力まないスイングのコツとは?

大分ご無沙汰しております。ミスターTです。

今回は、力まないスイングについて考えていきたいと思います。

わたくしは特に顕著なのですが、ラケットを持つ手が力んでしまう癖があるので、それを矯正したいが為にありとあらゆることを考えていました。しかし力まないスイングは習得できず、毎回ホームランばかりの感じが続きました。

今回、力まないスイングのコツとは何なのかを探ろうといつもの渋谷の試打スペースへ行ってきました。

何故力んでしまうのか?
→スタッフさんに力む原因だと言われたのは、常に自分の体が緊張状態であることからくるグリップの握り方に問題があると言われました。
というのは、わたくしは今まで特に意識していなかったのですが、ラケットヘッドを下げてスイングすると(普通なら)ボールに力が伝わって打球にスピード感やスピンがかかる感じが出ます。
しかし、わたくしの今までのスイングではラケットヘッドが下がらない状態でスイングすることになり、結果として押し出すようなスイングでスピンがかからない、或いはスピード感も伝わらない上に、押し出すようなスイングではラケットが上を向いてしまうとオーバーする、被せるとネットするといった状態になっていました。

グリップの握りは、テイクバック時には緩めてインパクトに向かって力を入れると良いと言われました。後は、テイクバックを早くしてゆっくりスイングし、最後まで振り切るということを意識してやっていきたいです。

ミスターTでした


カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。