マグネシウム入りテニスラケットの話

ミスターTです。

スポーツに進化、変革があるように道具にも進化、変革があるようです。

本題に入ります。

今回紹介しますのは、ヘッドの新シリーズラケット、その名もMXGシリーズです。

わたくしとヘッドとの出会いは高校の時、テニス部に入って一番最初に親に買ってもらったラケットが、ヘッドのインテリジェンスs4で、型落ちらしくガット張り上げの状態で売られていました。

そんな話はさておき、タイトルのマグネシウム入りテニスラケットと今回紹介しますヘッド MXGについて話をします。

現在、ラケットの素材はカーボンやグラファイトがベースで、それに各社いろんな味付け(ヘッドであればグラフィン、プリンスであればテキストリーム、ウィルソンであればカウンターベイルなど)をしてラケットを作っています。

今回のヘッド MXGの素材は、まずグラフィンの最新鋭素材であるグラフィン タッチ。これはジョコビッチ選手が使っているスピードシリーズや、インスティンクトシリーズに使われている衝撃吸収に優れた素材です。それに加え、新たにマグネシウムを採用することで、面のブレを抑えることで、今まで不可能と言われていたパワー向上とコントロール性能の維持を実現した代物になっています。

今のラケットを一度も実戦で使ってないのにも関わらず(汗)、気になるモノが出てきたので、興味津々です。

ミスターTでした


カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。