根管診療の流れ

1.術前にX線写真を撮る
根管診療中で、根管診療術前にX線診断照射撮影装置でX線画像を撮ることは、医者の診断に役立ち、髄室の位置と根管数目及び形態を知り、根管操作長さを測量し、今後再診と評価効果ために対比の証拠を提供することができる。

2.髄腔を開く
歯科用ハンドピースで腐食物と充填物を洗浄し、髄腔の底部を清潔し、まるの髄腔の底部解剖仕組みを見えてうまく診療ができる。

3.根管の長さを確認する
x線から平行に照射される方法によって、根管長測定器で根管長さを確認し、またはファイルを挿入してx線が画像を撮る。

4.根管予備
根管清浄の原因は根管管壁の中で感染物を清浄する。根管機械を通して、感染されるエナメル質を切削すると根管管壁の細菌を除去し、根管充填をすることに役立つ。

5.根管の洗い流し、消毒
根管の洗い流しの目的は微生物を除去し、残渣を流し、根管機械を潤滑すると有機な残渣を熔解し、次に根管を消毒している。

6.根管充填
すべての根管システム密封することはできるだけ主根管と側副根管出口を詰め、微生物と液体のリークを防止する。側方加圧法であれ垂直加圧法であれ、根管充填を密封すべきだ。根管充填を終わったら、x線画像に根管隙間がなく、根尖孔も超えない。

7. 根管土台の築造
歯体はひどい欠損があるので、歯の強さが大幅に下降し、咀嚼の力をよく受けない。土台の目的は歯面の充填物また歯冠の安定性を高めることができる。

8.歯体に修復を完成する
X線画像は根管充填に表示されてから暫時また永久性な歯体修復をし、歯冠をつけ、悪い歯を保護している。ここまで、根管診療が終わった。同時に診療のあとで、再診ために、x線画像を撮ることが必要があり、周期は3ヶ月、半年、1年、2年またより長い。
出典:根管診療の流れ


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:02 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">