ミスターT的理想のラケットを考える(3回目)

ミスターTです。

今日は、聖蹟桜ヶ丘に行きました。その足で渋谷に行こうと思います。

聖蹟桜ヶ丘では、自分の理想とするラケットを探してみたのですが、なんだか良さそうなものがありました

それは、スリクソン・レボ CX2.0 LS(フェイス面積が98、フレーム重量が平均290g、バランスポイントが320mm)です。同じスリクソンのレボ CX2.0やバボラ・ピュアストライクVSと比べることになるのですが、スリクソンの打感の柔らかさを実践でも楽しみたいと思います。

ミスターTでした


カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。