矯正歯科

矯正装置なしでも歯並び・噛み合わせを改善  (歯科説明·実習用模型)

矯正治療とは、悪い歯並びやかみ合わせをきちんと噛み合うようにして、キレイな歯並びにする治療です。

悪い歯並びやかみ合わせが悪いままでいると、歯の寿命を縮め、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。 またひどい場合には顎の関節が痛くなりやすくなり、はっきりとした発音が難しくなってしまうこともあります。

一般的な矯正治療のイメージは「固定式の矯正装置(ブラケット)を使い、歯を動かす」というものではないでしょうか? このようなイメージから矯正治療の開始が遅れてしまうことがあります。

ですが本来ならそのような矯正装置なしでも改善できる簡単な症例もあります。

なぜ歯並び・噛み合わせが悪くなるのか?

歯並び・かみ合わせの異常は、様々な理由によるものです。 特に重要な原因は悪しき生活習慣による舌と唇の機能異常です。

・指しゃぶり

・口呼吸

・舌の癖

・生活習慣

・食生活の習慣

・ほおづえ

噛み合わせをよくし、キレイな歯並びにするために、当院では生活習慣の指導やMFT(口腔周囲の筋機能訓練)を主体として矯正を実施しています。

MFT「舌癖トレーニング」

MFT(舌癖トレーニング)は、舌、唇および顔面の筋肉を強化して、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。 悪い歯並びやかみ合わせの原因である間違った舌の使い方の癖を訓練することで正しい舌の使い方にし、歯並びや噛み合わせを改善します。 このトレーニングを続けると、姿勢もよくなり、風邪を引きにくいカラダにもなります。

長年にわたってついた舌癖を改善し正しい舌の使い方が自然にできるようになるまでには、早くて半年かかります。 はじめは2週間に1回の来院で、状態を見ながら1~3ヶ月ごとの来院へ移行していきます。

※期間は患者様により異なります。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:51 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">