MPのポテンシャルをライトで⁈

ミスターTです。

今回は、ヘッドのラケットについて話をします。

さて皆さんは280gに満たない軽いラケットにどのようなイメージをしていますでしょうか?

よく聞く軽いラケットのイメージ
①当てるだけで飛ぶ(悪く言うとオーバーパワー)
②強い打球に打ち負けやすい
③一般よりはジュニアやシニア層向け

だいたい軽いラケットというと上記のようなイメージを持つ方が多いのではないのでしょうか。

ヘッドのラケットのうちG360を採用したスピード・エクストリーム・インスティンクトのうちスピードとインスティンクト、さらにグラフィンタッチラジカルにはMPの金型で重量を軽くしたMP LITEというスペックがあります。(もしかしたら今後発売されるであろうG360のラジカルにも採用される可能性があります)

MP LITEはプロスペック(300g前後)のMPでは重くて持て余す方にオススメと言われていますが、それはジュニアやシニア層向けに限定した話ではないと思います。

わたくしの場合。
今は300gを少し(5gくらい)超えたラケットですが、以前の285gくらいのラケットよりも飛びすぎるのでは?と思います。
しかしながら、重いラケットであってもなぜか打球に重さがのりづらい(→イージーボールで相手に返されやすい)のと、長く振り続けるとしんどい(特にサービス)のがネックです。

MPのポテンシャルをライトで発揮できるのか?
わたくしが身をもって体験してみたいと思います。

ミスターTでした


カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | タグ: | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。