カテゴリー別アーカイブ: シングルス

ダニエル太郎

昨日は有明へ

楽天ジャパンオープン観戦

たまにはトップの試合を見ないと

スピード感がつかめない

テレビの中とは全く違う

すごいスピードのたたき合いがそこにはあるのだ

 

感心したのはダニエル太郎

ティプサレビッチに、2-6 4-6 で敗れたが

きっといいものをつかんでいると思う

 

1st はベースラインすぐ後ろから打つ

ティプサレビッチに翻弄され、勝負にならず

とくにバックのライジングぎみのショットをストレートに決められた

ベースライン3mから5m、後方の太郎はなすすべもない

 

2nd に入り太郎は攻撃的になった

早目に打ってどんどん仕掛ける

ポジションも、1st よりは前気味を意識しているよう

先に打つから、前に行けるのだが

結局、4-4からサーブを落とし

負けてしまったが

トップのテニス、30位以内のテニスを実感したのでは

 

チャレンジャーでポイントを稼ぐ方が

100位を保つには効率がいいそうだ

ただ

上とやらなければ上のやり方がわからない

 

今回のような試合が何度もできて

足りないものを練習で補う

 

どんなレベルでも

こうゆう進歩の仕方が必要だろう

 

ストロークの写真は皆無

サーブのみだが

彼の進歩したサーブを見てほしい

CIMG3330

肘は90度

CIMG3335

CIMG3336

ラケット面はお尻のところ

もっと右まで行くのだが、この連写のコマにはない

CIMG3337

打点は上体軸の後ろ

CIMG3338

今までのイメージよりもかなりパワーアップしたと思う

次の太郎に期待だ。   テニス

 

カテゴリー: サービス, シングルス, 年寄りのひとりごと, 試合 | 投稿者松原コーチ 20:03 | コメントは受け付けていません。

ウィナーは必ずしも・・

相手をノータッチで抜くウィナー

普通はこれが最強のハードヒット

と思っている人が多いと思う

aerkei1506

じつはこれ

違っていることの方が多いかもしれない

もちろん

お互いつなぎあってチャンスを待っていると

甘い、打ちやすいボールが来たので

よし

ハードヒットで1本

という場合はこのハードヒットが最強

syara1606hf

しかし

それなりのレベルで打ち合っていると

相手コートに空きを作ったり

相手ボールを浅くさせて

最後にウィナー

というストーリーになる

djok1604frsisei

その場合

最強のショットはウィナーの1つ前

オープンコートへのハードヒットや

より走らせるアングルショットだったり

そして

次のショットを安全にしっかり打ち込んでウィナー

rfsimp1604

特に

相手ボールを浅くした場合には

ウィナーの打球は短くなければアウト

 

だからプロは

しっかりスピンをかけて

安全に決めるのだ。  テニス

 

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド, 試合 | 投稿者松原コーチ 15:53 | コメントは受け付けていません。

どの辺を狙うのか?

コートのはじっこに打てばウィナーが取れる

あんまりはじっこだとエラーするかもしれない

ここが、心の強さも絡んで

試合での永遠の課題かもしれない

また

それを練習の時に気にしていないと

試合につながる練習にはならない

 

私がジュニアの練習でよく使うドリルを例にして説明する

シングルスで4本フォアハンドのハードヒットを打つ

逆クロス、逆クロス、逆クロス、クロス(ストレート)

相手バックにめがけ、逆クロスを3本打ち

3本目の威力で浅くさせたところを

相手フォア側へのウィナーにする

federer1607imp

これで1点

 

この時、どの辺を狙うかというと

私なら、サイドラインの50cm~1m内側

特に3本目がその辺り以上に厳しめ

 

ジュニアの場合

もちろん試合に何度も出ているレベルでも

1~1.5m内側

それくらい内側じゃないと

ちょっとのばらつきでラインの外に打っちゃう

 

仮に、確率90%のショットを4本続けると

成功確率は、66%

 

3回トライして

2回は4本とも入る

1回はどっかでミス

 

4本とも入ったからといって

必ずウィナーになるとは言えないとすると

何とか、5分5部

それでも打つということは

よっぽど度胸があるか

そうとうに無神経な奴か

kei1607jf

ちょっとヒントをだすが

1,2本目でエラーしないよう、少し打つ側に打つこと

それで感覚をつかんだら

3本目でリスクをとる

4本目は甘いボールをしっかりと

安全にいただく

1604nisikorifor

当然

4本とも、エラーするわけがないと思いながら打つ

その辺の安全感覚がないと

未完の大器と、一生言われ続けることに鳴る鴨。  テニス

 

そうそう

ベースライン内にも入れなければ?

rad1604ffnis

そう

浅く打てるのは大前提。  テニス

 

 

 

カテゴリー: シングルス, ダブルス, 練習法, 試合 | 投稿者松原コーチ 17:43 | コメントは受け付けていません。

逆を突かない

ストロークで相手を振り回し

相手コートに空きを作る

federer1607imp

ここで

決め方に2種類ある

1、オープンコートに打ってウィナーに

2、相手がオープンコートへ走る逆を突く

 

どっちがいいのだろう?

原則は、1

オープンコートで決まるならそれでいい

難しくする必要はない

 

それがぎりぎりだったら

相手の動きの逆をとる、という選択が出てくる

 

相手側の事情を考えてみよう

状況から見て

オープンコートをカバーしようとしても

間に合いそうもない

 

なら

走るフリだけして、走らないという考えもアリ

相手が逆を突いてくれるのを期待

 

思い通りに来たら

ウィナーを取られないだけでなく

ラリーの主導権を握り返すチャンスにもなる

 

実は先日の中学生君との試合

これでフォアハンドのパスを2本決めた

あの時

もしもバック側に打たれたら

多分ウィナーだったろうし

仮にぎりぎりで追いついても

返すだけならともかく

パスを決めるのは無理だったと思う

 

ジョコビッチならともかく

djok1607bk

松原さんではこうはいかない

 

この試合

私の 5-3 リード、時間切れだったのだが

かんじんなところで2本違えば

負けも十分ある

 

この、「逆を突く」 という事

ストロークの巧みなジュニアたちは大好きなこと

なんか

単純にオープンコートに決めるよりも

高級な感じもするからだろう

 

だが、ここは年寄りの知恵の出しどころ

パワーや脚力に勝る若者をだますのだ

 

この試合後

原則、「逆を突かない」 ことをアドバイス

納得してくれたと思う

 

さて次回の彼との対戦、どうなりますか  ????  テニス

 

 

 

カテゴリー: シングルス, 年寄りのひとりごと | 投稿者松原コーチ 14:55 | コメントは受け付けていません。

フォアへの回り込み

昨夜の東戸塚校でのジュニアチームレッスン

中学生とシングルスをしていて気が付いた

ラリーで振り回され

山なりの返球をややバックよりのセンターへ

それを彼はバックで打ってくる

そこそこのスピードなので

こちらに優位を取り戻す時間ができる

少なくとも返球は可能

 

相手がナダルだったら

フリーのボールを

フォアに回り込まれ

一巻の終わり

もちろん、私の場合

相手がナダルだったらバックでも取れないが

nadal1607fimp

ナダルはなぜに回り込むのかというと

「フリーのボールに対しては」

フォアハンドの方が強力だから

 

たまたまサウスポーだったこともあり

中学生君にもナダルスタイルをアドバイス

 

そもそも

特に両手バックの場合

カウンターには強く

小さめのスウィングでしっかりと打てる

だから

速いテンポの打ち合いなら

回り込まなくてもいい

むしろバックの方がいいボールが打てたりする

 

だが緩い死んだボールを

フリーに打てるなら

大きなスウィングで加速できる

フォアハンドの方が上

 

ナダルはサイドラインの外に出てまで回り込む

攻撃的なベースライナーになりたければ

この姿勢が大事

バックが苦手だから回り込むのではないのだ

フォアハンドがよりすごいから回り込む

federa1607fr

最高の片手打ちバックハンドを持つ

フェデラーでさえフォアへ回り込む

ただし

ライジングのリターンダッシュにはバック

 

プロのダブルスで

サウスポーがらみのペアー

レシーブで

2人ともバックサイドになることが多いのも

同じ理由かもしれない。           テニス

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 19:28 | コメントは受け付けていません。

ウィンブルドンのフォアは

ウィンブルドンはすでに予選が始まっている

ここの特徴は

芝のコート

バウンドが低いが

コートに鋭角に入ると滑るように飛び

ウィナーも取りやすい

相手側にすれば

食い込まれることも多い

shara1606daten

そこからでも

攻めなければ、攻めかえされる

低い打点でもウィナーを狙う人が有利になる

先に打った方が勝ち

 

ラケットヘッドを下げられなければいけない

nadl1606f

サイドスピンも自在に打つ人が有利

もちろん遅れた打点でもウィナー狙い

そうすると

ナダル打ちが有効

syarapo

低い打点だから

こうする手もあるが

テニス=ラドワンスカらが4強、ウィンブルドン女子単

しゃがむ反動で

1発狙いしないと次が厳しい

ラドワンスカならそれもあり

この写真を見て

腰を落として安全にと考える人は

仲間に入れてもらえない

 

やはり一般的には

nadalff1606ff

ナダル打ちの思い切りの良さが

向いているような気がする。

 

でもシャラポワは ・・・  テニス

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド, 試合 | 投稿者松原コーチ 17:57 | コメントは受け付けていません。

回り込みの決断

『makotasu』 さんからフォアハンドの相談

以下がそのコメントの全文です。

カラオケ   松原コーチ

いつも当ブログを楽しみに拝見しております。
さて、今日も1つ、コーチのご助言をお聞かせください。

回り込みのフォアハンドなのですが、回り込める時は回り込もうと心掛けているのですが、微妙に迷った時にそのまま無理して回り込むべきなのか、それとも安全にバックで打つのが正解なのか悩んでいます。

どんな場面でも迷った時はこうすると決めておく項目の一つとして、事前に決めておきたいのです。実際にコーチはどちらに決めておられるのかと、これから脚力が落ちていく一方の週末おじさんプレーヤーへの助言としてどちらが正解かをお聞かせ頂ければ幸いです。

今回も、どうぞよろしくお願いいたします。

Makotasu

 

 

 

水瓶座   私の答えです

フォアに回り込むというのは

バックが返せない

という理由で回り込む初心者を除けば

攻撃的な理由により、回り込むのだと思います。

1604frimp

つまり回り込んだけれど

つなぎ球にしておくというのは考えられない。

回り込んだからには

強烈な逆クロス

または、ダウンザラインのウィナー

または、ハードヒットと見せかけてのドロップショット

それと、強烈に弾むトップスピンロブ。

 

明確な意思を持ったボールです。

 

回り込んでしまうと

フォア側に空きができて

次の相手ショットで

そこをつかれるとまずい。

だから、攻撃以外にないのです。

 

結論

「迷うくらいなら、回り込まない」 のです

そんな半端な攻撃はどうせ失敗します。

「よしっ」 と思ったときのみ、回り込みます。

aerkei1506

したがって

年齢や脚力は関係ないと思います

「よしっ」 と思ったとき、回り込みます。

もちろん

さらに年齢が行って

フォアで強く打てなくなれば

回り込む理由がなくなりますが。

 

自分の脚力もフォアの能力も含めて

「よしっ」 と思ったときが回り込み時です。

どのくらいの範囲

どれくらいのタイミングで

そう思うかは人それぞれですし

年齢とともに変わってもゆきます。

 

私の場合

フォアの方が間違いなく攻撃力が上ですので

勝ちたいときは

できる限り回り込みます。

回り込んだら迷いません。

迷ったら回り込みません。      テニス

 

 

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 17:57 | 2件のコメント

ネットへおびき寄せる

『上野』 さんからの質問

以下がコメントの質問部分です。

 

カラオケ  シングルスでの戦術について質問させて頂きます。

先日の試合での反省なのですが、ベースライン上でお互いラリーをしているなかで、決め手に欠く展開がありました。

相手をネットに誘いパスかロブで抜く作戦を考えたのですが、こちらのリスクは低めで相手にリスクを負わせるパターンをどんなものがいいか教えてください。

落とす位置はセンターかサイドか、またスピンかスライスかなど。

上野 より

 

 

 

水瓶座  私の答えです。

相手をネットへおびき寄せるには

短い打球を打てばいいわけですが

決められては困るし

追い込まれても困ります。

nishikori1512fini

だから消去法で考えると

相手が

よっぽど高い打点を苦手にしているのでない限り

高く弾むのは無し

だからトップスピンじゃない。

 

スライスで短めに打つことです。

nisifs1510tb

フォア側か? バック側か?

これも相手の得意か苦手か

見極めて選択すればいいわけです。

もちろん苦手側へ。

 

もう一つ

このショットで決めるのでなければ

ネットぎりぎりでなくてもいい

素晴らしいドロップショットを放ってしまうと

読まれた場合

ドロップショットで切り返されたり

高い打点から

一気にウィナーを取られるなんてこともあります。

 

そう考えると

完璧に殺したショットより

少しスピードがあって浅めに入るボール

それを、こっちの都合のいいように

アプローチしてくれる側へ

ということでしょうか。

 

それと

次のショットですが

相手のスマッシュがヘボなら

まずはロブです

 

ロブをしっかり堪能してもらい

上ばかり気にしてくれるようになれば

サイドを抜けばいい。

 

ただし

あんまりロブばかり上げると

ネットへ出てくれなくなるのでご用心。  テニス

 

 

 

カテゴリー: シングルス | 投稿者松原コーチ 15:40 | 1件のコメント

トップスピン屋のボレー

『スピングリグリマン』 さんからの質問です

以下がそのコメントの全文です。

 

カラオケ  こんにちは!
いつも楽しく拝見させていただいてます。
私は体育会を経てテニスコーチをしながら草トーやたまにjopなどの試合に出たりなどしてテニスを楽しんでいるのですが、ストロークに打ち勝ってアプロー チをぶん殴って前に出るとき結構な頻度で抜かれてしまう、またはボレーが苦手なのもあり厳しいパスでミスをしてしまいます。
グリップもフルウエスタンでフォアハンド、バックハンド共に追い込まれてスピンが打てないとき以外基本的にスピンなのですが、やはりアプローチも含めて意図的にスライスを増やした方が良いのでしょうか。
私の中ではスライスは所詮スライスで攻めに使ってもよっぽど良いスライスではない限り叩かれてしまうと思うのですが…

是非ともご意見お願い致します!

スピングリグリマン より

 

 

 

水瓶座  私の答えです。

「スライスは所詮スライスで」 というのは私も思っていること

やはり一番得意なショットで勝負するべきだと思います。

nadal1603fs

ボレーが苦手のストローカーであれば

自在に打ってくるパスとボレー勝負という図式は考えるべきではないと思います。

スライスアプローチだとそうなっちゃう。

takao1602tv

ヘビートップスピナーは

スピンが多すぎるために

ノータッチのウィナーが取れない

だから

プラス、簡単なボレーを添える、という心がけです。

takaosfv1602

自在にパスを打てない状況を作ってからネットへ

そんな状況を作れないならネットにはいかないのです。

 

そんな状況、その形

その組み合わせをしっかり作ることが重要です。

 

例えば

フォアの強力クロス + バック側へのボレーかドロップボレー

逆クロスハードヒット + フォア側へのボレーかドロップボレー

バックへのムーンボール  + フォア側へのドライブボレーかドロップボレー

1603djokfimp

相手の動きの逆を取るボレーなんて考えない。

誰もいないところに易しいボレーを入れてポイントです。

 

それと

上の例で、「ドロップボレー」 がやたら出てきますよね。

深く弾むトップスピンストローカーとドロップボレーは

とっても相性がいいのです

トップスピン屋にとってドロップボレーは必需品です。

ボレーはこれしかできないで

「お前なんかドロップボレーしかできないじゃないか」 と

他人様から馬鹿にされてもいいのです。   テニス

 

 

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド, 試合 | 投稿者松原コーチ 19:27 | 3件のコメント

スライスでシコラレたら

『ヒゲおやじ』 さんから質問をいただきました。

以下がそのコメントの全文です。

 

カラオケ   松原コーチ

いつもお世話になります

ベテランシングルプレイヤーとシングルをすると
相手のバックにボールを集めると、低く滑るスライスを
センター深くに返球されます。

廻りこみフォアと相手のバックスライスのラリーになるの
ですが、結局、根負けしてミスしてしまいます。

または、相手のボールを持ち上げるのが辛くなり
ボールが浅くなってしまい、そこから相手に展開
されてしまいます。

相手のバックスライスを打ち抜くコツを伝授いただければ
と思います

ヒゲおやじ より

 

 

 

水瓶座   私の答えです

「相手のバックスライスを打ち抜く」 ことが目的でしょうか?

それとも

「そんな相手に勝つ」 ことが目的でしょうか?

それにより、答えは二とおり出てきます。

 

まず

「相手のバックスライスを打ち抜く」 ことが目的なら

当初のプラン通り、フォアで粉砕しましょう

nadal1603fs

ナダルやジョコビッチのように

石川佳純さんや水谷隼さんのように

ki1603frf

ヘビートップスピンをかけてフルスウィング。

軽いトップスピンでは

何本か続くうちにどうしてもエラーが出ます

それでは相手の思うつぼ

だからヘビートップスピンです。

 

何で卓球選手が出てくるのかというと

卓球でカットされたら

カットで返すか

打つとしたら鬼のようなヘビートップスピン

私がスライスに対しイメージしているからです。

jm1602fr

何でサウスポーばかり?

たまたま、偶然

私の好きなプレーヤーがサウスポーだったんです。

 

さてさて

しかし、こちらの球質がヘビートップスピンじゃなかったら

即座に、トップスピン攻撃はキャンセル

「スライスの嵐作戦」 に変更です。

バックのスライスで相手が根負けするまで

つなぎ続けます。

告白しますと、実はこれ

40年くらい前までの松原さんの方法。

若いころは、これでコートを長時間、占拠したものです。

現在は、「ヘビートップスピンくらえ作戦」 です。

 

それと、フォアハンドでも

「スライスの嵐作戦」 はありです

フラットが一番難しい。

 

ちょっと考え方を変えます。

もしかして、ほんとは

「そんな相手に勝つ」 ことが目的なら

打球方向を変えましょう。

 

スライスバックとの対決を捨て

相手のフォアハンド側にボールを打つ。

その方が

スライスで来ない分、こちらが打ちやすくなる。

その後、チャンスが来たらバックに走らせて展開

決めるなり

アプローチなり

 

もちろん

「ヘビートップスピンくらえ作戦」 でこれを実行するもありです。

 

スライスバックが得意でしかもフォアが強い

そんな人

なかなかいないものですよ。

 

もしいたら?

もっといっぱい練習してください。  テニス

 

 

 

 

カテゴリー: シングルス | 投稿者松原コーチ 16:47 | 1件のコメント