて、脚部が分けすぎるべきでない。

快適なあて布と腰部の支えは患者の体が支えられる。そうすれば、肢体が痛められない。

便利で直接に控えることができる。歯科用ポータブル診療チェアの両側にプログラムができる体位とフットコントロールの機能がある。

信頼できる機器の構造は体型が大きい患者に対して、穏やかな移動の能力がある。

ノブコントロールは台座に固定された歯科用ポータブル診療チェアではより良く設備また診療区域の人に適応できる。

臨床所要の個性化歯科用チェアのオプション機能(例えば:輸送システムや操作ランプや給水や材料や色などを選択して、増やすあて布や加熱器やマッサージや痰壷台座が転がるなどがある。)

調査結果(回答者1378位の人々へ)

歯科医師の姿勢(68%)は患者の快適さ(32%)より重要だ。しかし、この両面は歯科用ポータブル診療チェアの重要な特徴と言える。

18%の回答者は以前の二年間で新しい歯科用ポータブル診療チェアを買った。17%の回答者は未来の一年間で歯科用ポータブル診療チェアを買っておく。

以前の二年間で歯科医師は常にA-dec, Pelton & Crane, Midmark, Belmont,DentalZZ, 和Marusのようなブランドを買った。

ハンドコントロールとフットコントロール付き(48%)歯科用ポータブル診療チェアはハンドコントロール付き(31%)またフットコントロール付き(21%)だけより人気がある。

調整できるヘッドレスト(75%)はリングで上下にスライドするヘッドレスト(25%)より人気がある。

————————————————————————-

dentaltools.jp根管治療機器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:18 | コメントをどうぞ

根管治療とは

歯の根の中には神経や血管が通る「根管」という細い管があります。
虫歯が進行して神経に炎症が起き、痛みが出た場合、神経を取らなければなりません。
また、細菌が歯の内部に感染している場合、管の中をきれいに掃除しなくてはなりません。
このような治療を「根管治療」といい、歯の寿命に大きく関わってきます。

<根管治療を行う目的>
根尖性歯周炎の予防と治療
つまり虫歯が進行して痛んだ歯の神経を除去し、痛みを取り除く。歯の将来的な病変を防ぎ、健康な状態を長く維持する。根の先にできた病変(膿)を治す。(口腔内カメラ )

健康な歯を保つために大切な根管治療 (根管長測定器)
数年前に治療した歯なのに、化膿して痛くなり、浮いたような感じになり、咬めなくなった経験はありませんか?根管治療は、建物の基礎工事に例えられます。

どんなにきれいな被せものをしても基礎工事がしっかりしていなければ、家と同じでダメになってしまいます。適切な根管治療を行っていなければ、時間の経過とともに歯の根の中に膿がたまり、再治療が必要になり、最悪の場合抜歯になることもあります。

その様な事を防ぐ為にも、歯の神経を除去する際には感染対策をきっちり行い丁寧な根管治療が重要です。
根管治療は、治療後の歯の寿命を決定付ける、大切な治療です。

だからこそ、病院ではより確実・安全に治療を行うため、最新の機器を導入した精密な根管治療を行っています。熟練した治療技術にあわせ、最新の機械・器具を使用することで、根管治療の成功率を向上させることができます。

また、他院で抜歯と診断された歯も、精密根管治療を行うことで抜かずに治療できるケースも多数あります。

歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)を使用した精密な治療。
根管治療においては、ミリ単位の正確さが必要になります。
マイクロスコープ(手術顕微鏡)を使用することで、盲目的に行っていた治療から、根管内を細部まで目で確認しながらの治療が可能となり、治療精度を格段に向上させることができます。

裸眼での治療とマイクロスコープを使用した治療は暗闇をペンライトで照らすか、車のライトで照らすか、ぐらいの違いがあります。

ラバーダム防湿による、感染対策
原理・原則に従い、当然ラバーダム防湿を行います。
悪さをするのは細菌なのですから。

ラバーダム防湿は、治療する歯以外に薄いゴムのシートを覆い被せることで、口腔内の唾液(細菌)から歯を守るマスクのような役割を果たします。様々な細菌が根管に入るのを防ぐことができるので、無菌に近い衛生環境で治療を行うことができます。初回治療でラバーダムを使用することで、治療の成功率を大きく高めることが可能になります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:30 | コメントをどうぞ

母乳でもむし歯ができるって本当ですか?

結論から申しますと、母乳でも虫歯になります。
赤ちゃんは、月齢が上がるとともに口の中に少しずつ口腔常在菌と呼ばれる数多くの菌がすみつき始めます。(口腔内カメラ

その中には、※ミュータンス菌 というむし歯の原因菌も存在します。母乳にも乳糖と呼ばれる糖分が含まれていますが、むし歯になる大きな原因ではなさそうです。

むしろ原因は母乳の与えやすさが招く授乳の不規則性にあると考えられています。母乳育児では欲しがる時にいつでも容易に与えることが出来るうえ、授乳にはある程度の時間を必要とします。そのため口の中は、虫歯菌にとって常に好環境な状態が維持されることになりむし歯になる確率が高くなるのです。つまり母乳育児とむし歯は、間接的に大きく関係しているのです。

とはいえ、歯科の立場から母乳育児を否定しているわけでは決してありません。母乳育児は、初期免疫の獲得、母子の心理的関係の確立、吸啜に伴う感覚や運動の学習といったすばらしい役割を担っているからです。

ただし断乳の時期にある子供には特に注意が必要です。断乳の時期前後の子供の口腔内には多数の乳歯が萌出しています。また、砂糖を含むおやつや飲料を摂取するようになっているでしょう。

そうした環境の中で母乳を寝ながら与えたり、夜間に与えたりするのは危険です。
就寝時や夜間は、唾液の分泌量が少なくなり自浄作用の効率が悪くなるので、より一層むし歯になる危険性が高くなるからです。

母乳とむし歯には関連がありますが、母乳育児は発育の大切な過程でもあるのです。
母乳とむし歯の因果関係を把握し、適切な時期での断乳を検討されてはいかがでしょうか?  (歯科治療器具 

※ミュータンス菌…生存するために糖分を分解し、その副産物として酸を産生しこの酸が歯質を溶かし、歯をむし歯にするといわれている。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:46 | コメントをどうぞ

光重合照射器の光源と作用特性

1.照射の強さと均質性
充足といい加減な照射の強さは樹脂単体から十分に転化され、樹脂が理想な物理性能を得る前提である。一般的には、照射の強さが高いほど固化も充分だが、新型歯科LED照射器の照射強さもう5000mW/cm2を超えている。高強度な照射は光源が歯の仕組みを通す光のエネルギーの損失を償うことができる。しかし、照射の強さが高すぎるなら、樹脂の硬さが下がたあげいて、重合に縮むされることを促進して、窩洞と樹脂界面が貼り付くできなく、微滲出を発生している。

2. スペクトルの範囲
カンフルキノンを光始発剤とすることは口腔樹脂材料中で広く応用される。しかし、漂白しにくて有色なグループは樹脂が黄色になり、美観に影響している;峰位に吸収される可視光線の区域(470nm)で、自然光線のもとで快速に重合しているから、医者には操作に約立たない。それに比べると、新型光始発剤のアシルラジカルホスフィン酸化物(TPO)とフェニルケトン(PPD)の色彩安定性がよりよくて、樹脂が黄ばむ現象を避ける。新型光始発剤の吸収波長は380~425nmにあって、主要では紫外光から可視光線まで範囲にある。

光始発剤の光吸収の過程は光化学の反応効率が高められる根本である。だから適切な光重合照射器の選択にはスペクトルの範囲で光始発剤の光吸収スペクトルに覆われることが重要だ。単峰な光重合照射器のスペクトルの範囲は420~490nmである。それはCQの吸収スペクトルに適う。ツィンミネまた広いスペクトルの新型LED光重合照射器(385~515nm)は新型光始発剤に適する。だから、すべての複合な樹脂が青光り(400~490nm)で充分に重合される。

3.照射の距離と作用角度
照射の強度は空気中で照射距離の増加に伴って対数減衰していくため、樹脂表面とランプソケットの距離あるいは傾く角度が大きくなるのに伴って、照射の強度も明らかに下げる、相関な研究テストによって、光重合照射器は樹脂が異なる距離から光のエネルギーに到着される時間が16J/cm2にある。距離が遠いほど到着できる光のエネルギーが少なくて、16J/cm2に達するの時間も長い。実は、光重合照射器のランプソケットは複合な樹脂と直接に接触できることが一番理想な状態であるが、臨床操作中で実現しにくい。歯先の高度、斜度と窩洞の深度などのような要因は光重合照射器のランプソケットと複合な樹脂の距離がに増加させる。そのため、ランプソケットと樹脂の距離にはいかにして最大限度に短縮だか?これは設備と臨床訓練にだんだん改善することが必要である。

4.照射時間
臨床で、最大限度に転化率を高めると単体溶出を減少することは固化時間を加えるの通して実現していく。現在で、市場の複合樹脂の説明書には、照射時間が20~40sにあるときに、溶出する物質の数量を減少するできるだけ。実は、光重合照射器のメーカーは往々「理想病例」にもとづいて、照射時間をすすめる。しかし、臨床な場合の複雑性に無視して、メーカーの照射時間は単一で実際より短いべきだ。照射時間は推薦時間の10~20sを超えば、樹脂のマイクロ硬度と単体転化率に積極的に影響する。照射時間は2.6sと5.7sでは標準が達できないだけでなく、10sを超えると47%の以上の単体転化率が得られる。それによって、照射時間と推薦値を参考するのはほかに、具体的な臨床場合を考えるべきで、樹脂が不完全に固化されない。

5.固化模式
光重合照射器の常用な固化模式は軟起動模式、連続式模式や踏段式模式やパルク遅延式模式やハイライト模式などがある。固化過程中で、樹脂単体が互いに反応して、分子とともに密集に堆積し、最後で複雑的な長い重合チェーンを形成している。これは樹脂の総体積が小さくなって、重合収縮が生じることも樹脂材料の主な欠点である。重合する段階でゲル点があるので、複合な樹脂は粘着性な流体として、プレゲル段階で部分な張力が放出できて、ゲル点のあとで硬い状態を転化していて、充分な流動性がなくて張力を放出する。
軟起動模式はまず低照射強度でしばらく(5s)照射し、次に、高照射強度で照射していることに表示される。こんな方式はプレゲル時間によって、一層張力を放出して、単体の転化の速度と重合から引き起こす収縮応力を下げて、ゲル点に到着する時間から緩められて、十分な時間で樹脂そのもの流動性を利用して重合反応で体積収縮を償う。

出典: 光重合照射器の光源と作用特性

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:29 | コメントをどうぞ

自分で出来る歯周病の治療法と予防法

日本人中高年者の約9割が歯周病(歯槽膿漏)に罹っていると言われています。さらには、歯周病(歯槽膿漏)には縁のなさそうな10代〜20代若者の約6割の人が、もう既に歯周病(歯槽膿漏)の予備軍である歯肉炎になっていると言われています。超音波スケーラーは大事です。

この歯周病(歯槽膿漏)は厄介なことに自覚症状がほとんどなく、また進行が遅いため症状が軽く気が付かずにそのまま放置しがちになっています。しかも、そのまま長期間にわたって放置しておくと、歯の土台である歯槽骨がボロボロになってしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)の末期になってしまった歯はグラグラになり、食べ物をかむ時に痛みを感じるようになります。そして、最終的には食事も満足にできなくなってしまい、抜歯しなくてはならなくなってしまうのです。これが歯周病(歯槽膿漏)は自覚症状の無い「静かなる病気」と呼ばれて恐れられている所以です。

さらには、歯周病(歯槽膿漏)は多くの人々から抜歯という最悪の事態を余儀なくし、食事の喜びと味覚を奪ってしまうだけでなく、からだの様々な臓器に悪影響を与えてしまいます。歯周病(歯槽膿漏)の症状が無い、もしくは症状が軽いからといって軽視していると、最後には取り返しのつかないことになってしまう実に怖い病気なのです。

歯槽膿漏は治らないと思われて、あきらめられている方も多いのではないでしょうか?歯槽膿漏も適切な診断と総合的な治療をすれば、実はかなりお口の状態を良くする事が可能なのです。 また、元々体内にいる有益な菌の乳酸菌LS1を増やして歯槽膿漏、歯周病を予防するプロバイオティクスという方法、糖尿病などの生活習慣病や全身状態を改善し、全身の免疫力を高めて、歯周病、歯槽膿漏の改善や予防をする全身管理による歯科治療なども注目され始めています。

根管長測定はとても大事です。 パーフェクトペリオは、口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に殺菌(溶菌)することが出来る殺菌水です。溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、歯槽膿漏、歯周病治療の全く新しい治療法として、今注目されています。歯周病(歯槽膿漏)はその原因である歯周病菌の進行程度によって分類されます。歯周病は歯周病菌による歯肉に起こる炎症の総称ですが、一般的に軽度の歯周病を歯肉炎と呼び、中等度〜重度の歯周病で歯茎から膿が出る状態を歯槽膿漏と呼んでいるようです。歯肉炎から始まり最終的に歯を失う病気ですが、実は、ただ単に歯を失うだけの病気ではないのです。からだの各器官に悪影響を与え、様々な病気の原因となるのです。歯周病(歯槽膿漏)の予防は歯だけの問題ではないのです。

歯周病(歯槽膿漏)の治療には、早期発見とバランスの取れた食生活、禁煙や運動などの生活習慣の改善、そして噛み合せ治療と口腔清掃が大切です。できるだけ歯石の原因を取り除き、歯石が付着しない環境にすることが重要です。

治療方法は早期発見できるというのはもちろん、バランスのとれた食生活禁煙、運動などの生活習慣の改善、そしてかみ合わせの治療口の中の清掃が大切です。

できるだけ歯石の原因を取り除くき、歯石が付着しない環境にすることが重要な治療方法ということいなります。最後になりましたが歯周病、歯槽膿漏の疑いがあるなと思う方は念の為にも歯医者へいくなり生活を正しくするように心がけましょう、もちろん歯磨きはかかせません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 13:07 | コメントをどうぞ

矯正歯科

矯正装置なしでも歯並び・噛み合わせを改善  (歯科説明·実習用模型)

矯正治療とは、悪い歯並びやかみ合わせをきちんと噛み合うようにして、キレイな歯並びにする治療です。

悪い歯並びやかみ合わせが悪いままでいると、歯の寿命を縮め、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。 またひどい場合には顎の関節が痛くなりやすくなり、はっきりとした発音が難しくなってしまうこともあります。

一般的な矯正治療のイメージは「固定式の矯正装置(ブラケット)を使い、歯を動かす」というものではないでしょうか? このようなイメージから矯正治療の開始が遅れてしまうことがあります。

ですが本来ならそのような矯正装置なしでも改善できる簡単な症例もあります。

なぜ歯並び・噛み合わせが悪くなるのか?

歯並び・かみ合わせの異常は、様々な理由によるものです。 特に重要な原因は悪しき生活習慣による舌と唇の機能異常です。

・指しゃぶり

・口呼吸

・舌の癖

・生活習慣

・食生活の習慣

・ほおづえ

噛み合わせをよくし、キレイな歯並びにするために、当院では生活習慣の指導やMFT(口腔周囲の筋機能訓練)を主体として矯正を実施しています。

MFT「舌癖トレーニング」

MFT(舌癖トレーニング)は、舌、唇および顔面の筋肉を強化して、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。 悪い歯並びやかみ合わせの原因である間違った舌の使い方の癖を訓練することで正しい舌の使い方にし、歯並びや噛み合わせを改善します。 このトレーニングを続けると、姿勢もよくなり、風邪を引きにくいカラダにもなります。

長年にわたってついた舌癖を改善し正しい舌の使い方が自然にできるようになるまでには、早くて半年かかります。 はじめは2週間に1回の来院で、状態を見ながら1~3ヶ月ごとの来院へ移行していきます。

※期間は患者様により異なります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:51 | コメントをどうぞ

エナメル質形成不全を削らないホワイトスポット治療オーラループ

エナメル質形成不全は、乳歯から永久歯に生え変わる前に、永久歯が歯茎の中で作られる段階で、なんらかの原因により、エナメル質が完全にできず、そのまま永久歯が生え変わってしまった状態の事です。

エナメル質形成不全によるホワイトスポットは、初期虫歯が原因のホワイトスポットが、エナメル質の表面で起こっているのとは違い、エナメル質の内部でホワイトスポットが発生しているので、治療方が異なります。(歯科診療ユニット)

オーラループは、私達の体の中にもともと存在する三リン酸5Na(ポリリン酸)を主成分にした塗り薬ですが、ポリリン酸の組織を再生させる効果によって、エナメル質形成不全になっているエナメル質を再生させる効果があります。(超音波スケーラー )

オーラループでのエナメル質形成不全のホワイトスポット治療は、オーラループを歯に浸透させるために、事前にプラズマレーザーで歯質強化改善処置を行います。

歯の歯質強化処置を行った歯面は、通常の歯面の約6倍、薬剤がエナメル質内部に浸透するようになります。

この後、オーラループをイオン導入してから、マウスピースにオーラループを入れて就寝する処置を繰り返し、エナメル質内部のエナメル質形成不全部分のエナメル質を徐々に再生させます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:33 | コメントをどうぞ

根管診療の流れ

1.術前にX線写真を撮る
根管診療中で、根管診療術前にX線診断照射撮影装置でX線画像を撮ることは、医者の診断に役立ち、髄室の位置と根管数目及び形態を知り、根管操作長さを測量し、今後再診と評価効果ために対比の証拠を提供することができる。

2.髄腔を開く
歯科用ハンドピースで腐食物と充填物を洗浄し、髄腔の底部を清潔し、まるの髄腔の底部解剖仕組みを見えてうまく診療ができる。

3.根管の長さを確認する
x線から平行に照射される方法によって、根管長測定器で根管長さを確認し、またはファイルを挿入してx線が画像を撮る。

4.根管予備
根管清浄の原因は根管管壁の中で感染物を清浄する。根管機械を通して、感染されるエナメル質を切削すると根管管壁の細菌を除去し、根管充填をすることに役立つ。

5.根管の洗い流し、消毒
根管の洗い流しの目的は微生物を除去し、残渣を流し、根管機械を潤滑すると有機な残渣を熔解し、次に根管を消毒している。

6.根管充填
すべての根管システム密封することはできるだけ主根管と側副根管出口を詰め、微生物と液体のリークを防止する。側方加圧法であれ垂直加圧法であれ、根管充填を密封すべきだ。根管充填を終わったら、x線画像に根管隙間がなく、根尖孔も超えない。

7. 根管土台の築造
歯体はひどい欠損があるので、歯の強さが大幅に下降し、咀嚼の力をよく受けない。土台の目的は歯面の充填物また歯冠の安定性を高めることができる。

8.歯体に修復を完成する
X線画像は根管充填に表示されてから暫時また永久性な歯体修復をし、歯冠をつけ、悪い歯を保護している。ここまで、根管診療が終わった。同時に診療のあとで、再診ために、x線画像を撮ることが必要があり、周期は3ヶ月、半年、1年、2年またより長い。
出典:根管診療の流れ

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:02 | コメントをどうぞ

生涯、健康で美しい歯を維持する必須条件、実は「舌」にあり!

いい歯の状態を保つことは、全身の健康や見た目の若々しさにも直結する。でも、50代からは体のほかの部分と同様に、歯をはじめ口腔内の環境や機能も変化し始める。この変化を見過ごさず、早めに対処することが肝心だ。大切な必須ポイントを、日本顕微鏡歯科学会認定医の山口義徳さんに教えてもらった。(超音波スケーラー 

実は私たちは、1日600~2000回も無意識に飲み込む動作、いわゆる嚥下をしている。「この嚥下は、かみ砕く歯の力、飲み込むための喉の力と合わせて、舌の力も重要です。ですが、日常生活で無意識に口呼吸で歯の間から舌が出ていたり、飲み込むときに舌を突き出して歯を押す癖がある人もいます。こういった舌癖がある人は、舌が口の中の低い位置にあることが多く、唇や頬の筋肉が弱いといった特徴があります。(口腔内カメラ

さらに、飲み込むたびに歯を舌で押しがちになります。この無意識の動作が、出っ歯や歯に隙間ができるなど、上下の歯のかみ合わせを悪くする原因になってしまうのです」

かみ合わせが悪いと、一部分にだけ圧がかかるため、虫歯や歯が欠けるなどの劣化も起こりやすくなる。また、「40代後半からは舌の筋力も低下するので、舌力の強化は習慣化したほうがいい」と山口先生は話します。

「私のクリニックでは、舌トレーニングのプログラムも治療に組み込んでいます。高齢者の死因のひとつでもある肺炎は、この嚥下低下による誤嚥(ごえん) によるもの。40~50代であれば十分に舌力や舌癖を改善することは可能です」
ということで、毎日簡単にできるエクササイズを山口先生に教えてもらいました。

●気づいたときにいつでもできるエクササイズ
口に水を含み、上向きに口を大きく開いて、ガラガラとうがいする。そのあと水を吐き出さず、5~10秒止めてから吐き出します。

生涯、健康で美しい歯を維持する必須条件、実は「舌」にあり!
舌の先を使って、ゆっくりと上唇の右の口角から左の口角までなぞる。ゆっくり10往復を、1日1回だけです。

●ベーシックエクササイズ
口を開き、舌の先を使って、ゆっくりと上唇の右の口角から左の口角までなぞる。早く動かすとあまり効果がないので、できるだけゆっくりと。10往復を1日1回です。

生涯、健康で美しい歯を維持する必須条件、実は「舌」にあり!
木のスプーンやヘラ、アイスの棒などを口の前で持って、舌先を真っすぐにとがらせて触れ、ゆっくりと押します。

●木のスプーンやヘラ、アイスの棒などを用意し、そのスティックを口の前で持って、舌先を真っすぐにとがらせて触れ、ゆっくりと舌先で押す。1日10回。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:05 | コメントをどうぞ