両手リターンの手首

グリップの話が出たので

ついでに手首

手首をしならせない話

 

男子プロのダブルスでは

サウスポーが絡むと

両側バックサイドが多い

つまり

左利きがジュースコートのリターン

右利きがアドコートのリターン

nadal1410bkb

バックハンドの方が小さくコンパクトに叩けるので

ワイドに来るサーブをバックで処理できるのだ

そしてファーストボレーが浮いてきたら

ATP Masters Series - Rome

そのための条件が

手首をしならせないこと

手首を固め

面をぐらつかせないで

ぶつける

だから

エラーするわけがない

ということ

nisikoribkf1410

ぐらつかないから安定なのか?

安定させるには手首固定か?

どっちが先でもいいか。    テニス

 

 

 


カテゴリー: ダブルス, バックハンド, リターン | 投稿者松原コーチ 19:21 | 1件のコメント

コメント(1)

  1. 松原コーチこんばんは。
    片手バックについて質問です。

    腰の高さのボールをダウンザラインに狙う時に少し球が長くアウトしてしまいます。
    しっかり回転をかけるように縦振りを意識すると球威が落ちてしまい、回転と球威を求め横振りにするとセンターよりに飛んでしまいます。
    なにかアドバイスをお願いします。

    ちなみに、走らされて足がかなりクローズかつ打点も後ろ気味で、身体が逆クロス方向な所から一発逆転を狙いダウンザラインに引っ張るように打つと回転もしっかりかかりながらスピードのある球が打てたりします。

    まーちゃん より: 21:08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">