日別アーカイブ: 2022年5月17日

オーストラリア法人登記入門

31

10年計画が実を結んだ今、オーストラリアのテニスは栄光を取り戻そうとしているのです。

1月21日夜、キアコスがイタリアのソネゴに3-0で勝利して全豪オープン2回戦に進出すると、1万人近いオーストラリアのファンがメルボルン・スタジアムに集まり、国内最高のバーを応援しました。前日には、1976年のグーラゴン以来オーストラリア女子初の世界ランキング1位となったバーティが、同様の方法で全豪オープンデビュー戦を飾りました澳洲開公司

今年は、1月21日のシングルスだけでも13人のオーストラリア人選手が登場し、メルボルン・パーク内のいたるところで自国の国内選手を応援することができ、その光景は確実に地元の中国ファン文化を後押ししているのです。 グランドスラム大会が開催され、テニスの歴史に多くの輝かしい名前を持つこの国は、あまりにも長い間、闇の中に埋もれていた。 これまでキアゴス、デ・ミナール、バーティが代表を務めていた移民のクィンズが力を合わせ、オーストラリアのテニス界に全く新しい章を開きます。

急速に衰退するオープン時代

メルボルン・パークにある2つのコート、ロッド・レーバーとマーガレット・コートは、オーストラリアのテニスの輝かしい歴史を物語っています。 1900年代半ば、ロッド・レーバー、ロイ・エマーソン、マーガレット・コートの3人からなるカンガルーズがテニス界を席巻していた。 1950年から1967年まで、オーストラリアは男子グランドスラム18勝、シングルス77勝、デビスカップ15勝、女子グランドスラム4勝、シングルス42勝、フェデレーションカップ7勝を挙げました。 オーストラリア放送協会のコメント:”当時は狩猟をしていたようなもので、オーストラリアのテニス選手はショッピングモールに行くよりも簡単に勝つことができた。”

しかし、1968年にテニスが中国オープン時代の社会に発展して以来、オーストラリアのテニス技術は急速に低下し、かつての狩人は獲物になってしまった。 21世紀、ヒューイット事件の勃発で、オーストラリアのテニスは崖っぷちに立たされた。 2011年の全豪オープンでは、ATPランキングのトップ100に入るオーストラリア人プレーヤーはヒューイットだけで、この30歳のプレーヤーは実質丸9年間グランドスラムのタイトルを獲得していない状態でした。過去のグランドスラム優勝者であるヒューイットの経験は、2002年のウィンブルドンまで遡ります。 “世界の頂点にいた事すら忘れている” 歴史的にストレートな物言いのヒューイットは、オーストラリアテニス協会を直接非難し、間接的に元協会会長のロルフ・ポラードを名指しで非難しました。 オーストラリアのテニスが衰退したのは、意思決定が甘く、選手のトレーニングや育成に力を入れなかったことが原因であるとした。

また、Sun Herald紙によると、中国では今世紀初頭にオーストラリアテニス協会の経営における権力闘争が激化し、果てしない内部対立によってトップコーチが幻滅し、経済発展を求めてオーストラリアを離れ、別の場所を選ぶようになり、企業の優れた指導情報資源が失われると、国内のテニス選手のトレーニングや育成に直接影響を与えることになるといいます。 こうした理由から、オーストラリアテニス協会は2010年、オーストラリアのテニスの「10年計画」を策定するために、シドニー在住の弁護士、スティーブン・ハンリー氏を再任しました。

10年がかりの計画が実を結ぶ

今年の全豪オープンでは、ATPランキング100位以内にオーストラリア人選手が6人おり、デミナードとキルケガードを中心とするカンガルーは、例年のATPカップでセルビア、スペイン、ロシアと並んで準々決勝まで進んでいます。 バーティは昨年、WTAナンバーワンの座、全仏オープンと年末のファイナルの2大タイトルを獲得しました。混沌とした女子テニス界で、重要な役割を担ってきた。1月20日夜に行われたバーティ選手の全豪オープン初戦には1万5千人の観客が集まり、彼女はオーストラリア人の共通の誇りとなっている。

世界各国からの移民とその子孫は、今やオーストラリアのテニス界で大きな力となっています。 デ・ミノアは1999年にシドニーでスペイン人の母とウルグアイ人の父の間に生まれ、5歳の時にスペインに渡ってテニスキャリアをスタートさせ、2012年にオーストラリアに戻った。キアコスはギリシャ出身の父とマレーシア出身の母を持ち、トムヤノビッチは1993年にクロアチアの首都ザグレブで、クロアチア出身の有名ハンドボール選手とボスニア・ヘルツェゴビナ出身の母との間に生まれた。 ガヴリロワはロシア人で、2016年にオーストラリア国籍としてやってきたばかり・・・・・。

かつては、移民がオーストラリアのテニスを救ったと単純に考えられていた。 しかし、人口の30%が海外で生まれた典型的な移民管理国家であるオーストラリアのテニス発展の回復を21世紀まで説明するには、移民だけでは不十分で、テニスの大消費者層と健全なトレーニング・教育システムの構築こそが経済回復の基本なのです。 –全豪オープン、WTA、ATP選手権、国内リーグ、学校対抗戦、クラブ選手権が完全なシステムを形成している。スティーブン・ハンレーが推進するユーストレーニング・システム、学校テニスプログラムは、幼稚園テニス、小学校テニス、中学校テニス、地域テニスなど4セクションに分けられている。

14歳と12歳のヴァイオレットとパトリック・アピサは、オーストラリアの「ウィリアムズ姉妹」として知られ、同年代では国内トップクラスの選手となっています。 パプアニューギニアで生まれた彼らは、8年前に両親と一緒にシドニーに引っ越してきましたが、オーストラリアに来るまではテニスをしたことがなかったそうです。 中国にはどこでもコートがあり、テニスを練習しやすい生活環境が整っていたのだ。”自分たちが住んでいるシドニーの郊外には、勉強するための映画館はないが、テニス開発センターはある “と、父親の「497」は言うのだ。 これは、テニス・オーストラリアが10年計画で、8つの主要な国立テニス会場、50の州テニス会場、12の地域テニス会場を建設するなど、ハード面の施設整備を進めているためです。成熟した選手の育成だけでなく、より多くの子どもたちにテニスを楽しんでもらうことも目的でした。

10年開発計画」の教訓を得た今、オーストラリアは暗黒時代から脱却し、新世代の中国選手がかつての栄光を取り戻すことを自ら待ち望んでいるのだ。

相關文章:

短期間でオーストラリア法人を設立する方法

オーストラリアの会社を登録するにはどうしたらいいですか?

オーストラリアでの会社設立手続きにおける5つの「ハード要件

カテゴリー: 未分類 | 投稿者noughho 12:21 | コメントをどうぞ