月別アーカイブ: 2019年12月

母乳でもむし歯ができるって本当ですか?

結論から申しますと、母乳でも虫歯になります。
赤ちゃんは、月齢が上がるとともに口の中に少しずつ口腔常在菌と呼ばれる数多くの菌がすみつき始めます。(口腔内カメラ

その中には、※ミュータンス菌 というむし歯の原因菌も存在します。母乳にも乳糖と呼ばれる糖分が含まれていますが、むし歯になる大きな原因ではなさそうです。

むしろ原因は母乳の与えやすさが招く授乳の不規則性にあると考えられています。母乳育児では欲しがる時にいつでも容易に与えることが出来るうえ、授乳にはある程度の時間を必要とします。そのため口の中は、虫歯菌にとって常に好環境な状態が維持されることになりむし歯になる確率が高くなるのです。つまり母乳育児とむし歯は、間接的に大きく関係しているのです。

とはいえ、歯科の立場から母乳育児を否定しているわけでは決してありません。母乳育児は、初期免疫の獲得、母子の心理的関係の確立、吸啜に伴う感覚や運動の学習といったすばらしい役割を担っているからです。

ただし断乳の時期にある子供には特に注意が必要です。断乳の時期前後の子供の口腔内には多数の乳歯が萌出しています。また、砂糖を含むおやつや飲料を摂取するようになっているでしょう。

そうした環境の中で母乳を寝ながら与えたり、夜間に与えたりするのは危険です。
就寝時や夜間は、唾液の分泌量が少なくなり自浄作用の効率が悪くなるので、より一層むし歯になる危険性が高くなるからです。

母乳とむし歯には関連がありますが、母乳育児は発育の大切な過程でもあるのです。
母乳とむし歯の因果関係を把握し、適切な時期での断乳を検討されてはいかがでしょうか?  (歯科治療器具 

※ミュータンス菌…生存するために糖分を分解し、その副産物として酸を産生しこの酸が歯質を溶かし、歯をむし歯にするといわれている。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:46 | コメントをどうぞ

光重合照射器の光源と作用特性

1.照射の強さと均質性
充足といい加減な照射の強さは樹脂単体から十分に転化され、樹脂が理想な物理性能を得る前提である。一般的には、照射の強さが高いほど固化も充分だが、新型歯科LED照射器の照射強さもう5000mW/cm2を超えている。高強度な照射は光源が歯の仕組みを通す光のエネルギーの損失を償うことができる。しかし、照射の強さが高すぎるなら、樹脂の硬さが下がたあげいて、重合に縮むされることを促進して、窩洞と樹脂界面が貼り付くできなく、微滲出を発生している。

2. スペクトルの範囲
カンフルキノンを光始発剤とすることは口腔樹脂材料中で広く応用される。しかし、漂白しにくて有色なグループは樹脂が黄色になり、美観に影響している;峰位に吸収される可視光線の区域(470nm)で、自然光線のもとで快速に重合しているから、医者には操作に約立たない。それに比べると、新型光始発剤のアシルラジカルホスフィン酸化物(TPO)とフェニルケトン(PPD)の色彩安定性がよりよくて、樹脂が黄ばむ現象を避ける。新型光始発剤の吸収波長は380~425nmにあって、主要では紫外光から可視光線まで範囲にある。

光始発剤の光吸収の過程は光化学の反応効率が高められる根本である。だから適切な光重合照射器の選択にはスペクトルの範囲で光始発剤の光吸収スペクトルに覆われることが重要だ。単峰な光重合照射器のスペクトルの範囲は420~490nmである。それはCQの吸収スペクトルに適う。ツィンミネまた広いスペクトルの新型LED光重合照射器(385~515nm)は新型光始発剤に適する。だから、すべての複合な樹脂が青光り(400~490nm)で充分に重合される。

3.照射の距離と作用角度
照射の強度は空気中で照射距離の増加に伴って対数減衰していくため、樹脂表面とランプソケットの距離あるいは傾く角度が大きくなるのに伴って、照射の強度も明らかに下げる、相関な研究テストによって、光重合照射器は樹脂が異なる距離から光のエネルギーに到着される時間が16J/cm2にある。距離が遠いほど到着できる光のエネルギーが少なくて、16J/cm2に達するの時間も長い。実は、光重合照射器のランプソケットは複合な樹脂と直接に接触できることが一番理想な状態であるが、臨床操作中で実現しにくい。歯先の高度、斜度と窩洞の深度などのような要因は光重合照射器のランプソケットと複合な樹脂の距離がに増加させる。そのため、ランプソケットと樹脂の距離にはいかにして最大限度に短縮だか?これは設備と臨床訓練にだんだん改善することが必要である。

4.照射時間
臨床で、最大限度に転化率を高めると単体溶出を減少することは固化時間を加えるの通して実現していく。現在で、市場の複合樹脂の説明書には、照射時間が20~40sにあるときに、溶出する物質の数量を減少するできるだけ。実は、光重合照射器のメーカーは往々「理想病例」にもとづいて、照射時間をすすめる。しかし、臨床な場合の複雑性に無視して、メーカーの照射時間は単一で実際より短いべきだ。照射時間は推薦時間の10~20sを超えば、樹脂のマイクロ硬度と単体転化率に積極的に影響する。照射時間は2.6sと5.7sでは標準が達できないだけでなく、10sを超えると47%の以上の単体転化率が得られる。それによって、照射時間と推薦値を参考するのはほかに、具体的な臨床場合を考えるべきで、樹脂が不完全に固化されない。

5.固化模式
光重合照射器の常用な固化模式は軟起動模式、連続式模式や踏段式模式やパルク遅延式模式やハイライト模式などがある。固化過程中で、樹脂単体が互いに反応して、分子とともに密集に堆積し、最後で複雑的な長い重合チェーンを形成している。これは樹脂の総体積が小さくなって、重合収縮が生じることも樹脂材料の主な欠点である。重合する段階でゲル点があるので、複合な樹脂は粘着性な流体として、プレゲル段階で部分な張力が放出できて、ゲル点のあとで硬い状態を転化していて、充分な流動性がなくて張力を放出する。
軟起動模式はまず低照射強度でしばらく(5s)照射し、次に、高照射強度で照射していることに表示される。こんな方式はプレゲル時間によって、一層張力を放出して、単体の転化の速度と重合から引き起こす収縮応力を下げて、ゲル点に到着する時間から緩められて、十分な時間で樹脂そのもの流動性を利用して重合反応で体積収縮を償う。

出典: 光重合照射器の光源と作用特性

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 16:29 | コメントをどうぞ