カテゴリー別アーカイブ: 虫歯

虫歯にならない食習慣

 だらだらと食べ続ける習慣はNG!

基本的に、食事をすれば虫歯菌の働きも活発になります。酸の材料となる「糖類」が口の中に入ってくるからです。ごはん・パンなどの炭水化物は糖質ですから、「甘いものを食べていない」というのは関係ありません。(歯科 口腔内カメラ

つまり、食後は「虫歯菌によって口の中が酸性になり、エナメル質が溶けだす状況」になるわけです。このようにエナメル質が溶けだす現象を「脱灰(だっかい)」といいます。

しかし、これだけで虫歯になるわけではありません。唾液が分泌されることで口の中が中性に戻るからです。このとき、エナメル質から溶けだした成分は、無事にエナメル質へと戻っていきます。簡単に言えば、歯の表面が再生するわけです。この再生する現象を「再石灰化」と呼んでいます。

CMS_140818165731307_1E_600x400

問題は、「唾液の働きで再石灰化するのは、食事をやめてしばらく経ってから」という事実です。食後の脱灰を修復するためには「何も食べていない時間」が必要になります。だから、一日中だらだらとお菓子を食べ続けていたり、再石灰化する時間も空けずにおやつを口にしたりすれば、歯の修復は不十分になります。結果、脱灰ばかりが進んで、虫歯ができてしまうわけです。(手術用無影灯

虫歯にならない食生活を考える上で大切なのは、「食事の時間を決め、だらだらと食べ続けることはしない」ことです。目安として、食事と間食の間に最低90分は設けるようにしてください。もちろん、90分より長くできるなら、そのほうがベターです。

 就寝前にはものを食べないようにする!

睡眠中、人は唾液の分泌量が少なくなります。つまり、「寝ている間は虫歯菌の働きが活発になり、歯の修復する働きは低下する」ということです。その時間帯に「虫歯菌に糖類を与える」というのは、どう考えてもマイナスになるでしょう。

最低でも、寝る前の30分間は食べ物を摂取しないようにしてください。可能なら、最後の食事から90~120分ほど時間を空けることです。もちろん、寝る前に歯を磨くことも忘れてはいけません。

カテゴリー: 虫歯 | 投稿者makproejet 12:02 | コメントをどうぞ

お子様の虫歯予防

お子様の虫歯予防

人間のお口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。
しかしむし歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には住んでいません。(LED光重合器
様々な研究結果から、むし歯菌は、乳幼児期に主に保育者から感染することがわかっています。
むし歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、その後のむし歯の本数が少ないと言われています。
子供のむし歯予防には、むし歯菌の感染をなるべく遅らせることが大切です。
むし歯菌は唾液を介して子供に感染するため、口移しで子供に食べ物を与えたり、スプーンや箸を共用すると感染の恐れがあります。(歯科用開口器

しかし、お母さんのお口を清潔に保つことで感染はある程度妨げることがわかっています。子供とのスキンシップを絶ってまで感染に対して神経質になることはありません。

カテゴリー: 虫歯 | 投稿者makproejet 13:45 | コメントをどうぞ

虫歯の治療

アイコン 削らない

患者さんの大切な歯をできるだけ削らないように心がけて虫歯治療を行っております。
例えば、小さな虫歯治療で、インレー、アンレー等の銀歯の詰め物をつめなければならない場合、歯の削る量が多くなり、健全な歯をより多く削らなければならないため、CR(コンポジットレジンインレー)修復で治療し、最小限の削除量に抑えています。
さらに、必要に応じてスコープ(歯科用拡大鏡)を使い、歯を拡大して治療することで、通常の虫歯治療よりも大幅に時間はかかりますが、歯を削る量を抑えることができます。
アイコン 神経を抜かない
深い虫歯など痛みを伴う症状で神経を抜くことがありますが、神経を抜くことで抜く前よりも歯の寿命が確実に短くなります。そこで、虫歯を残して歯の神経を抜かない治療を当院で歯採用しています。
それは、「ドックスベストセメント療法」と言います。詳しくはドックスベストセメント療法のページを御覧ください(根管長測定器)。

歯を抜かない

hanukanai

精密な根管治療、レーザー治療などを駆使して、大きな虫歯でも極力温存する様にしています。ただし、虫歯が骨の下まで大きく拡がってしまっていた場合など、どうしても歯を抜かなければならない場合があります。その際は、いきなり歯を抜くことなく、事前に症状を説明し、患者様のご了承を得てから抜歯させて頂きますので、ご安心ください。
また、抜いてしまった歯を将来別の歯を失ったときに移植したい人のために、抜歯した歯を冷凍保存する歯の銀行(ティースバンク)という組織が御座います。詳しくは、直接歯の銀行にお問い合わせください。

無痛治療
当院では 万が一、歯を削らなければならなくなった場合や、歯を抜かなければいけなくなった場合に、患者様へのお体への負担を最少にするため、無痛治療を心がけております。
それでも、多少の刺激や違和感、痛みなどを感じてしまう場合もありますが、極力時間をかけ、最新設備(電動浸潤麻酔器や、33G注射針、 歯科用レーザー(NdYAGレーザー) DENICS 等)を使い、極めて痛みの少ない治療を目指します。
歯を抜かなければならないという最悪な事態を避けるためにも、日頃から丁寧な歯磨きを心がけ、定期検診に通い、万が一虫歯ができてしまった場合は、すぐに治療をするようにしましょう。

カテゴリー: 虫歯 | 投稿者makproejet 12:50 | コメントをどうぞ