ナイロンとポリエステルのハイブリッド、その意義は?

ミスターTです。

今度受けるスリクソン・バボラのラケットカウンセリングを受けた後にラケットを買うと、バボラの少し高級な(ナチュラル、あるいはナチュラル入りのハイブリッド以外ならどれでもOKらしい)ガットを差額なしで張ることができるのですが、一つ気になるガットがあります。

それは、プロハリケーンツアー+エクセルというナイロンマルチとポリエステルのハイブリッドガットです。
このうちナイロンマルチのエクセルは、打感が柔らかく、またポリウレタンが入っていることから、特にガットが硬くなりやすい冬場の使用に向いています。
一方で、ポリエステルのプロハリケーンツアーは、ポリエステルらしく、テンション維持の性能はエクセルより劣るのですが、ナイロンだとすぐ切れてしまうハードヒッター向けの印象を受けます。

さて、プロ選手でも最近目立つようになったハイブリッドですが、大抵の場合、ナチュラルとポリエステルのハイブリッドをチョイスする傾向があります。そのため、張り替えのペースが選手より緩やかなわたくしたちには、なかなか手が出ない(それだけナチュラルが高級な証拠です)ので、ナイロンとポリエステルのハイブリッドは、懐の余裕があるとは言いづらいわたくしたちにもメリットがあると思うわけです。

ちなみにメーカーは違いますが、インディアンウェルズを制した大坂なおみ選手もナイロンとポリエステルのハイブリッドを使っています。また、最近になって、ナイロンとポリエステルのハイブリッドに力を入れてきたメーカーも出てきたので、皆さんにも身近に感じているハイブリッドの波にわたくしも乗ろうかな、と思います。

ミスターTでした


カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。