平均スペックって、アテにならないよね…

ミスターTです。

聖蹟桜ヶ丘に行った後に渋谷に行きました。目当てのスリクソン・レボ CX2.0 LSは、グリップが細い1番(グリップは2番が普通)ばかりでしたが、そのラケットより重い(フレーム重量が平均305g)のスリクソン・レボ CX2.0の中にコレは!と思うものがありました。

そのスペックは、グリップが3番(普通より太め)ながら、フレーム重量が300g、スイングウェイトは274というものでした。
ラケットは今すぐ買う必要がなかったので、トラックマンの結果を待ってから考えることにして、この日は取り置きをお願いしました。

平均スペックについて過去にこのブログにて話題にしたことがありますが、改めて考えると、平均スペックはあくまでも目安なので、それを鵜呑みにするかどうかは読者のみなさんに委ねたいです。
しかし、これだけは言えます。平均スペックはアテにならない、と。

ミスターTでした


カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。