スピード感が?

スピード感と言っても、ボールのスピードではありません。

日本のテニス(硬式テニス)の扱いの話です。

先日、全仏での錦織、大坂の活躍が、日本のテニスの普及へつながっていないと、日本テニス協会が困窮しているという記事を読みました。

以前から思っていましたが、まず、テニスを行う機会がないと底辺から普及していきません。

せっかく、小学生からテニススクールでテニスをはじめても、中学ではソフトテニスが圧倒的で、中断されてしまう。

中学からテニスを始めようとしても、ソフトテニスになり、高校でテニスに転向しても、プロとなるには、遅い。

その原因のひとつに、中体連加盟は、ソフトテニスで、テニスは加盟していないことがあると思います。

やっと、中体連への加盟の動きが出ましたが、準加盟が2021年で、正式加盟がその3年後とのことです。

準加盟の2021年ということは、せっかく東京オリンピックで盛り上がるだろうに、その翌年です。

さらに、2021年の3年後に、正式加盟、もしかすると、現在29歳の錦織は、34歳で、引退かもしれません。

あまりに、スピード感のない動きで、何か、特別な力が働いているのではと勘ぐってしまいます。


カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:14 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">