PART31 ゴメスがDチームにやってきた理由

ミスターTです。

image
カイト、巨人皇、ゴメスの3人が話をしています。
カイト)ゴメス君…存在していることは薄々わかっていたけど、やっと会うことができて嬉しいよ。
ゴメス)僕も同感だよ、カイト君、巨人君。
巨人皇)確か、キミを作ったサバーク博士が本気で世界征服を考えていたよね。でもサバーク博士は今どこにいるんだろう?
ゴメス)そうだよな。彼は、僕らの恩人なんだけど、世界的にはならず者と言われていたからね。大事に至らないといいけど。
カイト)僕はサバーク博士が手がけた(現時点で)最後の戦闘員なんて言われているけど、サバーク博士がいなかったら今頃は全く想像できなかったよ。
巨人皇)それはそうと、ゴメス君がウチらの存在をどこで知ったかだよね。
ゴメス)うん、じつは、あまり声を大にして話したくないけど、ミスターAについていた、名前は忘れてしまったけどある戦闘員が『チェン・ホイミンのチームが世界征服に動くようだ、やはり敵である愛と正義に勝つためには必ずゴメスの力は必要になるだろう』という話を人づてに聞いてチェンさんを探しに行くことにしたのさ。
カイト・巨人皇)そうなのか。
ゴメス)チェンさんは警察ともパイプがあるから、愛と正義がどこで何をしているか情報収集に余念がないらしいとは聞いていたよ。まあとにかく、僕はチェンさんに少しでも早く彼の夢である愛と正義を倒して世界征服することに貢献したいから、こうしてカイト君たちと一緒にいるんだ。
巨人皇)ところで、今、サバーク博士は?
ゴメス)それなんだけど、どうやら愛と正義によって倒された説が有力らしい。
カイト)じゃ、サバーク博士は、今…
ゴメス)下手したらこの世にいない可能性がある。もっとも、サバーク博士が消息を絶ったのは2年も前の話だ。
巨人皇)2年…
カイト)もう、そんなになるのか…
その時、非情な知らせが!この続きはまた別の話。

ミスターTでした


カテゴリー: 『特攻野郎Dチーム』〜世界征服への道〜 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。