あなたの人生はあなた次第でなければなりません

私は一節を読みました:「この世界には規則はありません。あなたは穏やかで陽気でなければなりません、そしてあなたは思いやりがなければなりません。ただあなた自身でありなさい。あなたが変であるかどうかは関係ありません。あなたはうまくいきません。あなた自身であることは誰でもないので、あなたよりもうまくやることはできません。」

成長の過程で、誰もが他の人からラベルを付けられます。他人の評価や意見のために、私たちはしばしば自分の内なる選択を揺るがします。

あなたにはただ一つの人生、生き方があります、あなたはあなたの心に耳を傾けるべきです。

他の人の考えを心配する必要はありません。他人の世界にいる必要はありません。あなたの人生はあなたが決めるべきです。

人生の旅の中で、他人の言葉に打ちのめされたり、他人の意見に強要されたりしないでください。

覚えておいてください、あなたはあなたです!

彼は強く、彼は強く、そよ風が丘を吹きます。他の人の目を恐れず、そよ風に乗って、重い丘を通り抜け、自分だけの景色に出会ってください。これが最も美しい人生です。

途中、疲れたり、混乱したり、イライラしたりすることもありますが、しっかりとご自分でお越しください。

「アリが動くのを見て、石が咲くのを待って午後を過ごします。子供の頃は、結果を期待していなかったし、泣いたり笑ったりすることを軽視しませんでした。子供だった」

多くの場合、私たちは一生懸命に急いで人々の海に住んでいます。私たちは早起きしてパンを口に入れて地下鉄に乗るのに慣れていて、遅く戻って人生の鶏の羽に直面するのに慣れています。残りの数日、私たちはまだ何度も何度も自分自身を促します。コーナーを追い越します。

いつも楽しみにしておりますので、一生懸命頑張って成果を上げていただきたいと思います。計画を立てれば、肯定され、採用されることを願っています。友達の輪を送ると、映画を見るとき、あなたは希望するでしょう。あなたが何らかの洞察を持っているならば、本を読むことはうまくいけばあなたに刺激を与えるでしょう。

しかし、すべての期待が叶うわけではありません。それが実現した場合、それはあなたの前提であるため、あなたは軽く微笑むだけです。それが失敗した場合はどうなりますか?傲慢、自己憐憫になります。

私たちは何度も期待に囚われており、長い間本当の幸せを手に入れていなかったようです。

しかし、私たちはのんきな子供でもあり、私たちは小さな足を上げて家のドアに座って、一日中日の出と日の入りを見て、午後に笑う星と月とスズメを楽しみにしていました。動くアリを導きます。

春先の小雨の中で静かに座ったり、真夏の蝉でおしゃべりしたり、澄んだ秋の夕暮れを散歩したり、雪片を数えたりするなど、好きなことをするのに時間を費やしたほうがいいかもしれません。冬の明るい時期。

私たちの人生は特定の目的ではなく、人間の花火でこの人生を癒すことです。世界は時々騒がしいですが、あなたが幸せであることを願っています。

人生では、簡単に諦めないでください。

あなたは勇敢で、大胆に愛したい人を愛し、大胆に望む人生のために戦わなければなりません。

人生があなたに泣く100の理由を与えるとき、あなたはそれに1000の笑う理由を示します。

どんなに疲れていても、途中の景色を鑑賞することを忘れないでください。どんなに混乱していても、内なる声を聞くのを忘れないでください。どんなにイライラしていても、自分に言い聞かせることを忘れないでください。 :「あなたは素晴らしいです、楽しみにしています、誰かがあなたを愛しています。」

彼を風と雨に打たせてください、そうすれば彼は最終的に風と波に乗るでしょう。

https://news.abc24.it/news/ich-finde-die-lachelnde-sexpuppe-interessant

https://www.behance.net/gallery/149232007/Ich-finde-die-laechelnde-Sexpuppe-interessant

カテゴリー: 未分類 | 投稿者nocornelia 16:45 | コメントをどうぞ

冬の赤い柿

雪の日、友人がグループに写真を投稿しました。氷と雪を背景にした雪の中の赤い柿、雪の中に誇らしげに立っている古い柿の木、赤い柿で覆われています。柿、柿はふわふわの雪の層で覆われた小さな赤い提灯のようなもので、白い雪を背景に、赤い柿はおとぎ話のような気分で、非常に眩しくて眩しいです。雪の中で赤い柿を見ると、心に暖かい流れが押し寄せました。

私はこの友人に尋ねざるを得ませんでした:あなたはどこで映画を撮りましたか?彼は答えた:あなたの故郷!現場から返送されたリアルタイムの写真で、彼は私に悪い笑顔をくれました。彼が私の故郷の村で貧しい人々を助けるための最初の秘書として働いていたことを私は知っています。

私は彼に尋ねました、冬至は終わりました、なぜこれらの柿はまだ木で「成長している」のですか、そして誰も彼らがそれらを選ぶのを見たことがありませんか?

彼は私に戻ってきました、なぜあなたは戻ってきてそれを集めなかったのですか?今、田舎には何人の労働者がいますか、若者たちは皆、木に登る仕事のために街に行きます!仕事を求めるだけでは十分ではありません。ですから、無駄に置いても誰も受け入れず、柿がいたるところにあります。その上、最近は誰も柿を食べません。

彼の言ったことは真実だった。昔は食べ物がなく、柿は「木の食べ物」と呼ばれ、柿をたくさん植えてお腹を満たしていました。

私の故郷には、さまざまな味の柿がたくさんあります。最も一般的なのは麺柿で、最高のものはニウジン柿、水柿、そして燃える柿です。柿の中でも最高の柿で、水が豊富で甘みがあり、さわやかです。ゴーストピンチグリーンと呼ばれる柿もあり、成熟しても水色ですが、味はかなり良いです。柿は柿ケーキだけでなく、柿ワイン、柿まんじゅう、柿漬けなども作れます。やわらかい柿は冬は甘くなります。麺柿は主に干し柿の醸造や加工に使用されます。

秋になると、すべての家の前の軒下に干し柿がぶら下がって、田園地帯の美しい景色になります。家の前と後ろに柿が何本かありますが、故郷を離れたときはまだ育っていませんでしたが、今では実がいっぱいで、故郷の柿を何年も味わっていません。

かつて、農民たちは霜が降りる前にすべての柿を手に取っていて、木に残った柿は1つか2つだけだったと思います。冬。今では、柿が増えるにつれ、鳥も「うるさい食べる人」になることを学びます。

子供の頃、母が家にいないときに、三兄弟と密かに食器棚を開けて、食器棚に隠された柿を食べていたことがあります。母が見つけた後、「いい実」が待っていました。満腹の食事でした。3人目の兄弟が私たちのために何回それを覚えましたか?「ブラックポット」、今私たちの兄弟はこの問題について言及しました、そしてそれは面白かったです。

小学生の頃は「メロンと野菜の世代」の年で、村の人はお腹がすいたのが一般的でした。秋、柿が熟したとき、通学中、お腹が空いたとき。 、彼らは彼らの空腹を満たすためにいくつかの柿を選ぶために木に上がった。

ある冬、コミューンはロングネックの水利インフラの建設に集中していたことを覚えています。両親は建設現場でワークポイントを獲得しました。私は小学校で、3番目の兄弟は中学校でした。誰も私たちのために料理をしませんでした。私が正午に学校から戻ったとき、鍋にはいつもいくつかの熱い柿、または昼食である柿のパンがあります。鍋に薄いスープの小鉢を入れ、温かい柿を1〜2個加えるのが一番です。

兄はまず学校を出て、家で食べて、私に残して、夜は自習のために学校に行きます。私が戻ってきたとき、私は最初に小さなテーブルに小さなメモを見ました:「兄弟:食事が食べられた後、羊は午後に放牧されています。忘れないでください!兄弟」。

常にフォーマットされたメモ。変更されたのは、紙の素材、つまりタバコの箱の裏側またはワークブックの裏側のページであり、内容は「羊の放牧」または「薪割り」の2つの単語に変更されています。これは命令であり、仕事であり、交渉の余地はありません。私は私の兄が私の両親に代わって権威を行使していることを知っています、そして私はただ従う必要があります。

しかし、私はこれらの仕事を喜んで受け入れます。私の一番嫌いなことは豚草です。それは女の子の仕事だと思いますが、私たちの家族には女の子がいません。当時、宿題がなかったのは幸運で、宿題に飽きることはありませんでした。私の子供時代は幸せでのんきでした。

髪の細いお母さんは、柿のケーキを作って削った柿の皮を捨てるのを嫌がり、柿の皮を乾かしてオートミールと混ぜて挽いて揚げたのが最高の乾物です。

一年の春に飢饉があり、叔母のシャンウの家で花火が打ち上げられたので、食べ物を借りに出かけなければなりませんでした。彼女は2人の幼い子供を家に残し、2日間戻ってこなかった。二人の子供がとてもお腹がすいたのを見て、お母さんは私たちの家に助けを求めました。お母さんはオートミールと柿の皮の焼きそばを持ってきて、兄弟たちと共有しました。私の叔母が戻ってきて、子供たちが私たちと一緒に集まるのを見て、柿の皮が付いた香りのよい焼きそばを食べたとき、彼女は涙を流し、とても感謝していました。

最も困難な時代に、私たちを飢饉の年月を乗り越えさせたのは柿でした。当時、人々は柿の赤を楽しみにしていました。柿が赤くなると、農家には希望があります…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者nocornelia 15:51 | コメントをどうぞ