日別アーカイブ: 2020年9月17日

歯科用ポータブル診療チェアについて:患者の快適さと歯科医師の姿はどちらが大事なのか?

歯科用ポータブル診療チェアの主要の機能は患者に操作をしやすい位置にある。医者は口腔に入る通路を探すが、長い時間で不便な姿を保つべきでない。歯科用ポータブル診療チェアのデザインは医者の筋肉と骨のようなアーゴノミックスから考えられる、そして、そのリスクが最小になる。同時に、患者には快適に支えることができる。

歯科用ポータブル診療チェアのデザインは操作者の姿に不所存では、患者が快適と感じられて、外形がきれいで、機器のデザインの考え、反復的な労働損害の潜在なリスクが増す。本文は正確な姿勢の原則と重要な歯科用ポータブル診療チェアのデザインの特徴を回顧してましょう。

正確な臨床医者の姿勢:

背部が垂直を保って、曲がらない。

大腿と床の足が水平を保って、尻が重量を与える。

肩と腕を緩めて、もち上げたり伸びたりしない。

重要な歯科用ポータブル診療チェアのデザインの特徴:

狭くて薄い背もたれは医者にかがまなくて、患者へ接近できる。腿が分けてチェアに座って、膝に接触させず、大腿に外に向ける姿勢を保たない。

調整できるヘッドレストが患者の頭とくびに支えられて快適な位置にある。背もたれのしたへ伸びて、医者の膝また腿に触れない。

高度の調整は低い医者に合う高度を降るだけでなくて、立った医者に満足する高度を上げる。

後ろに傾けられる範囲がある。診療している患者は垂直また水平を保つ時に、必要な場合で、失神を診療するために、頭部が胸部より低い位置にある。

ランは幼年から若者患者の肘と上腕を支えることができる。置きやすいために、手と腕の支えは便利なデザインをすべきだ。ランは医者の操作通路を妨げて、脚部が分けすぎるべきでない。

快適なあて布と腰部の支えは患者の体が支えられる。そうすれば、肢体が痛められない。

便利で直接に控えることができる。歯科用ポータブル診療チェアの両側にプログラムができる体位とフットコントロールの機能がある。

信頼できる機器の構造は体型が大きい患者に対して、穏やかな移動の能力がある。

ノブコントロールは台座に固定された歯科用ポータブル診療チェアではより良く設備また診療区域の人に適応できる。

臨床所要の個性化歯科用チェアのオプション機能(例えば:輸送システムや操作ランプや給水や材料や色などを選択して、増やすあて布や加熱器やマッサージや痰壷台座が転がるなどがある。)

調査結果(回答者1378位の人々へ)

歯科医師の姿勢(68%)は患者の快適さ(32%)より重要だ。しかし、この両面は歯科用ポータブル診療チェアの重要な特徴と言える。

18%の回答者は以前の二年間で新しい歯科用ポータブル診療チェアを買った。17%の回答者は未来の一年間で歯科用ポータブル診療チェアを買っておく。

以前の二年間で歯科医師は常にA-dec, Pelton & Crane, Midmark, Belmont,DentalZZ, 和Marusのようなブランドを買った。

ハンドコントロールとフットコントロール付き(48%)歯科用ポータブル診療チェアはハンドコントロール付き(31%)またフットコントロール付き(21%)だけより人気がある。

調整できるヘッドレスト(75%)はリングで上下にスライドするヘッドレスト(25%)より人気がある。

————————————————————————-

dentaltools.jp根管治療機器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者makproejet 17:18 | コメントをどうぞ