カテゴリー別アーカイブ: フェレール

フェレール戦 リズム、テンポが良くなった しかし マドリッド2017

マドリッドオープン2017 調子を戻した錦織圭
 残念ながら、N.ジョコビッチとのベスト8は、お預け。
 右手首の様子が悪化、棄権しました。
 治療に専念して欲しいですね。
 相当に時間がかかるのでは?

D.フェレール戦の良かった点
 良くなったのがテニスのリズム。
 これは一般プレーヤーの方に参考になる例なので、是非紹介したい。
 テンスの上達にフォームを気にする人が多いが、
 フィーリング、
 リズムを感じて欲しい。
 リターンのリズム 

 心.技.体のバランス感覚も重要だ。
 錦織圭の心.技.体の充実。 

 調子を取り戻した、D.フェレール戦

 マドリッドオープンのドロー
 好調のR.ナダル。

 ベスト8の試合が面白い。
 勝ち上がっている6人、
 錦織圭と、N.ジョコビッチを除いて、今年クレーコートで優勝している。
 これも珍しい事だ。

2017 CLAY-COURT TITLES FOR MADRID QUARTER-FINALISTS
 B.チョリッチ 直前のMarrakech
 P.クエバス サンパウロ
 R.ナダル
モンテカルロ、  
   バルセロナ 
 

 D.ティエム リオ
 A.ズベレフ  ミュンヘン

マドリッドオープン、錦織圭の初戦、苦労した。
 でもそれをバネに。錦織圭の強さだ。
 大苦戦の初戦 

 きっかけを作る  

自分が乗れるリズムを
1:歯切れの良いリズムで
 先にミスをすると、リズムは崩れる。
 サービスゲームはテンポよく。
 相手に時間を与えない。

 卓球から学ぶリズム、テンポRule3

 
 

2:スプリットステップでタイミングを図る
 相手も変化をつけて来る。
 そのタイミング調整がスプリットステップ。
 この試合良く足が動いていた
 

3:打ったら、次の構え。
 ショットはレディポジションから始まって、
 次のレディポジションに戻る。
 相手のボールは返ってくることを想定して、構える。
 ストロークの良い循環。 

Stbasiccercle2hi

先の試合のミスから得た反省点だ

 後半は、錦織圭に押されて、D.フェレールのアウトが多くなった。
 錦織圭のボールが良く伸びている証拠だ。

 このままの調子で、NPO2のN.ジョコビッチに当たりたい。

Saykeimakerythm

本日の御教訓 リズムは自分で作る
自分が乗れるリズムを
1:歯切れの良いリズムで
2:スプリットステップでタイミングを図る
3:打ったら、次の構え

 次は、今年はまだ調子に乗れない、N.ジョコビッチ。
 F.ロペスとの接戦を制した。
 お互いに、ギアを上げて対戦するだろう。

 N.ジョコビッチへの作戦は

 ATPファイナルのN.ジョコビッチ戦、この時は完敗。

錦織圭、D.フェレール ハイライト動画

 ★☆★  テニスコーチ向け、便利グッズ ★☆★
 新作、作戦ボード、折りたたみ、2画面で超便利

テニス・システム手帳 スコア、データ整理、作戦ボード、マグネット対応 とテニス指導の全てが出来る。
もちろん、ソフトテニス用も準備。
B7tennisscoremagstats

作戦ボードはマグネット対応 システム手帳B7

お陰様で、テニス人気ブログ、上位10位に4つのブログ。プレゼント実施中!
 
 有り難うございます。皆様の声援のお蔭です。
お問合せは、スポーツ&アート までどうぞ。お気軽に。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 NHK、テニス、マスターズ
 ハイライト動画があるので、見逃したら見よう。
 錦織圭の試合中心、時間はいろいろ。

 マドリッドオープン オフィシャルサイト 

 ATP

 WTA

 テニス365 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: フィーリング, フェレール, 勝因, 怪我, 錦織圭 | 投稿者tsukky 05:41 | コメントは受け付けていません。

錦織 第2シードで登場 景勝の地、アカプルコ

錦織圭の次の試合 アカプルコ
 世界では、若手が台頭している。
 N.キリオス、初優勝。  R.ガスケ、T.ベルディフ、M.シリッチを撃破。
  シングルスレースで22位に上がっている。
 D.ティエム、 ナダル、D.フェレールを破る。
  シングルスレースで10位。
  若い選手が強くなる時、一気に勝ち上がる。
  彼らにはその勢いがある。注目の若手選手、今度一気に紹介する。

 今錦織は世界ランク6位。レースでも7位に浮上した。

 中堅の錦織圭、活躍が期待される。メキシコ、アカプルコに登場。景勝の地だ。
 美しい大会会場。 アカプルコ。
Acapulucoc

 美しさ第1位はモンテカルロ。  
 去年、世界ランク4位で第1シードで登場。
 D.フェレールに苦杯 それで今回は第2シード。
  
 この時はアンフォーストエラーが多かった。

 2012 怪我からの復帰でクレーコートのアカプルコに
 

 試合前の予想  
 この時は優勝すれば3位になる可能性があった。

今年のアカプルコ
 錦織圭の他に、女子シングルスでは大坂なおみ、
 ダブルスのスペシャリスト、青山修子が登場する。期待したい。
 錦織圭は今、コンディショニング好調。
 全豪でのN.ジョコビッチ戦が、大きなモチベーションになった。
 向上心、自分で目の前にニンジンをセットすること。
Sayingplusthinking

 

 メンフィスでは4連覇。
 試合展開に落ち着きが。
 ギアの入れ方が早くなった。

 サービス力の大幅アップ。
 後はリターン力をもう少し戻して欲しい。
 苦手と言われたビッグサーバー対策

Sayingkeireattack

  
 
2016 Acapulucoこの大会、要注意。
 好調のD.ティエムも出ている。
 錦織圭との対戦データを紹介する。
 第1シードD.フェレール 去年の優勝者
  錦織圭 vs D.フェレール 
 錦織圭の8勝4敗。良くも悪くも、いつも大死闘。 
 第6シード I.カルロビッチ 超長身のビッグサーバー
  通算1万本のサービスエース記録 
 第3シード M.シリッチ ご存知 USオープン2014決勝の対戦相手
  Citi Open  

 第5シード B.トミック 今年全豪前哨戦で錦織圭を破る
  

 第7シード G.デミトロフ  
  
 第4シード D.ティエム
  R.ナダルを破り注目 ランキング急上昇
  

 第8シードJ.シャーディ  
  メンフィスの決勝で当たった、T,フリッツと当る。
 第2シード 錦織圭 予選上がりのオランダの選手と対戦する。長身のベイカー。
 勝つと次は、ビッグサーバーのS.クエリ。  先のメンフィスで対戦。苦戦した。

月さんの、テニス上達エッセー
 テニス上達エッセー  

 ストローク自習法  

 合宿成功のコツ 
 
テニスコート、間違い探し  
 コート図下敷きをプレゼント

 たかがテニスコート、されど 縦型、横型? みなさんはちら?

 月さんのフィーリングスキー 菅平は上達が早い  

 星空のカメラマン 

 猫のポートレート 
Photo

 指導法ですか、もちろんフィーリング重視です。
 足裏感覚、バランスを重視しています。

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳2016 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。
 スコアをシステム手帳で記録しよう。強くなれますよ。
Scorecmanytype

テニス指導者用作戦ボード大特集 全ての機能紹介

★☆★ 2016のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 アカプルコオープン 公式サイト  

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
 お陰様で人気ブログ、1,2,3位に同時入賞。有り難うございます。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, トッププレーヤー, フェレール, ランキング, 予想, 日本選手, 錦織圭 | 投稿者tsukky 09:15 | コメントは受け付けていません。

ティエム フェレールも血祭 クレーコートで強し

ティエム D.フェレールも下す
 クレーコートのRio オープン。オリンピック開催地です。
 ブラジルが熱い
 D.ティエム◎ 6-3 6-2  ×D.フェレール
Thiemferrscore

 D.フェレール、錦織圭と常にランキング争いをしています。
 取りこぼしの少ない、クレーコートの上手い選手。
 メンタルタフネスも強いです

 そのD.フェレールを破ったD.ティエム。
 抜群のコートカバー力
 D.ティエムがベースライン後ろにいますから、
 D.フェレールはドロップショットを多用する。
 しかし、D.ティエム、しっかり待っています。余裕で拾い、逆転。
 素晴らしい、コートカバー力だ。
 R.ナダル戦でもそうだった

Thiemferrer

  超後ろのベースラインから、ドロップショットを拾って逆襲。

 繊細なタッチ ドロップショット返しは難しいショットです。
 しかもD.フェレールはドロップショットを打った後のフォローで前についています。

 ナダル、フェレールと破ったクレーコートの実力は折り紙付き。
 D.ティエム、コートカバーリングの良さ

バックは守備と攻撃をきっちり分けて打つ
 スライスはThiembsbasic

 少ない
 フォアの回り込は
 余り無理をしない。
 この辺は若い選手にしては珍しいタイプ。

 フォアは後方から高い打点で、打ってきますよ。
Thiemfshiball

 

 錦織圭もコートカバーリング良いですよ。ドロップショット返しは得意です。
 

 あのD.フェレールが下がっていては勝機が無いと読み、
 ベースラインの中に入る。
 D.ティエムはナダル風に、ベースライン後方でつなげる。
 つないで良し、決めて良しですから、手のつけようがありません。

 無理のないオーソドックスな打ち方。
 バックハンド、攻められた時のライジングのコンパクトさ。
 振り抜く時の大きさ。
 はっきり打ち分けている。

 テニスコートの使い方の上手な選手です。ゾーンの意識を持っています。
 

 D.ティエムのストローク、プラクティス

★☆★ 2016のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 Rio Open Tennisオフィシャルサイト  

 オリンピック リオ  公式サイト  
 オリンピックではコートサーフェイスはハードコートとなっていたけれど、
 オリンピックは期間が短いし、ハードコートにしないと厳しいかも。

テニスのシステム手帳2016 お任せください 
 コート図入りの練習日誌。ビジュアルスコア、作戦ボード2枚付き。便利ですよ。

ソフトテニスシステム手帳2016 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

Tnotememos

テニス指導者用作戦ボード大特集 全ての機能紹介

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: イメージ, クレーコート, ストローク, ティエム, フェレール, 作戦, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 09:40 | コメントは受け付けていません。

必見 ナダル フェレールのラリー戦 戦術、駆け引き ATPファイナル2015

Nadal全勝でラウンドロビン通過
 D.フェレール、ラリー戦、制す。強いナダルが帰って来た。
 トッププレーヤー同士の対戦成績、R.ナダルが断トツに強い
 今の王者は、N.ジョコビッチだが、
 トッププレーヤーの対戦ではナダルが最強。 
 しかし、信じられないことだが、実は、R.ナダルはATPファイナルに優勝したことはない。
 2位が一度ある。2013年 N.ジョコビッチに敗れた
 

 去年は体の故障で無念の欠場
 虫垂炎の手術だ。
ATPファイナル ラウンドロビン最終日
R.ナダル ◎ 6-7(2), 6-3, 6-4 × D.フェレール。
 面白い試合。Nadaldfscore

 ラリー戦、
 実に見ごたえがあった。
 壮絶な
ストロークのラリー戦
 プレースタイルと、Frtop4matchtime

 試合時間は
 相関関係がある。
 1ゲーム当たり、
 平均5分。
 R.フェデラーなら3分、
 N.ジョコビッチで4分。
 プレースタイルとゲーム時間  

 この二人にとっては消化試合。ナダルは一位通過を決めているし、
 A.マレーを破るR.ナダル 
 D.フェレールは敗退が決定。
  
 しかしこの二人、テニスの醍醐味、基本を示してくれた。

テニスの超基本  
 ボールを最後まで追いかける。
 決して諦めない。
 ファィティングスピリッツを持ち続ける。

 テニスが上達する レッスンマニュアル
 ジュニアの指導で、親が使うケースが増えています。ラリー練習ドリルが豊富。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
Bmjrser3rdatrtack2

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 
そして試合に勝つ戦術を駆使して戦った。
 普通のハードコートよりも遅めのこのコート、二人には大の得意。
 通常よりもリターンの優位さが増す。
 甘い2ndサービスは、一気に攻められる。
 2ndサービスの攻防とも言える。

 この二人の共通点は鉄壁のデフェンス力。
 今年のリターンの成績は、D.フェレールの方が上で世界NO1。
 しかしサービス力ではR.ナダルが上。

 ラリー戦の最後のウィナーがナダルにはある。
 この二人、勝負が動くのは。
 フォアに回り込んだ時

 ダウンザラインに打ち込んだ時
錦織圭のダウンザライン、狙い時。そのタイミングとは?
 両方とも決まれば、楽だが、ハイリスク、ハイリターンのショット。
 オープンコートが出来るので、次を狙われやすい。
 フォアに回り込む ハイリスク、ハイリターン
 

 この試合、一番ラリーが続いたのは26回。 33秒。
 クロスのラリーは1.3-1.6秒
 ダウンザラインは1秒前後で来る。

 D.フェレールはナダルのバックをメインに攻める。
 トッププレーヤーでも誰もが取る作戦だ。
 N.ジョコビッチだけは平気でフォアを攻める

 ナダルは嫌な顔一つせず、丁寧に、D.フェレールを左右に振る。
 走る距離は、D.フェレールの方がはるかに多くなる。
 ナダルのストローク戦略
Nadaldfsttactics

 オープンコート狙い
 
 先にフォアに回り込み始めたのはD.フェレール。
 ダウンザラインに攻めたのもD.フェレール。
 サービスからずっと、主導権を握っていた。

 ゾーンも、D.フェレールの方が前、R.ナダルは、特にベースラインの後ろだ。
 ナダルはフォアに回り込まず、D.フェレール―を左右に振る。
 D.フェレールは勝負をかけて、2度フォアに回り込んで強打した。
 運動量はD.フェレールの方が回り込む分多くなる。

 D.フェレールのリターン力 

 ナダルが、クロス深くに放ったウィナー級のクロスに、D.フェレールは飛びつき、
 ナダルのバックを狙いクロスを打った。
 これがほんの少し、浅く、角度がつかなかった。
 これをナダルはスルスルと前に出て。D.フェレールがセンターに戻る、一瞬のタイミングで
 クロスに振った。
 D.フェレール、戻ったが,ボールは抜け行った。
 最高のラリー戦だった。
Nadaldfrallywars
 この二人のラリー戦、まさにオールコートを使う。
 駆け引きが非常に面白い、ハイライト動画を見て欲しい。

 やっと最近、D.フェレールは、ナダルの苦手意識が無くなってきたところだ。
 モンテカルロでD.フェレールがナダルのスキを突き、勝った

 テニスはゾーンの戦い
 自分がZonemind

 ベースラインの
 どのへんに立ち、
 ラリーしているか。
 攻守どちらなのか
 それを知る事が大事だ。
 

 R.ナダルが絶頂の3年前は、サービス、リターンともR.ナダルが数段上で、
 D.フェレールは歯が立たなかった。
 
 ナダル D.フェレール ロンゲストラリー ハイライト動画

この結果ATPファイナルの準決勝は
 R.フェデラー対S.バブリンカ スイス同士の攻撃力の激突
 R.ナダル対N.ジョコビッチ 総合力の戦いだ。 非常に楽しみ。

作戦ボード大特集全ての機能紹介
 テニス 作戦ボード 2画面指導者用

 ソフトテニス 作戦ボード

 作戦ボード入りテニスノート 

 テニス システム手帳2016 

ニック.ボロテリーテニスアカデミィー、ヘッドコーチ、G.ハラミロ 錦織圭の最新ストローク上達法

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 ATP ファイナル 

 NHKで放送予定 

 検索サイト、お陰様で上位、お礼のプレゼントサービス。 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。  

カテゴリー: ATP, エッセイ, ストローク, ナダル, フェレール, フットワーク, 勝因, 戦略 | 投稿者tsukky 19:07 | コメントは受け付けていません。

マレー、バブリンカ、ナダル、フェレール組 プレースタイル紹介 ATPファイナル2015

ATPファイナル 組み分け発表 マレーの組
 先に錦織のスタンスミス組は紹介した。N.ジョコビッチ、R.フェデラー、T.ベルディフ、錦織圭、
 比較的、攻撃力の強いグループ。
 初戦に錦織圭はN.ジョコビッチと激突する。
 明日15日。これから睡眠時間が減りますよ。
 Do Your Best! これしかない。

もう一組、イリ.ナスターゼ組 この人はJ.マッケンローよりも前の初代悪役で名をはせた人。
Atpingroup

 2位のA.マレー、4位S.バブリンカ、6位、R.ナダル、7位D.フェレールが居る。
 この組には一番攻撃的なS.バブリンカ、
 一番しつこい、D.フェレールが居る。面白い。

 フォアに回り込む時が勝負の時。
 特にR.ナダル、D.フェレール。
 D.フェレールの逆クロス、芸術品です。
 R.ナダルのダウンザライン、コーナー打ちも芸術品。

 A.マレー、S.バブリンカはバックも得意なので、無理をしては回り込まない。
 サービス力はS.バブリンカが飛びぬけている。
 サービスゲーム獲得率
 S.バブリンカ:86%。A.マレー:84%。R.ナダル:83%。D.フェレール:81%。

 リターン力で、D.フェレール、R.ナダル、A.マレー、 S.バブリンカは28%で下がる。

 さて、勝負がかかるデュースゲーム、ブレーク率の高さは?
 A.マレー:45%。D.フェレール:44%。R.ナダル:43%。S.バブリンカ:38%
 攻撃力、守備力バランスが難しい。
 ATPの各スタッツサイト、面白いですよ

キャリアで調べると、往年の名選手。年度を入れて Goこれで今年のスタッツが分かる。

 2日目に A.マレー対D.フェレール戦  A.マレーの11勝6敗。

 S.バブリンカ対R.ナダル選手が組まれている。 S.バブリンカの3勝13敗。

プレースタイルを紹介しよう。このグループの選手はグランドスラム、マスターズ1000優勝経験者
A.マレー 今年の後半戦、少しずつ調子を上げ、ランキングを一気に2位まで上げてきた。
  本来はデフェンス力、長いラリーが特徴の選手。
  
  フォアのパッシングショットは一番上手いと思う。
   展開力を早めている
Murraysay

  
  パッシングショットのNO1 バックは、N.ジョコビッチですね。
  去年のATPファイナルでは、錦織圭に初めて負けて、準決勝進出できなかった。

S.バブリンカ 強い、当たり始めたら、手の付けよう長い。プッツンもしやすい。
  先のコーチG.ノーマンがこぼしていた。「切れなければ強いんだけれどと」
  片手打ち、バックハンド切れ始めたら凄い。
  バックの逆クロスに来始めたら、S.バブリンカの勝ち。
  これがサイドラインの内側に入るようだと負け。
  全仏 N.ジョコビッチを破り優勝。この時の強さ。
Swypungbscourse

  

 R.ナダル ご存知の名選手。クレーコートキングの名を欲しいままにしてきたが、
  今年の後半、やっと復調。努力の人。
  去年は、盲腸の手術を伸ばして、結果的にATPファイナル出場できなかった。
  まだATPのファイナルで優勝したことが無いのが、男子テニス界の7不思議。
  1stサ-ビスの確率の高さから分かるように、外見よりも安定性、守備型の選手。
  今年は、守備面で、D.フェレールに大きく水をあけられた。
  ナダルの強い時は、フォアに回り込む

  回転量が半端ではない。そうエッグボールだ。
  エッグボールの弾道比べ。 
Nadalfsreverse

D.フェレール しつこい、粘る、走る、諦めない。
  大会で、序盤で負ける事が少ない、安定した選手だが、ここ最近は取りこぼしも多い。
  しかし、リターンゲームの獲得率では一位。デフェンス力NO1だ。
  攻撃型の選手に強いが、 
  Big4には弱い。ここがATPファイナルでは厳しいだろう。 
N.ジョコビッチに追いつけ、追い越せで、守備型の選手が攻撃力アップに努めている。
 A.マレー、R.ナダル、錦織圭の3人だ。
 A.マレーは何とか調整できつつあるが。直近のパリでは、まだまだと実感させられた。
Sayingferrertennis

   
 R.ナダルもサービス力、ゾーンを意識して前後に動かしているが、
 やはりベースラインの後ろの方が居心地が良いようだ。

 錦織圭も、攻撃、特にサービス力を高めている。
 確かにサービスエースは増えた、ダブルフォールトも減った。
 その代償で、1stサ-ビスの不安定さが目立ち、
 2ndサービスを叩かれる事が多くなっている。
 トッププレーヤーの攻撃、守備のバランス感覚難しい。

 それだけN.ジョコビッチが強い と言う事。

テニス、ソフトテニスの指導に2画面見開き、マグネット作戦ボード
Lobmagfullset

★☆★ 旬のテニスが分かる便利なリンク集 ★☆★
 ATP  

 テニス365 

 ATP ファイナル 
 ライブスコアはここで
 no matchと出たら、completed matchesをクリック。試合、ドロー、ダブルス、全てが分かる。

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

カテゴリー: ATP, エッセイ, ナダル, バブリンカ, フェレール, マレー | 投稿者tsukky 11:05 | コメントは受け付けていません。