日別アーカイブ: 2019年8月19日

親知らずを抜いたほうがいいケース / 抜かなくてもいいケース

虫歯や歯周病が起こっている親知らずでも、軽度の場合は通常の虫歯治療や歯周治療で症状が和らぐこともあります。ただし、以下のようなケースは、抜歯が勧められます。

(虫歯診断装置

⚫抜歯が必要なケース
1.親知らずの生え方が悪く、虫歯や歯周病になっている

親知らずが中途半端に生えていたり、斜めになって生えていたりすることが原因で虫歯・歯周病の症状が見られる場合、応急処置をしても虫歯や歯周病を繰り返すことが多いので抜歯が推奨されます。

2.歯列矯正をする予定がある

歯列矯正をする予定がある場合・した場合も、親知らずは抜いたほうが良いと言えます。親知らずは、矯正戻りの原因となりやすいからです。

⚫抜かなくてもいいケース
親知らずがまっすぐ生えて正常に機能している場合、虫歯や歯周病にならなさそうな場合、完全に歯肉の中に埋まっている場合などは、あえて抜く必要はありません。必ずしも抜歯が推奨される訳ではないのです。

また、最近は虫歯や歯周病などで失くした歯の代わりに親知らずを移植するという治療法もあるため、「親知らずをあえて保存しておく」という選択肢もあります。

親知らずは、必ずしも抜かなければならないものではありません。しかし親知らずが原因で、重度の虫歯や歯周病を引き起こす可能性があると考えておいたほうが良いでしょう。

また、こういった口腔内トラブルを防ぐためには、日頃からのケアが大切です。ヘッドの小さな歯ブラシを使って親知らずをしっかり歯磨きすることを心がけてください。自分でとりきれない歯垢は、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらうのも良いでしょう。

歯面清掃用ハンドピース

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:20 | コメントをどうぞ

タービンハンドピースをメンテナンスする3つの誤解について

タービンハンドピースをメンテナンスする誤解一

問題:どこが問題があれば換えるほうがいい?

タービンハンドピースの構造は極精密だから、特にムーブメント、単独な部品を換えない。厳しく言えば、ムーブメントを着脱するたびに、一定的な硬い傷をもたらす。なお、現在ではメンテナンスの工具の精密度はほとんどよくない。同心度、角度などの組み立てはよい効果を達しにくい。ベアリングを換えるのはむしろすべてのムーブメントを換え、簡単で速く、効果がよく、コストが高くない。
タービンハンドピースをメンテナンスする誤解二

問題:ベストなベアリングはベストな効果を発揮しているか?

以上のような同じだ。ムーブメントを着脱するたびに、一定的な硬い傷をもたらす。もう1つの軽んじされる問題はターバンハンドピースから損なわれる時に、ベアリングを除いて、ほかの部品もある程度を磨損されて、世界ではベストなベアリングを換えても、その効果はやはりムーブメント全体の良好さを決める。だから、メンテナンスでは、中等なベアリングを選ぶほうがいい。ベストなベアリングでメンテナンスしても、浪費だ。
タービンハンドピースをメンテナンスする誤解三

問題:自分でメンテナンスなら、お金と時間が節約できる?

自分でメンテナンスなら、まず自分は部品や工具を買わなければならない。タービンハンドピースのブライトによって、メンテナンスの部品と工具も異なる。このような費用は丁寧に計算してみると、採算が取れないかもしれない。

もしあなた暇があって、タービンハンドピースという副業を研究すれば、どうしてあなたの正業がうまくいかなくて、臨床な研究に時間をかかって、医学技術のトレーニングを高めて、毎例病患に精錬するということがきちんと検討すべきだ。歯科医師として、タービンハンドピースを研究することは必要がない。
文章ソース タービンハンドピースをメンテナンスする3つの誤解について

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 12:22 | コメントをどうぞ