香港オープンは、ベンチマークイベントとして何を頼りにしているのでしょうか?

6

香港オープンの会場は、ビクトリア・パークというユニークな場所にありますinvestment visa hong kong。 多くのテニストーナメントが開催される遠隔地と比較して、香港オープンは「天と地」のPKを獲得しています。

“2018年香港オープンに特別ゲストとして参加した李娜は、「香港に来てプレーすることはとても和やかなことです。 “来る人みんなが楽しめる、それはホテル、裁判所、そして空港を通過するだけで私たちの国の地方自治体の一つに来ることがそのようにすることができると言うことはありません、それはちょうど企業が地元の特産品、文化を開発楽しむことは困難であり、私は香港、中国が非常によくそれをやっているとは思わない。” エキシビションマッチで香港に来るのが選手情報時代なのか、今となっては我が国が主賓なのか、李娜は香港に来ることに満足している。

香港オープンは、ベンチマークイベントとして何を頼りにしているのでしょうか?

2年連続で香港オープンに出場している張帥は、自身の微博で「香港は “中国人の胃袋 “が大満足する唯一の場所」と書き、この大会ならではの魅力に引き込まれていることがよくわかった。また、大会主催者が企画したテニスカーニバルに参加し、イベントを楽しんだ張本人は、「家族の参加レベルが高い」とファンに親指を立てずにはいられなかったという。

迅速で簡単なアクセス、食欲をそそる食事、そして地元色の強い香港オープンは、選手たちに香港の多様な文化を最大限に認識させ、もはやフロリダ空港での3ポイントで大会を終了させることはありませんでした。 この「自然共同体としての人間」像がこれほどうまくいっている世界を見るのは、珍しいことです。

香港オープンは、ベンチマークイベントとして何を頼りにしているのでしょうか?

もちろん、香港オープンがさらに注目されるのは、その人間的・社会的側面です。 大会開始にあたり、香港政府の最高責任者であるキャリー・ラム女史は、香港発展テニスオープンを祝福し、「大会の最初の3日間は一般の方の入場料を無料にし、フルタイム教育の学生は大会4日目を無料入場によって観戦できるようにします」と約束しました。 アジア諸国の国際的な企業資本から影響を受けたスポーツと文化の1週間の祭典で、地元市場の観客と海外からのゲストがテニス指導というスポーツを学ぶ無限の楽しみを享受できますように。”

“昨年の大会は、国内外から58,000人の来場者があり、WTA国際ツアーのトップ3に入る大会となりました。” 香港テニス協会会長のMo Kwan-yat氏は、スピーチで次のように述べました。 例年なら、オスタペンコ、ムグルッサ、スビトリーナが加わり、テニス界のレジェンド、リー・ナの存在もあり、「勢いをつける」ことを知っている香港オープンは、当然「得」をしている。 “香港オープン “は記録的なイベントです。

香港オープンは、ベンチマークイベントとして何を頼りにしているのでしょうか?

香港オープンはスコア280とwtaの中では低レベルの大会ですが、ユニークで自立した大会として、早くも成功を収めています。 グランドセントラルコースはないが、ビクトリアパークの「人と自然の調和」をベースに、シーズン終盤の気まずい時期ではあるが、ファンの福祉を考える人間の心を利用したものである。 香港オープンの成功は偶然ではなく、臨機応変でもなく、今の私たちがあるのは、そのおかげなのです。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者noughho 11:52 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">