「師任堂、色の日記」11話 イ・ヨンエ、流民のために孤軍奮闘

SBS水木ドラマ『師任堂 DVD、色の日記』11話で、力強く時代の先を進もうとするサイムダン(イ・ヨンエ扮)の姿が本格的に描かれ、躍動感あふれる第2幕が開かれた。

流民たちを糾合して、紙工房を開いたサイムダンは、フィウムダン(オ・ユナ扮)の妨害により収益を出すことができなかった。イ・ギョム(ソン・スンホン扮)の登場でフィウムダンの手下の暴力から逃れることはできたが、荒々しい流民たちの心を落ち着かせる必要があった。引き止めたにもかかわらず「前後の事情を説明して納得させなければならない」と流民たちを訪ねて行ったサイムダンは言い訳の代わりに、賤しい身分の流民たちの前でひざまずいた。師任堂色の日記 DVD流民が動揺したとき、詩人イ・モンリョン(ホン・ソクチョン扮)が色紙をすべて購入し、危機を脱出することができた。サイムダンは約束通り、収益を公平に分かち合った。

師任堂 DVD

紙工房が順調に運営されると、フィウムダンを利用して紙の市場を掌握して政治資金に利用しているミン・チヒョン(チェ・チョロ扮)が現れた。官を利用して荒れ地を不法占拠したと流民たちをすべて捕まえてしまった。租税の負担から脱出して流民となった人たちだったため、身分保障と膨大な量の国の借金を返済しなければならなかった。サイムダンは躊躇しなかった。「流民たちと紙工房を営むことができたから、私たちの家族が生きることができた。師任堂 DVD今、私たちが彼らを助けなければならない」と宣言したサイムダンは土地に関する文書と家の文書を持って官衙を訪ねて行った。不足している金額も1カ月で返すと約束をしたサイムダンは「凶悪な群衆ではないことを保証することができないため、解放することはできない」という役人に「全員が善良で堂々とした朝鮮の民だ。私が彼らの身元を保証する。一人でも問題を起こせば、私を代わりに捕まえろ」と話した。サイムダンのおかげで命拾いをした流民は本心を理解し、被告人 DVD流民の1人で、ウンピョン寺で高麗紙の職人をしていたチェ・バルボンの助けを借りて高麗紙の生産の秘法を手に入れ、新しい展開を予告した。


カテゴリー: 韓国ドラマ | タグ: | 投稿者mikedvd 15:18 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">