ラケット変遷!

ひょうんな事から、今まで使用してきたラケットを振り返ってみたくなりました。

まず、
GSSパンサー創設の前、学習院大学へ入り、硬式テニスを大学の体育授業とテニススクールで始めることになり、何も分からず、購入したのが、今はない、ヤマハのラケットです。(名称も忘れました。)

次がGSSパンサー時代で、頻繁に、ラケットを代えていました。

・フタバヤのウッド、ウィニングショットとゴールデンショット(ゴールデンショットを2本腕に抱えるのが上級者というイメージがありました。)

・カワサキのウッドのオールマン(福井選手が使用していました。これを使い、カワサキラケット入社にやや繋がったかな?)

・コナーズ使用のT2000(使いにくかった!)

・アサーアッシュ(知っているかな?)使用のヘッドのアルミラケット。

・ウィルソンのウッドのクリスエバートモデル(女性用ですが、使いやすかった)

次は、カワサキラケット時代で、これは、もう自社製品のオールマンとルーラー(グラファイト)でした。

その後、カワサキ退社後暫くして使い始めたのが、ヨネックスのR22で、約10年以上使いました。

・ちょうど、私のテニスの黄金期の30歳代で、2本を交互に長期間使いました。

その後、膝故障の13年のブランクに突入し、復帰後が、錦織ツアー初優勝の影響から、

ウィルソンのK-TOUR105、スチーム99S、スチーム100リミテッド、そして、今使っている、バーンツアー100CVと繋がります。

で、過去一番、良かったと感じているのは、ヨネックスのR22です。

大会での成績も良かったこともありますが、柔らかさ、反発力等々、私にマッチしていて、10年使っても飽きず、もし、膝故障がなければ、さらに長く使っていたかもしれません。

残念ながら、その後、布団たたきに変貌し、引越し時に捨ててしまいました!

今更ながら、取っておけば、良かったな!


カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:16 | 1件のコメント

コメント(1)

  1. フタバヤ ウィニングショット、
    ヨネックスのRシリーズでは、
    2、7、22、24
    使っていました。
    懐かしいですね〜。
    サイボーグ ナブラチロアに憧れていました(o^^o)

    ゆこにゃん(=^ェ^=) より: 00:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">