日別アーカイブ: 2019年8月30日

2種類のホワイトニングシステムを導入

●ハロゲン照射ホワイトニング
世界的にも活用される「ハロゲン照射ホワイトニング」は低温度のハロゲン照射なので神経に対する影響が少なく、痛みを感じにくい治療法です。(ホワイトニング照射器

●ポリリン酸ホワイトニング
現在はハロゲン照射ホワイトニングよりも、ポリリン酸ホワイトニングを行うことが多くなってきています。ポリリン酸ナトリウムという薬品を使用しており、ホワイトニングの効果と同時に歯の汚れを落とし、ステインや歯石がつくことを防止してくれる優れものです。
短時間の施術で、白くなりやすく、ハロゲン照射ホワイトニングと同様に痛みを感じることのないのが特徴です。

■ポリリン酸ホワイトニングの長所

  1. 安全性への配慮
  2. 痛みを感じることが少ない
  3. 自然で美しい白さに仕上がる
  4. 短時間で済む
  5. ポリリンコーティングにより歯の表面が強化され着色しづらくなる
  6. ホワイトニング直後でも食事制限の必要がない

※回数や施術方法、歯の状態によって個人差があります。

ただし重度の歯周病の方の場合にはポリリン酸ホワイトニングの場合にはしみることがあるので口腔内の状況によって適切な方法を選択します。(ホワイトニング機器

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 18:51 | コメントをどうぞ

口腔カメラの作用がなんですか?

近年以來、口腔の発生率がますます高くなる。人々がベストな医療体験を持っているため、歯科医者はより正確に口腔組織の病変を発見しなければならない。疾病を知っているために、口腔カメラが主要な口腔病院では常用な存在であれ、大型な歯科病院にも使われでも、口腔カメラの具体的な作用は知っているか?

1.口腔カメラは何だか?
専門なカメラのレンズ(探触子を観察する)の配置によって、輸入源を延ばし、自主源で照射し、口腔の細部を取り入れ、イメージセンサーでイメージを撮る。イメージは明らかに電子スクリーンで拡大に表示される。

口腔カメラはソフトウェアとイメージ、文字及びX線画像読取装置でほかの情報をアーカイブしておく、電子カルテを形成する。訪問し使用し質問をすることが便利になり、例えば、学術報告のようになる。

2.口腔カメラは何を検査しているか?
口腔カメラはから見ると肉眼で検査できないものは、例えば、歯周テープ、歯組織の病変、完整な検査、靭帯、頬、歯茎の粘膜の検査、唇と頬の溝、唇と頬の帯などがある。
3.口腔カメラで検査するどの作用を発揮する?
口腔カメラで検査することは口腔検査と診療が新しい模式をもたらす。
クライアントの前に隠れるいくつかシーンから表示される。医者の説明と専業な知識ではなくても、クライアントも厳しい場合を知って、診療を遅延しない場合のしたで、治癒の希望を高める。
医者には、正確で直観な画像を利用して、正確に病状が査定できて、適切に診断と診療ができる。
4.歯科口腔カメラで検査はいくらですか?
検査費用には、各病院が少し異なる。一般的に200~300円だろう。
口腔疾病には、初期に発見し診療してきる。そうすれば、損傷が小さく、コストも低い。

文章ソース  口腔カメラの作用がなんですか?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:25 | コメントをどうぞ