歯槽膿漏の臭い

臭いの原因は「歯周ポケット」のプラーク

歯槽膿漏がどうして強烈な臭いを発するのか? それは、歯と歯茎の間にできた歯周ポケットにプラークがたまっていることが原因です。このたまったプラークにより歯周ポケットが「4ミリ以上」深くなると、細菌が増殖して臭いを発するようになります。(超音波洗浄器

u=2905413454,1596466380&fm=27&gp=0

「膿」が強烈な臭いを発する

また、歯槽膿漏は、歯を支えている「歯槽骨(しそうこつ)」が溶けてしまう病気です。これに伴い、歯茎が退縮してしまって「膿」まで出てくるようになると、その膿が強烈な臭いの元となります。

臭いの対策には“丁寧な歯磨き”を心掛ける

臭いの対策として自分自身ができることは、まず丁寧な歯磨きを心掛けることです。毛先が細い柔らかい歯ブラシを使って、歯周ポケットのプラークを除去していきましょう。その際、歯と歯茎の境目を「45度」の角度で、「1箇所20回程度」を目安に軽く磨いてみてください。(ハンドスケーラー

 


カテゴリー: 歯周内科 | 投稿者makproejet 16:17 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">