虫歯の治療

アイコン 削らない

患者さんの大切な歯をできるだけ削らないように心がけて虫歯治療を行っております。
例えば、小さな虫歯治療で、インレー、アンレー等の銀歯の詰め物をつめなければならない場合、歯の削る量が多くなり、健全な歯をより多く削らなければならないため、CR(コンポジットレジンインレー)修復で治療し、最小限の削除量に抑えています。
さらに、必要に応じてスコープ(歯科用拡大鏡)を使い、歯を拡大して治療することで、通常の虫歯治療よりも大幅に時間はかかりますが、歯を削る量を抑えることができます。
アイコン 神経を抜かない
深い虫歯など痛みを伴う症状で神経を抜くことがありますが、神経を抜くことで抜く前よりも歯の寿命が確実に短くなります。そこで、虫歯を残して歯の神経を抜かない治療を当院で歯採用しています。
それは、「ドックスベストセメント療法」と言います。詳しくはドックスベストセメント療法のページを御覧ください(根管長測定器)。

歯を抜かない

hanukanai

精密な根管治療、レーザー治療などを駆使して、大きな虫歯でも極力温存する様にしています。ただし、虫歯が骨の下まで大きく拡がってしまっていた場合など、どうしても歯を抜かなければならない場合があります。その際は、いきなり歯を抜くことなく、事前に症状を説明し、患者様のご了承を得てから抜歯させて頂きますので、ご安心ください。
また、抜いてしまった歯を将来別の歯を失ったときに移植したい人のために、抜歯した歯を冷凍保存する歯の銀行(ティースバンク)という組織が御座います。詳しくは、直接歯の銀行にお問い合わせください。

無痛治療
当院では 万が一、歯を削らなければならなくなった場合や、歯を抜かなければいけなくなった場合に、患者様へのお体への負担を最少にするため、無痛治療を心がけております。
それでも、多少の刺激や違和感、痛みなどを感じてしまう場合もありますが、極力時間をかけ、最新設備(電動浸潤麻酔器や、33G注射針、 歯科用レーザー(NdYAGレーザー) DENICS 等)を使い、極めて痛みの少ない治療を目指します。
歯を抜かなければならないという最悪な事態を避けるためにも、日頃から丁寧な歯磨きを心がけ、定期検診に通い、万が一虫歯ができてしまった場合は、すぐに治療をするようにしましょう。


カテゴリー: 虫歯 | 投稿者makproejet 12:50 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">