カテゴリー別アーカイブ: 特集企画

ある一つのテーマをより深く掘り下げます。

ミスターT的理想のラケットを考える(3回目)

ミスターTです。

今日は、聖蹟桜ヶ丘に行きました。その足で渋谷に行こうと思います。

聖蹟桜ヶ丘では、自分の理想とするラケットを探してみたのですが、なんだか良さそうなものがありました

それは、スリクソン・レボ CX2.0 LS(フェイス面積が98、フレーム重量が平均290g、バランスポイントが320mm)です。同じスリクソンのレボ CX2.0やバボラ・ピュアストライクVSと比べることになるのですが、スリクソンの打感の柔らかさを実践でも楽しみたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

ミスターT的理想のラケットを考える(2回目)

ミスターTです。

さて、わたくしはフェイス面積が小さいラケットを好む傾向があるようです。それについて考えたいと思います。

わたくしがラケットを買う場合、まず基準になるのがフェイス面積です。今でこそフェイス面積が100のラケットにコンプレックスは無くなりました(X-BLADEを使ってみて意外にもしっくりきたから)が、まだまだフェイス面積が3桁のラケットを買うことには躊躇しています。

しかしながら、錦織圭選手やチリッチ選手のようにフェイス面積が95より小さいものを使える実力があるのかといえばそうでもないです。事実、CX2.0 ツアー(18/20)は全然使いこなせなかったので、フェイス面積95未満はわたくしにとって使いづらさを感じます。

それを考慮すると、わたくしは、フェイス面積が98くらいのものを好むのかなと思います。

次のトラックマンは、フェイス面積が98くらいのものを打ってみて、自分の理想に近いものを見つけたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

ミスターT的理想のラケットを考える(1回目)

ミスターTです。

前々から、いや、このブログを始めた頃からずっと温めていた企画。それは、自分の理想のラケットを考えたいと思いました。

しかし、理想を追い求めすぎても今の現実を棚上げしては本末転倒なので、まずは理想のラケットを考える前に現実を知りたいと思います。

わたくしのテニスにおける現実をわかりやすく説明すると、ラケットを振り切ることができない、結果、相手の球を当てるだけのテニスになり、相手の強打に負けてしまうのです。

と同時に、ワイパースイングができずにスピンをかけるのも苦手で、強打をするとアウトになってしまいます。

再来週の土曜日に聖蹟桜ヶ丘でトラックマンをまた受けるのですが、ちゃんと自分の理想と現実をわかりやすく説明したい気分です。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

サービスは指3本で打て‼︎

ミスターTです。

予告無しに新企画をやります。
その名もミスターT的サービス強化への道
この企画は、サービスのスピードが遅い、ヘロヘロで勢いのない、入れるのがやっとのわたくしが、いかにして正しいフォームで威力のあるサービスを手にする為に試行錯誤する企画です。

1回目のテーマは、ボスから言われたことがきっかけで意識して使ってみたい握り方の話をします。
まずは写真をご覧下さい。
9935E72E-6AB5-48A3-BAFE-A3FAD8E0413B
この写真1枚でわたくしが何が言いたいかわかる方もそうでない方も、指に注目してみてください。

そう、親指、中指、薬指の3本でラケットを握っています。

少し脇に逸れますが、サービスのグリップの基本はコンチネンタル(包丁握りとも言います)です。わからない方の為に解説すると、ラケットのスロートに親指と人差し指の間を開けた状態でスロートを挟むように掴み、そのままグリップに下ろしていくとコンチネンタルができます。

今回の本題はここから。
5本の指でしっかりラケットを握ってしまうと、無駄な力が入ってラケットを上手く振ることができません。
わたくしも、どうしても5本の指でラケットを握る癖があります。そこでボスから言われたのがタイトルにあるように、サービスは指3本で打てでした。

どういうメカニズムかというと、サービスはラケットの重さと遠心力を使って行う為、ラケットをいかに振るかが重要となっているようです。

ただやみくもに腕を振り回すより、ラケットを担いで投げるイメージで行く為には、ラケットがある程度しなる必要があります。

ボスが言いたかったのは、基本的にサービスで使う指は親指と中指と薬指の3本で、小指は添える程度、人差し指は中指から離し気味、あるいは写真のようにラケットにつけないように握ると良いということでした。

今回、目から鱗のアドバイスを受けて、サービス強化への道の第一歩を踏み出したことが収穫でしたが、まだまだ課題山積なので、サービス強化への道を進んでいきたいなと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

Road to ジャパンオープンpart3

ミスターTです。

今回は、相当久しぶりとなるRoad to ジャパンオープンの3回目として、何故更なる大会招致に動けないかについて話をします。

結論から言ってしまうと、ハード(設備面)、ソフト(おもてなし)両方に課題があると思います。

ハード面の課題は、日本のテニスコートが砂入り人工芝コートが多数を占めているように、「グローバルスタンダード」になっていない→クレーコート、ハードコートの整備が進んでいないことがわかります。

ソフト面の課題は、日本で行われる国際大会は入場無料の大会が多く、なかなか大会の運営費(賞金や付帯経費)を賄えない事情があります。

それぞれの課題についてはまたあらためて話をします。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

Road to ジャパンオープン part2

ミスターTです。

特集企画Road to ジャパンオープン、2回目となる今回は、なぜATPツアー大会の招致に動けないのかを見てみたいと思います。

原因はいろいろありそうですが、一つ挙げるとするなら、日本のテニスコート事情の悪さをがあると思います。

日本の大抵のテニスコートは、砂入り人工芝コートが採用されているようです。が、他の国を見てみると、ハードコートクレーコートが採用されているようです。グラスコートは少数派ですが、ウィンブルドンのイメージから、最高峰のテニスはグラスコート大会と言われているようです。

以前より、砂入り人工芝コートの問題点はいろいろなテニスブログを見て書かれていることが多く、それが日本テニス界に重くのしかかっている訳ですが、なかなか砂入り人工芝コートに代わるハードコートやクレーコートが増えません。

現在の日本で行われている国際大会(男子)のテニスコート事情を見てみると、昭島フューチャーズが砂入り人工芝コート、軽井沢フューチャーズがクレーコートで、他の大会がハードコート大会となっています。女子は、クレーコートの大会がなく、ハードコート又は砂入り人工芝コートの大会が行われているようです。

今の世界の潮流では、ハードコート中心ではありながらも、全仏オープンを頂点とするクレーコートシーズン、ウィンブルドンを頂点とするグラスコート大会が整備されています。

つまり、砂入り人工芝コートからハードコート、クレーコートにシフトしていくということが必要ですが、特に問題なのが、クレーコートの大会が軽井沢フューチャーズだけという現実です。せめてクレーコートの大会をチャレンジャーレベルでも作ってもらいたいですが、まずは日本のコート事情を砂入り人工芝コートからハードコート、クレーコートにシフトすることが求められていると思います。

今後、日本でチャレンジャーレベル以上のクレーコート大会、あるいはハードコートにおけるATPツアー250大会の招致に向けて、ハード、ソフト一体となっていく努力が求められていると思いますが、果たしてどうなのか。今後も注目したいです。

次回のこの特集企画では、日本で行われるチャレンジャーレベル以上の大会の現状を見てみたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

Road to ジャパンオープン part1

ミスターTです。

いよいよ始まりました大型企画
Road to ジャパンオープン

記念すべき第1回目となる今回は、日本の国際テニス大会の実情について話をします。

現在、日本全国で行われているテニスの国際大会は、男子13大会、女子15大会。この特集では主に男子の大会に焦点を当ててみたいと思います。

男子の今年の国際大会シリーズは、2月~4月にかけて行われた京都チャレンジャー、慶應チャレンジャーのチャレンジャー2連戦と亜細亜大学フューチャーズ、早稲田大学フューチャーズ、山梨学院大学フューチャーズ、筑波大学フューチャーズ、かしわ国際オープンのフューチャーズ5連戦の7大会を消化し、このあと5月下旬から始まる軽井沢フューチャーズ、東京有明国際オープン、昭島フューチャーズの3連戦、9月終わりから始まるジャパンオープン、そして11月の神戸チャレンジャー、豊田チャレンジャーの2連戦の6大会を残すのみとなりました。

注目は、まず賞金総額の規模です。
一番高いジャパンオープンが150~160万ドル(2億円いかないぐらい)、次いでチャレンジャー4大会が5万ドル(550~600万円くらい)+ホスピタリティー(選手、コーチの宿泊費など)、軽井沢フューチャーズが2万5千ドル(300万円くらい)、そしてその他のフューチャーズが1万5千ドル(170万円くらい)。

こうしてみると、日本一レベルの高いジャパンオープンとそれに次ぐレベルのチャレンジャー4大会の賞金格差があまりに大きい

そこでこの特集企画の目的であるジャパンオープンに次ぐレベルの高い大会(ATPツアー250大会)を作る為に何が必要なのかを賞金の面で考えたいと思います。

基本的に、賞金の規模が大きくなればなるほど、海外勢の選手が来やすくなるのですが、実際にATPツアー250大会の賞金規模はどれくらいなのか見てみました。
→賞金規模の目安は、およそ50万~80万ドル(6千万円~1億円)といったところです。

仮に賞金総額70万ドル(8千万円前後)の大会をジャパンオープンの前あたりに作れれば、日本テニス界の盛り上がりも期待できるはずですが、おいそれといかないのもまた事実です。

次回のRoad to ジャパンオープンでは、なぜATPツアー大会の更なる招致に動けないのかを見てみたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

緊急企画発表!?

ミスターTです。

これはわたくしが思い描いていたテニスの理想像なのかも知れない。

というわけで特集企画の発表です

特集企画テーマは、こちら。
Road to ジャパンオープン ~ジャパンオープンに次ぐ大会を考える~として、ジャパンオープンに次ぐレベルの高い大会(ATPツアー250レベル)の創設の為に何が言いたいかを考える企画を立てました。

錦織圭選手人気から、ジャパンオープンの観戦が年々難しくなっている昨今。しかし、それに次ぐレベルがチャレンジャーレベル(しかも京都、慶應、神戸、豊田の四大会)なのがどうも歯痒い。

そこで、ATPツアー250レベルの大会はどうすれば開催にこぎつけられるのかを真剣、いや、ガチで考えたいのがこの企画の趣旨です。

この企画は、慶應チャレンジャーの時のように短期集中ではなく、長期的スパンで考えたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

女子大会ファイナル&大会振り返り

ミスターTです。

今日は、慶應チャレンジャー国際テニストーナメント2017女子大会最終日の模様と慶應チャレンジャー国際テニストーナメント全体の振り返りをしたいと思います。

シングルス決勝戦
大前綾希子 対 日比万葉

第一セットは一進一退の攻防を続けた両選手でしたが、第11ゲームで日比選手のサービスをブレークした大前選手が続く第12ゲームを取りきり、第一セットを先取します。

第二セットは大前選手が圧倒し、6対2でこのセットを取り、優勝を飾りました。

ここからは、大会全体を振り返りたいと思います。

まずは、シード勢の戦いぶりを見てみましょう。
男子大会では、シード勢が早期敗退し、ダブルスはノーシード勢が決勝戦まで勝ち残りました。シングルスでも、第一シードの杉田選手が優勝しましたが、ベスト4の残り3人がノーシード、あるいは予選トーナメントから勝ち残った選手が占めました。
女子大会では、シングルスベスト4はすべてシード勢が勝ち残りました。ダブルスは、第一シードペアが優勝するなど、シード勢が力を見せたと思います。

あとは何といっても学生の健闘が光った大会だったと思います。男子大会では、上杉海斗選手がシングルスベスト8、女子大会では、森崎選手、米原選手ペアが準優勝したことで、学生勢も世界大会で結果を残していけることがこの大会で証明されたのではないでしょうか。

慶應チャレンジャーは終わりましたが、男子は早稲田大学フューチャーズ、女子は亜細亜大学女子大会が控えています。今後の国際大会にも期待しましょう。

ミスターTでした。

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

慶應チャレンジャー女子大会

お久しぶりです。ミスターTです。

今日は、慶應チャレンジャー国際テニストーナメント女子大会に行ってきました。早速振り返りたいと思います。

第一試合 シングルス準決勝戦
大前綾希子 対 波形純理
第一セットは波形選手、第二セットは大前選手が取り迎えた最終セットは、先に仕掛けた大前選手が流れを掴み、波形選手の追い上げを振り切って勝利しました。

第二試合 シングルス準決勝戦
加藤未唯 対 日比万葉
この試合は、最終セット、4対0と日比選手がリードしたところで加藤選手が怪我の為に途中棄権し、日比選手が決勝戦に駒を進めました。

第三試合 ダブルス決勝戦
奥野彩加、瀬間詠里花 対 森崎可南子、米原実令
第一シード、奥野、瀬間ペアと主催者推薦枠で上がった森崎、米原ペアの顔合わせとなったダブルス決勝戦は、奥野、瀬間ペアが要所を締め、第一シードの意地を見せて優勝を飾りました。

明日のシングルス決勝戦のカードは、日比万葉選手と大前綾希子選手の顔合わせとなりました。共にシード選手ながら、熱戦をものにして勝ち残りました。注目の試合は明日行われます。

ミスターTでした。

カテゴリー: 特集企画 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。