PART33 サバーク博士との約束

ミスターTです。

image
ネルが巨人皇、カイト、ゴメスと話をしています。
巨人皇)そうか…辛かったな。
ネル)ぶっちゃけ、のみくんと一緒でも心細かったよ。
image
そこへ大博士がやってきました。
大博士)なんや。ワシにも聞かせてくれや。
ゴメス)チェンさん、泣かないでくれ。な、カイトくん。
カイト)あぁ。これは、僕たちにとって重要な話だから。
ネルが口を開きました。
ネル)実は、サバーク博士は、愛と正義によって倒されたんだ。
大博士)うっ、嘘やろ?それに…
ネル)もう1年も前の話だから。ちょうど、のみくんが保護されて警察病院にやってきて3日目に言われたんだ。
巨人皇)まさかとはいえ、サバーク博士が倒されたなんて、にわかには信じられないでしょ?
ゴメス)そう。信じられないよ。
カイト)でも、本当にサバーク博士は愛と正義によって倒されたんだ。
大博士)サバーク博士が、倒された…愛と正義だけは絶対に許さへんぞ!
ネル)僕とのみくんはサバーク博士が倒されたのを警察病院の人に聞かされて誓ったんだ。サバーク博士のためにも、世界征服は絶対に成し遂げなければならない、と。
大博士)世界征服を目指す同志は1人でも多い方がええからな。なぁ!
ネル)サバーク博士のためにも、頑張らなきゃ!
しかし、このあとDチームの屋台骨を揺るがす大事件が起こるのですが、この話はまた次回。

ミスターTでした


カテゴリー: 『特攻野郎Dチーム』〜世界征服への道〜 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。