高圧蒸気滅菌器オートクレーブについてーー歯科医師のシェアから

毎日歯科医師は器械と材料を向ける場合が多い。特別に器械には使った後で消毒し滅菌しなければならない。そうすれば、重複に使われる。私は看護師に使った器械がまず洗浄して、拭って、使い捨て滅菌袋を入れて、密封して、滅菌器を入れて、滅菌をしている。滅菌を終わった後は、温度を下げる常温にまで消毒の記録を書き、消毒して滅菌したものは固定的な位置を置くというを要求している。

わずか言葉で滅菌のを教えた。でも、その過程はある細部は気をつければならない。器械を細心に洗浄して、特に、エメリサンド歯科用バーの表面付きお汚れを洗浄しにくいから、超音波洗浄器と洗浄する。セメント粉末充填剤の末端、薬を送る注射器、拡大注射器などの器械は汚染されやすくて、細心に洗浄すべきだ。

超音波洗浄器で器械を洗浄したら、鋭く精密な器械と器械お互いに衝突することを防んで、無意義な損失をもたらすために、プラスチック棚を入れる。タービンハンドピースは高温のもとで滅菌する前に洗浄潤滑油で洗浄して、潤滑をしておく。そうなければ、ベアリングのは早めに損なわれる。

歯科用バーには常に曲がりかどうかを検査している。方法は一見る二聞く三感じる。

見る:食指で歯科用バーの柄を握って、視線と歯科用バーは一致を保つ。歯科用バーが30度から60度までを回して、曲がりがどうかを観察して、曲がりがあれば、直接に捨てる。

聞く:試験棒にハンドピースを差し込んで、冷却水を閉めて、フットスイッチを踏んで、細心に回転している声を聞く。そして、この声を覚えてください。試験棒を取って、検査しておく歯科用バーを差し込んで、フットスイッチを踏むと、細心に回転している声を聞んて、この声はその声より鋭くたら、肉眼で見えない曲がりと変形を出し、また歯科用バーの枢軸はずれを説明している。直接に捨てる。

感じる:試験棒にハンドピースを差し込んで、冷却水を閉めて、フットスイッチを踏んで、手で回転している振動を感じって、この感覚を覚えてください。試験棒を取って、検査しておく歯科用バーを差し込んで、フットスイッチを踏むと、細心に回転している振動を感じる、この振動はその振動より鋭くたら、肉眼で見えない曲がりと変形を出し、また歯科用バーの枢軸はずれを説明している。直接に捨てる。試験棒を差し込んだら、タービンハンドピースを回転して、振動と鋭い声が出して、ベアリングに損なわれるかもしれない。早速ベアリングを換える。

滅菌器へ蒸留水を入れるべき、ほかの液体が代替できない。そうしないと、蒸気発生器及び相関管路を損なう。定期に滅菌器水箱を洗浄して、エンドトキシンを出しない。消毒物品を包装しておき、金属棚に並べる時押し合わなくて、蒸気の入れを妨げるまた真空排気が悪い。

プラスチック製品とタービンハンドピースは滅菌器炉と距離を保って、熱すぎるから損害をもたらすことを避ける。色々なものによって、対応な滅菌温度とプラスチック製品を選んでいるのは121度を超えなかったほうがいい。滅菌を終わった、すぐに正確に消毒を記録し、検査に用いる。消毒したものは固定な位置を置んて、二度に使って、便利にもなる。

文章ソース  高圧蒸気滅菌器オートクレーブについてーー歯科医師のシェアから 


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:42 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">