トミーテニス塾

5月17日(水)は毎月恒例

トミーインドアスクールで、「松原コーチのテニス塾」

今回は1,2時間目がフォアハンド

3時間目がスマッシュとサーブだった

CIMG4217

参加者は男女3人づつで、計6人

半分女性というのは初めて鴨  ひよこ

フォアハンドは何といっても構え方

ほとんどの人が

インパクトの形より

構えた形の方が、ラケットヘッドが上がっている

つまり、手首の形が違うわけ

それと薄めのグリップの人は特に手首を固め

滑かな振り出しが必要

さらに、今回特に強調したのが

力の入れる方向と振り切り先

 

2時間目はワイパースウィングの習得から

これ自体が力の方向の話なので

うんとこだわった

 

皆さんかなり安定してきたようだ

 

3時間目はスマッシュのテンポ感

「ゆうっくりスウィング」 から始まり

ジャンピングスマッシュへ

身体を使いすぎないよう

いや、一切使わないつもりで振ってもらい

女性の皆さんんも鋭い当たりになった

 

そのスウィングをサーブへ

CIMG4217

そして後半はスピンのかけ方を

回転がないと

セカンドサーブの質がなかなかよくならないからだ

 

まずまず

皆さんの満足度、高めにいただけたと思う

 

さて次回のテニス塾は、6月14日(水)

6月29日(木) のコーチ研修会

ぜひ、是非、ゼヒ

生の松原コーチを見て聞いて

プロの打ち方、易しい打ち方を感じてもらいたい。  テニス

 

 


カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 21:02 | 2件のコメント

コメント(2)

  1. 松原コーチいつもお世話になっております。

    バックハンドについてご教授ください。

    手首をしっかりして、角度をキープ。
    手首を体から離した遠い位置にセット。
    右足の踏み込み。
    左足ふくらはぎにこするくらいの気持ちで上下動スイング。
    軽く腰の動きを合わせる。(使いすぎない)
    手首をこねずにしっかり角度を維持してインパクト。

    このときに、振りずらいことがあり、ちょっと考えたのですが、
    ふくらはぎに落としていく際に、いつのまにか左手が邪魔していて、手首の角度が崩れていたのかも。

    なので、打球方向に対して頭の(体の)真後ろを通るようなイメージで手首の角度を保ち振り出すのは、的を得ていますでしょうか。

    少し振り易くなりタイミングが合わせやすくなるのと、ヘッドスピードが稼げるので、回転もかかり安定したかなと、思ったところで練習時間が終了し、1カ月ほど忙しくなりまともな練習ができなくなるため、この感覚が正しいものかいまいち自信がありません。

    ご質問のたびに的外れのようで勇気がいりますが、
    よろしくお願いいたします。

    まっつん より: 22:56
  2. 松原コーチ、こんばんは。

    スマッシュについて教えていただきたいです。

    スマッシュを待つときはグリップを顔の近くに構えると良い、などのアドバイスをよく聞きますがどうなんでしょうか?
    先日松原コーチのサーブに対する記事で、肘を体の遠くに構えるのが強力サーブのコツだとありましたが、スマッシュはどうなんだろうと思った次第です。
    グリップが顔の近くにあると押し出すスイングになりやすそうだなと…

    またスマッシュのオススメの練習ってないでしょうか?
    よくアップなどで軽くスマッシュはやりますが、あれだけでは不足だなと痛感しています。
    球出しとか壁打ちとかできれば良いのですが、そういう練習環境がないのです。
    アップでやる時に打ちにくい深めに出してもらうなどしか思いつきません。。。

    お時間がある時にご回答いただけると幸いです。

    キャプ より: 18:27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">