月別アーカイブ: 2019年11月

自分で出来る歯周病の治療法と予防法

日本人中高年者の約9割が歯周病(歯槽膿漏)に罹っていると言われています。さらには、歯周病(歯槽膿漏)には縁のなさそうな10代〜20代若者の約6割の人が、もう既に歯周病(歯槽膿漏)の予備軍である歯肉炎になっていると言われています。超音波スケーラーは大事です。

この歯周病(歯槽膿漏)は厄介なことに自覚症状がほとんどなく、また進行が遅いため症状が軽く気が付かずにそのまま放置しがちになっています。しかも、そのまま長期間にわたって放置しておくと、歯の土台である歯槽骨がボロボロになってしまいます。

歯周病(歯槽膿漏)の末期になってしまった歯はグラグラになり、食べ物をかむ時に痛みを感じるようになります。そして、最終的には食事も満足にできなくなってしまい、抜歯しなくてはならなくなってしまうのです。これが歯周病(歯槽膿漏)は自覚症状の無い「静かなる病気」と呼ばれて恐れられている所以です。

さらには、歯周病(歯槽膿漏)は多くの人々から抜歯という最悪の事態を余儀なくし、食事の喜びと味覚を奪ってしまうだけでなく、からだの様々な臓器に悪影響を与えてしまいます。歯周病(歯槽膿漏)の症状が無い、もしくは症状が軽いからといって軽視していると、最後には取り返しのつかないことになってしまう実に怖い病気なのです。

歯槽膿漏は治らないと思われて、あきらめられている方も多いのではないでしょうか?歯槽膿漏も適切な診断と総合的な治療をすれば、実はかなりお口の状態を良くする事が可能なのです。 また、元々体内にいる有益な菌の乳酸菌LS1を増やして歯槽膿漏、歯周病を予防するプロバイオティクスという方法、糖尿病などの生活習慣病や全身状態を改善し、全身の免疫力を高めて、歯周病、歯槽膿漏の改善や予防をする全身管理による歯科治療なども注目され始めています。

根管長測定はとても大事です。 パーフェクトペリオは、口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に殺菌(溶菌)することが出来る殺菌水です。溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、歯槽膿漏、歯周病治療の全く新しい治療法として、今注目されています。歯周病(歯槽膿漏)はその原因である歯周病菌の進行程度によって分類されます。歯周病は歯周病菌による歯肉に起こる炎症の総称ですが、一般的に軽度の歯周病を歯肉炎と呼び、中等度〜重度の歯周病で歯茎から膿が出る状態を歯槽膿漏と呼んでいるようです。歯肉炎から始まり最終的に歯を失う病気ですが、実は、ただ単に歯を失うだけの病気ではないのです。からだの各器官に悪影響を与え、様々な病気の原因となるのです。歯周病(歯槽膿漏)の予防は歯だけの問題ではないのです。

歯周病(歯槽膿漏)の治療には、早期発見とバランスの取れた食生活、禁煙や運動などの生活習慣の改善、そして噛み合せ治療と口腔清掃が大切です。できるだけ歯石の原因を取り除き、歯石が付着しない環境にすることが重要です。

治療方法は早期発見できるというのはもちろん、バランスのとれた食生活禁煙、運動などの生活習慣の改善、そしてかみ合わせの治療口の中の清掃が大切です。

できるだけ歯石の原因を取り除くき、歯石が付着しない環境にすることが重要な治療方法ということいなります。最後になりましたが歯周病、歯槽膿漏の疑いがあるなと思う方は念の為にも歯医者へいくなり生活を正しくするように心がけましょう、もちろん歯磨きはかかせません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 13:07 | コメントをどうぞ

矯正歯科

矯正装置なしでも歯並び・噛み合わせを改善  (歯科説明·実習用模型)

矯正治療とは、悪い歯並びやかみ合わせをきちんと噛み合うようにして、キレイな歯並びにする治療です。

悪い歯並びやかみ合わせが悪いままでいると、歯の寿命を縮め、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。 またひどい場合には顎の関節が痛くなりやすくなり、はっきりとした発音が難しくなってしまうこともあります。

一般的な矯正治療のイメージは「固定式の矯正装置(ブラケット)を使い、歯を動かす」というものではないでしょうか? このようなイメージから矯正治療の開始が遅れてしまうことがあります。

ですが本来ならそのような矯正装置なしでも改善できる簡単な症例もあります。

なぜ歯並び・噛み合わせが悪くなるのか?

歯並び・かみ合わせの異常は、様々な理由によるものです。 特に重要な原因は悪しき生活習慣による舌と唇の機能異常です。

・指しゃぶり

・口呼吸

・舌の癖

・生活習慣

・食生活の習慣

・ほおづえ

噛み合わせをよくし、キレイな歯並びにするために、当院では生活習慣の指導やMFT(口腔周囲の筋機能訓練)を主体として矯正を実施しています。

MFT「舌癖トレーニング」

MFT(舌癖トレーニング)は、舌、唇および顔面の筋肉を強化して、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。 悪い歯並びやかみ合わせの原因である間違った舌の使い方の癖を訓練することで正しい舌の使い方にし、歯並びや噛み合わせを改善します。 このトレーニングを続けると、姿勢もよくなり、風邪を引きにくいカラダにもなります。

長年にわたってついた舌癖を改善し正しい舌の使い方が自然にできるようになるまでには、早くて半年かかります。 はじめは2週間に1回の来院で、状態を見ながら1~3ヶ月ごとの来院へ移行していきます。

※期間は患者様により異なります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:51 | コメントをどうぞ