マクラクラン選手って、どんな選手ですか?

ミスターTです。

全米オープンも大詰めになってきて、今年最後のグランドスラム王者ははたして、な感じですが、全米オープンが終わると、ジャパンウィメンズオープンや、東レパンパシフィックオープン、ジャパンオープンといった日本での大会が幕を開けます。

さて、今回は、ジャパンウィメンズオープンと同じ週の週末に大阪・靭公園で行われるデビスカップ・ワールドグループプレーオフ、日本対ブラジルの話をします。

今回の日本代表は、杉田祐一選手、添田豪選手、内山靖崇選手、マクラクラン・ベン選手の陣容でブラジルに相対します。

錦織圭選手がいない今回の日本代表、世界ランク一番手の杉田祐一選手に大きな重圧がのしかかる可能性がある中で、わたくしが注目しているのは、今回初代表となるマクラクラン・ベン選手です。

マクラクラン選手は、ニュージーランドの出身ですが、日本国籍を取得、今回初代表となりました25歳という苦労人です。

一方のブラジルも、エースのベルッシ選手を欠くなか、ワールドグループ昇格を賭けて日本と戦います。

ここで両チームの世界ランク順の予想オーダーをみてみたいと思います。
9月15日
一番・シングルス(日本の一番手対ブラジルの二番手) 杉田 対 クレザ
二番・シングルス(日本の二番手対ブラジルの一番手) 添田 対 モンテーロ
9月16日
三番・ダブルス
内山・マクラクラン組 対 メロ・ソアレス組
9月17日
四番・シングルス(日本の一番手対ブラジルの一番手) 杉田 対 モンテーロ
五番・シングルス(日本の二番手対ブラジルの二番手) 添田 対 クレザ

オーダーを予想してみると、杉田選手は世界ランクでいくとブラジルのシングルスの2選手とは差がありますが、添田選手(または内山選手)の日本のシングルス二番手がブラジルのシングルス2選手とほぼ実力が互角な感じですので、日本の勝利の為にはシングルス二番手の奮起が大事になってきそうです。また、ダブルスはブラジルのペアがそれぞれ世界ランク一桁の強者ですが、マクラクラン選手とペアを組む内山選手、もしくは添田選手とのチームワークに注目しています。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

月が変わったので心機一転!

だいぶご無沙汰してます。ミスターTです。

すでにテニス界ではグランドスラム最終戦の全米オープンが始まっています。錦織圭選手など有名どころが不出場、早期敗退などやや荒れ気味の全米オープンですが、大坂なおみ選手など、新鋭の活躍に期待してます。

話は変わりますが、全米オープンが終わると東レパンパシフィックオープンや、ジャパンオープンといった日本の大会をはじめとするアジアでの大会がメインとなり、ツアー大会も大詰めになっていきます。

全米オープンの戦いぶりに注目してみたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

フレーム厚と飛びの関係をみてみたい

ミスターTです。

今回は、フレーム厚と飛びの関係をみてみたいと思います。

フレーム厚というのは千差万別ですが、一般的にフレーム厚の数字(単位は㎜)が大きくなると飛びの性能が高く、小さくなるとコントロール性が高いといわれています。

俗にいう黄金スペック(ミドル級の普通サイズラケット)では、フレーム厚は26㎜が一般的です。

しかし、フレーム厚選びを侮ったがためにホームランばかりしてストレスが溜まることがあったわたくしは、こう思いました。フレーム厚とプレースタイルの関係はどうなっているかと。

基本的に、フレーム厚が大きくなると飛びの性能が高いと先程書いたのですが、このことを頭に入れてみると、スイングの違いで合うラケットは違うのではないか?と思いました。

わたくしのように、ラケットを大きく前に押し出すプレーヤーでは、フレーム厚うんぬんよりも自分が困っていることの中身(具体的にいうと飛びすぎるのか飛ばないか)からラケットをしぼり込みすることができると思います。

わたくしは、飛びすぎて困っているので、フレーム厚は薄いものが合っていると思います。しかし、それが正解とは限らないのが奥が深いところ、でしょうか。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考える~番外編・しなりの傾向~

ミスターTです。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考えるシリーズですが、今回は番外編として、しなるラケットとそうでないラケットの違いについてみてみたいと思います。

テニスラケットを探す際にポイントとして挙がるのが、フレームの重さやフェイスサイズといった今まで解説してきた基準を物差しにして選ぶ方が多いようです。しかし、2本目以降のラケット探しとなると、今まで使っていたものの後継や重さ違いで選ぶのもひとつですが、プレースタイルがわかってきた段階で2本目のラケットを探すのであれば、ラケットのしなり具合で選ぶのも悪くないのでしょうか。

先程、プレースタイルの話をしたので、少し解説しましょう。
基本的に、ラケットを被せて打つスタイルか、あるいは被せないのか、ラケットを振り上げる大きさが大きいか小さいかなどによって選ぶものは変わります。

わたくしの打ち方は、ラケットを被せない、そんなに振り上げない、ラケットを大きく前に押し出す打ち方です。この打ち方では、上手くいくと野球のレベルスイングのように地面と平行に打つスタイルですが、わたくしはラケットを下から上に掬い上げる打ち方ですので、運が悪いとホームランになってしまう打ち方です。

やっと本題に入りますが、しなるラケットになればなるほどコントロール性が高いといわれているのですが、コントロール性が高いラケットほど飛ばなくなります。

これと打ち方とどういう関係があるかは、また改めてこのブログ内で紹介しますが、いわゆる黄金スペックと呼ばれるミドル級の普通サイズラケットは、しならない、つまり飛びの性能が高いといわれています。但し、同じミドル級の普通サイズでもしなるものはあります。

では、わたくしに薦められたラケットの傾向はというと、ミドル級の重さ、普通以上のフェイスサイズでしなるものを薦められました。
もし今度ラケットを選ぶ機会があれば、先程書いた基準で選んでみたいと思います(実は、それ以前に今のバーンがフェイスサイズの面で合わないと言われました)。

みなさんも、機会があれば、自分の手持ちのラケットが本当に合っているかどうか、確かめてみてはいかがでしょうか?もしかしたら、わたくしのように合わないラケットを買うリスクが下がるかもしれないでしょう。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考える~フェイスの大きさ~

お久しぶりです。ミスターTです。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考えるシリーズの2回目です。

テーマは、フェイスサイズ
一口にフェイスサイズといっても、大小さまざまあるので、今回のテーマがフェイスサイズ選択のヒントになれば幸いです。

では、フェイスサイズ100を普通サイズラケット(あくまでも参考にして下さい)としてみてみましょう。

フェイスサイズが100を超えるものは、基本的にデカラケオーバーサイズと呼ばれるわけですが、実際のところ、フェイスサイズが102や105、107といったものは軽量なものを中心に、比較的重い部類のモデル(ミドル級ラケットあたり)もわりと市場に出ています。但し、フェイスサイズが110以上になると、デカラケ(オーバーサイズ)といっても良いのではないのでしょうか。
そこで考えましたが、フェイスサイズ101~109はセミデカラケット、110以上をデカラケットとしてオーバーサイズを区分けしてみました。

一方、フェイスサイズ99以下のものは、全体的にコントロール重視のものが多いのですが、一般のプレーヤーの中でも使っている方がいるかと思います。ちなみにフェイスサイズが95以下になってくると、使う方が限られてきますし、実際に市場に出ているのは95が下限のモデルが多いようです。
そこで、フェイスサイズが99~95がミッドサイズラケット、94以下はスモールラケットとして区分けしてみました。

いかがでしたでしょうか。ミッドサイズを使っていても、あるいはセミデカを使っていても、自分が一番しっくりくるものが一番です。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考える~フレームの平均重量~

ミスターTです。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考えるシリーズ、ついにスタートしました。

第一回は、フレームの平均重量をテーマにします。

まず、基準となる黄金スペック(300g前後)は、295g~305gとして、ミドル級と名付けたいと思います。
そこから重い306g~319gはジュニアヘビー級、320g以上はヘビー級にしたいと思います。
一方、軽いクラスは、285g~294gはライト級、275g~284gはフェザー級、260g~274gはバンタム級、259g以下のものはフライ級と名付けたいと思います。

こうして、フレームの平均重量別にランクを分けると、黄金スペックと呼ばれるミドル級ラケットは、ラケットの重さの中でも重い部類にランクされることがわかります。

次回は、フェイスの大きさ別にランクをつけたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

黄金スペックに変わる新たな呼称を考える

ミスターTです。

今さっきフッと思いついたのですが、ラケットの黄金スペック(フェイスサイズが100でフレームの平均重量が300g、バランスが32cm)の呼称が何故かしっくりきません。

そもそも、自分にとってのベストスペックがわからないまま、黄金スペックの呼称にひかれて買ったは良いが無理をして疲れてしまったり、オーバーパワーでストレスが溜まることがあったら大変です。

そこでわたくしからの提案ですが、フェイスサイズ、フレームの平均重量、プレースタイルにあわせて細かい呼称を考えてみたいと思います。

次回以降、細かい呼称の条件について解説していきます。

ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

もし・・・

自分の今使っているラケットが自分のプレースタイルに合わなかったら、どうしますか?

ミスターTです。

ゾクッとする前書きで始まりましたが、今回はプレースタイルとラケットのミスマッチが起こす惨憺たる話をします。

かつてのわたくしがそうでした。スピンをかける打ち方(ラケットを被せて斜めに振り上げ、ボールを擦る打ち方)ができないのに、スピン特化形ラケットを使ってホームランばかりしてしまったあの日々を思い出すと本当にしょうもない

自分の過去の話をねちねちとし続けるのもアレなので、話題を変えましょう。

自分のプレースタイルは何か、実はあまりピンとこないものですが、自分が一番好きなプレー(サービス、ストローク、ボレー、あるいはスマッシュなど攻撃的なものやフットワークを活かしたカバーリングなど守備的なもの)からラケットをしぼり込みしてみると、意外なモデルに出会えるかもしれないですが、注意してほしいポイントがあります。

それは、理想像を語るのでなく、現時点のプレースタイルを客観的に見ることからラケット探しは始まると考えることです。

たとえば、「フェデラー選手のようにテンポの早いテニス(サーブ&ボレーやSABRといったもの)」が理想像なら、今のプレースタイルは理想像からどのくらい離れているか、あるいは別の方向なのか判断することが大切だと思っています。

また最近は、ラケットメーカー主催のスイング解析イベントがあります。これを使って、自分の現時点のプレースタイルを客観的に見るということもできます。

何はともあれ、自分のプレースタイルを客観的に見る、それを知らずして2本目のラケット探しは始まらないと言って良いでしょう。ちなみに、はじめてテニスラケットを探すのであれば、コーチの指導方針に近いものを選ぶのもひとつです。

長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。ミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

疲れてますか!?

疲れてます。

改めまして、ミスターTです。

さて、関東地区でも梅雨明けしました。いよいよ夏本番です。

テニス界の夏といえば、北米のハードコートシーズンに入り、全米オープン前哨戦となるマスターズ1000大会がカナダ・トロントとアメリカ・シンシナティで行われます。また国内では、学生年代の全国大会(インターハイやインカレなど)が行われます。

夏というと高校野球やプロ野球といったところに注目が集まりがちですが、テニス界も夏の大一番(インターハイ、インカレ、全米オープン)に向かっていくので、こちらも注目してください。

暑さにやられてダウン寸前のミスターTでした

カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

なんやかんやで・・・

ミスターTです。

今日は、朝イチでブログ更新した後、何をしていたのか気になるところですが、ズバリ言います。

  • インソールを買いに行ってきました。
  • はい、自分はもう馬鹿ですね。な感じです。

    買ったインソールは、スーパーフィート15002867439351668199469(写真はガイドブックです)。

    何故スーパーフィートに興味を持ったのかと言うと、もともと幅広で悩まされているわたくしの足にしっくりくるスポーツ用インソールは何かと調べたところ、スーパーフィートに行き着いたのが最初のきっかけです。

    しかし、一足5000円もするために、しり込みしていました。しかし、勇気を持って今日スーパーフィートを買いに行ってきました。

    買った店が、こちら。1500287214776309268708浦安に本店があるテニスプロショップ ラフィノさんです。そこの冨貴塚さん(YoutubeでFukky’sインプレと検索すると動画があります)にサイズ選択、カット、セッティングまでしていただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

    肝心の使用感ですが、今日一日履いてみて、まだ変わったという実感はないのですが、1ヶ月、あるいは1年と馴染んでいくと実感がわくと思うので、今後もスーパーフィートを愛用したいと思います。

    P.S.何故か帰ってきた後に母からスーパーフィートを買ったことについてボロクソ言われました。

    ミスターTでした

    カテゴリー: 1日一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。