まだ、あった!

まだ、あった!とは、何があったか?

ラケットのメンテナンスです。

以前から、元グリ(リプレースメントグリップ)は、自分で交換していました。

そして、この夏から、ガットも張り機を購入し、自分で張り替えてますので、ラケットに必要なメンテナンスは、全て自分で行えるようになったと、思っていました。

しかししかし、ガットを張り替えることで、気づいたことがあります。

グロメット(ガットを通す穴でビニールの様なもので、ガットを保護)です。

以下の写真は、私のラケットではなく、分かりやすいものを掲示しますが、年数が経つと、グロメットが傷んだり、劣化してきます。

gurometo1

私が経験ないのは、カワサキラケット時代は、まだ木製のラケットが主流の時代で、木製のラケットには、グロメットがなかったのです。
(ガットが木のフレームに直接触れても、傷まない)

木製から金属製に代わり、グロメットが必要となり、交換用のグロメットも販売されています。

gurometo2

グロメット交換も自分で出来るのか?これも出来れば、全てのメンテナンスを自分で出来ることになりますが。

あと、グロメットがかなり破損しているラケットは、そのままでは、ガットを張れない(すぐに切れてしまう)ので、自分もそうですが、他の方のラケットの張り替えをするときは、事前に、グロメットを確認する必要がありますね!


カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 21:15 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">