日別アーカイブ: 2017年5月22日

よく噛むと、成人病予防できる

1.栄養バランスを整える

よく噛むと食べ過ぎを防げます。食べ過ぎは胃腸の調子を悪くし、脂肪や糖分の過剰摂取になりがちです。また、体に老廃物がたまり、疲れやすくなるでしょう。体を動かす気力がうすれ、運動不足になります。この悪循環は、「よく噛まない」ことから始まるのです。(ホワイトニング照射器

timg (24)

2.血糖値を下げる

よく噛むと、食べるスピードがゆっくりになるため、血糖値もゆっくりと上昇します。そのため、血糖値を調整するために必要なインシュリンも適度にでてくるのです。しかし、急いで食べるなら、インシュリンが急いで分泌されるため、インシュリンの生成が間に合いません。そして、インシュリンが十分ではないと、血糖値があがったままになり、糖尿病を誘発するのです。(歯科ツール

3.ガン予防にもなる

しっかり噛むと唾液が多くでます。唾液に含まれている酵素には、発がん性物質を出す作業があるのです。唾液の殺菌力は強いため、体によくない物質への、いわば「毒消し」作用も期待できます。ですから、体調の悪いときこそ、たくさん噛みましょう。体調の早い回復も期待できます。

カテゴリー: 噛む | 投稿者makproejet 15:13 | コメントをどうぞ