カテゴリー別アーカイブ: バックハンド

リターンが得意5 最後の手段

できれば姿勢を保って

上体の回転も使ってハードヒット

次の手段は

ランニングショットのように

反対脚を飛ばしてヒット

それも不可能なほど遠く

タイミングもギリギリだと

スライスに行くしかない

alcing5188

スライスのグリップに持ち替えながら

バック側に倒れるように

alcimg5191

左足が大きく踏み込んでいないことに注目

大きくすると、身体を倒せない

alcimg5192

いっぱい引いて

alcimg5193

パスに対してのバックボレーのごとく

alcimg5194imp

そう、バックボレーのように

打点に追いつくのとスウィングが追いつくのが同時

alcimg51951

スウィング&ブロック

このスウィングがないとサーブに負ける

サーブが早いので

ジャストミートすると

リターンエースになることもよくある話

アマチュアなら

上向きの面でブロックして

スマッシュを返すようにロブ、という選択もある

 

この先、これでも届かない時はサービスエース

当たらなければ返らない

拍手するしかない鴨。 テニス

 

 

カテゴリー: スライス, バックハンド, リターン | 投稿者松原コーチ 18:31 | コメントは受け付けていません。

リターンが得意4

前回のサイドステップ型フットワークは

姿勢を保ったまま打点に入るためのもの

arm12imp

もっと遠くに来たらどうするのか

それは

ランニングショット型のフットワーク

今回はバックで

cimg539505

左足の向きを変えながらバック側へ

テイクバックも開始

cimg539802

右足も出しながらスウィング開始

cimg539901

上体もややバック側に傾く

cimg5400imp

右足を飛ばしながらヒット

cimg5401a1

何とか姿勢も保っているが

もっと遠ければ傾きは増す

ただこのフットワークを使うと上体が回らないので

軸が傾いても、エラーになりにくい

ここまでは叩ける、攻撃的トップスピンリターン

両手打ちでも

djok1610bkgup

同じこと

もちろんフォアハンドでも。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド, フットワーク, リターン | 投稿者松原コーチ 11:49 | コメントは受け付けていません。

リターンが得意2

バックハンドのリターンも

考え方はフォアハンドと同じ

cimg5320a05

ここが

高い打点で、重いサーブに対し

ぴったんこタイミングで

正確なラケット面が出せればいい

だから

アルマグロは

cimg5314b55

素早く

cimg5317b25

テイクバック

サーブが近かったのでほんの少し、左足を横に踏み込み

肩の線を少しだけ回す

ふつうは素早くグリップチェンジもするのだが

たぶん彼はフォアハンドの裏面でテイクバックするだけ

(ソフトテニスと同じ)

cimg5318b15

ラケットはもう少し引かれ

下半身はほぼ前を向いたまま

姿勢も垂直なまま

cimg5319b05

若干打点方向に寄りながら

垂直ラケット面でヒットへ

cimg5320a05

サーブの0.5秒後にインパクト

さらにさらに、面を保ったまま

cimg5321a15

完了

姿勢が完璧

スウィング完璧

タイミング完璧

ラケット面も完璧

エラーするわけがない

プロはオープンスタンスが当たり前

サーブからインパクトまで、0.5秒を考えれば当たり前。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド, リターン | 投稿者松原コーチ 16:57 | コメントは受け付けていません。

腕は曲げて使う

片手バックの場合

一流選手の腕は伸びているように見える

1709fedbk

だが実際にはわずかに曲がっており

伸ばしきることはない

どうしても届かない時に

エイっと伸ばす時もあるが

nishikori1702bsbrk

とっさなのでしょうがないのだが

こんな時に肘を痛めたりしやすいから要注意

 

両手打ちだが

joko1608

これくらいが普通

男子の場合、もっと伸び気味の人もいるが

agas1507bkimpc

両腕とも

必ず、少しでも曲がっている

伸びきってしまうと衝撃が来やすいし

コントロール感もなくなるので

片手トップスピンも、両手打ちも、スライスも

スウィング中、ずうっと

伸び切らせないことが重要だ。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 12:02 | コメントは受け付けていません。

片手バックの構え

片手バックの構えはこの辺

waw1511bkg

もっと大きく引くと

gasque1511bktk

身体の後ろに 『引く』 というより

『遠目に離す』 ような感じ テニス

そして、『高くなる』

それは

スウィングが

vol07_04

肩を支点にしたフリコなので

身体に一番近いのはラケットが最下点に来た辺り

その前も後も、身体からは離れるのが自然

だからテイクバックは身体から離しておく テニス

thiem

それがハードヒッターの看板

身体の後ろへ引くと思っている人が多いが

それでは

片手バック得意のハードヒットはできない鴨。 ひよこ

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 12:32 | コメントは受け付けていません。

片手バックの打点は

片手バックハンド

トップスピンのスウィングはこうゆう、フリコ

vol07_04

だからトップスピン

アッパースウィングで打つためには

振り子スウィングの最下点から上昇に移ってから

だから打点は

waw1601bkimp

そうとうに前

スウィングの大きさの中で

ここが真ん中

ここをしっかり意識しておくことがとっても大切

だから早めに準備して

waw1604bkt

間に合わせなければならない。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 10:28 | コメントは受け付けていません。

ラケット面の話

『コンドル』 さんからの質問

以下がその全文です

 

カラオケ  毎回、勉強になるお話しありがとうございます。

よくインパクトで垂直面とおっしゃってますが、常にインパクトは垂直面なら、ボールの高低のコントロールはどのように行うのでしょうか?
常に垂直面なら、打ち返すコースは、飛んできたボールの入射角に依存してしまうと思います。
なので、コントロールするには完全な垂直面ではないように思います。

打球時は面をどのように気をつけて振っておられるのか、もう少し正確に教えてもらえたら幸いです。
よろしくお願いします。

コンドル より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

話しのいきさつからグランドストローク

フォア、バックのトップスピンかフラットを前提に話します

 

インパクトが垂直というのは

かなり模式的な話で

そこそこのスピードボールを打つときの話です

í0ó0°03ÿ7ÿ

フラットのロブなら面はかなり上向きになりますし

普通のストロークでも

ゆるく打つなら、少し上向きだと思います

上の写真も高い打点のトップスピンベースの

私なりのフラットハードヒット

少し面が上を向いているのが分かります

本人は完璧な垂直と思い込んでいます

 

まあ、それでも? そんなわけで?

イメージの問題

打球方向に対しほぼ垂直と思っておけば間違いないと思います

 

テニスボールの接触時間は、1000分の5秒くらいと言われています

この時間はアマチュアのスウィングなら

ゼロと言ってもいいと思います

ですから

ラケット面の向きが打球方向に及ぼす影響が

スウィング方向のそれよりも

圧倒的に大きいのです

 

なので

面の向きを動かすとエラーにつながりやすい

だから

だから以下に面をぶれさせないかが肝

面の向きは垂直を保って(イメージして)

スウィングの向きで

上下の打球方向を操るイメージがほしいのです。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 17:27 | 1件のコメント

バック、1つだけの方法

フォアハンドの面の使い方に2つあると書いた

バックハンドの場合

トップスピンやフラットの場合

スライスじゃない場合と書いた方がいいか

面の使い方には1種類しかない

djok1610

とにかく垂直面を保つ

両手でも片手でも

waw1604bkt

だからどちらも

ちょっとだけ上を向いた状態で引き終わり

垂直面を保って振り出すのだ。  テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 17:48 | コメントは受け付けていません。

片手バックのグリップ

 

 

feder1607bkimp

プロのグリップは相当に厚い

wowr1604bki

手の甲が真上を向くくらいが一番薄いくらい

もっと厚い人は、ウェスタングリップ

henin1408b

手首をV字に折って、面が垂直になるようにする

なぜ厚いのかというと

クレーやハードで打ち合うプロ

特にトップスピンの多い男子の打点が高いからと

力が入りやすいから

そして

こうやって引っ張って

fedbk1608sitani

ワイパー気味に使うのに便利だから

ワイパーというと

腕力でねじ込むようなイメージがあるかもしれないが

弧を描いたアッパースウィングで

打点を前にして

手を少し下に引っ張り込むと自然にこうなる

それの程度で

打球の飛び出し角度や飛距離、回転数まで

自在に調節するのだ

 

私もさらなる進化を目指し

このグリップをトライしてみることに

さてどうなりますか ? ・・・ ?  テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 17:48 | コメントは受け付けていません。

バックの構え

トップスピン片手バックハンド

打点を前に取るためのテイクバックはここ

waw1604bkt

上体から離して構えるのが肝

しかもこの時点でボールはバウンドの少し前

クローズドスタンスなら

ここからさらに両足を動かして

タイミングとパワーを得るのだが

ワウリンカはたまたまオープンで構えている

時間がないからだろう

もしかしたらすでにバウンド後か?

ここから

左足を軸に下がりながら位置合わせに入っているところ鴨

 

バックの肝は

gasque1511bktk

バウンド前に上体の前高めのセットすることと

さらに動きでパワーつけて

なおかつ、位置合わせを行うことなのだ。 テニス

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 16:37 | コメントは受け付けていません。