知覚過敏が原因で歯がしみる場合

1.知覚過敏の症状とは

歯がしみる症状は知覚過敏の特徴です。歯茎が下がり、歯の神経に近い根元が出てしまうため、神経が過敏に反応しています。冷たいものを口にしたとき、一瞬歯がしみるのなら、知覚過敏になっている可能性が高いのです。(歯科用無影灯

2.しみる場所

知覚過敏の場合、しみる場所は歯の根元です。歯ではなく歯茎付近の神経が過敏に反応している症状と思ってください。どの場所がしみるのか、確認するといいでしょう。

3.痛みの具体的な症状

冷たいものを口にする・歯磨きをするときなどに歯がしみます。また、食べるときや歯同士がぶつかり合うときに痛みを感じることもあるのです。知覚過敏による痛みは、神経に強い刺激を与えている証拠でしょう。一瞬痛みを感じる・ジンジンとした痛みを長く感じるということもあります。

file_1404176276

4.しみる以外の症状とは

一時的にしみる・痛みが起こる以外にも、かみ合わせが悪くなるなどの症状が起きます。歯ぎしりや食いしばりが知覚過敏の原因でもあるため、自然と上下の歯が欠けてしまうのです。しみる以外にも出ている症状を確認してください。(コントラアングル

5.主な原因

知覚過敏の主な原因は以下のとおりです。

歯磨きの仕方が悪い
アルコールの過剰摂取や荒れた食生活
歯ぎしり・食いしばり
歯並びの悪さ
歯周病による歯茎の後退
加齢

6.主な治療・対処法

知覚過敏は象牙細管(ぞうげさいかん)が開いてしまうことで起こる症状です。象牙細管(ぞうげさいかん)とは、歯の象牙(ぞうげ)質全体にある細い管を指しています。そのため、歯医者で治療を行う場合は、専用の接着剤で象牙細管(ぞうげさいかん)の穴を封鎖するのです。また、痛みを伴う場合は消炎鎮痛剤を使用することもあります。対処法としては、歯のしみを防ぐ歯磨き粉を使う・唾液の分泌量を増やす方法が挙げられるでしょう。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 15:27 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">